yamamanx

growing hard days

*

Pentaho Communitation EditionをAWS EC2 Amazon Linux にインストールしてみました

      2016/01/24


pentaho

BIというか、簡単なグラフが表示出来ればいいレベルでいいので、商用のBIを購入するのももったいなく、
かといって、JavaScriptのライブラリを使って作って、種類や条件が変わるごとに手を入れるのも、と思っておりまして、ものは試しでオープンソースのPentahoのCommunication Editionでどこまで出来るかやってみる事にしました。

なので、とりあえずインストールです。

環境

  • インスタンス : t2.medium
  • OS : Amazon Linux
  • セキュリティグループ : 8080ポートを開放

※動作確認だけでだいぶ重かったのでインスタンスタイプは今後変更する可能性大。

Pentaho ce インストール

インストールというほどのものでもないですが、ダウンロードして、解凍して実行しています、

2015/8/3現在の最新バージョン5.4をインストールしました。

Pentaho 起動

下記のメッセージが表示されますので[Enter]を押下します。

続いて下記が表示されてカーソルが戻ります。

http://<ホスト名>:8080/pentaho にブラウザでアクセスします。

※このスペックだからかもしれませんが、ログイン画面が表示されるまで結構時間がかかりました。
一度や二度のタイムアウトで諦めずに気長に待ちました。

login-b5

ログイン画面が表示されたので、ユーザと管理者と両方でログインを試してみました。
サンプルのダッシュボードも表示されたのでとりあえずはOKです。

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算8年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

 - BI , , , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

PentahoでMySQLテーブルデータソースを作成しようとした時のエラー対応

PentahoでMySQLのテーブルへデータソースを作成しようとしてエラーが発生 …

re:dashのパラメータクエリでシングルクォーテーションが文字参照に変わって検索できないので出来るようにする

re:dashでシングルクォーテーションをパラメータとして渡したい場合の方法に悩 …

re:dashで 「Error running query: ‘ascii’ codec can’t encode」

re:dash の画面に表示されたエラー Error running query …

re:dashで必須でない検索条件を作りたい

re:dashで必須ではない任意検索のためのフォームを実装したい、となりましたの …