yamamanx

growing hard days

*

Re:dashを0.12系から1.0系へアップグレードする

   


1.0系が正式リリースになったので0.12系からアップグレードしました。

.envの修正

0.12系からアップグレードする場合は .envの修正がアップグレード前に必要です。

.env はデフォルトでは /opt/redash にあります。

postgresのパス修正

Re:dashのデータベースにローカルのpostgresを使用(デフォルト)している場合はパスを変更します。

postgresql://redash
から
postgresql:///redash
です。

REDASH_STATIC_ASSETS_PATHの削除

次の行を削除します。

アップグレード

出力

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算8年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

 - BI

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

re:dashのパラメータクエリでシングルクォーテーションが文字参照に変わって検索できないので出来るようにする

re:dashでシングルクォーテーションをパラメータとして渡したい場合の方法に悩 …

re:dash Error running query: ‘ascii’ codec can’t encode characters

エラー内容 re:dashの画面に「Error running query: & …

Re:dash CSVの出力文字コードをUTF-8からShift-JISに変更する

Re:dashの[Download Dataset] – [Down …

PentahoでMySQLテーブルデータソースを作成しようとした時のエラー対応

PentahoでMySQLのテーブルへデータソースを作成しようとしてエラーが発生 …

re:dashで必須でない検索条件を作りたい

re:dashで必須ではない任意検索のためのフォームを実装したい、となりましたの …

勉強会用にre:dashの環境構築した記録

先日の「ヤマムギVol5 BI ファーストステップ ~re:dash , Pow …

Pentaho Communitation EditionをAWS EC2 Amazon Linux にインストールしてみました

BIというか、簡単なグラフが表示出来ればいいレベルでいいので、商用のBIを購入す …

re:dashで 「Error running query: ‘ascii’ codec can’t encode」

re:dash の画面に表示されたエラー Error running query …