ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS上にMetabaseサーバーを起動してみました

   


データ可視化ツールのMetabaseがいいらしいという声をいくつか聞いたのでAWSで起動してみました。

AWSではElastic Beanstalkアプリケーションが公式サイトに用意されているのでそれをデプロイするだけです。

Elastic Beanstalkアプリケーションのデプロイ

公式サイトのRun Metabase on AWSにアクセスして、[Launch Metabase on AWS]をクリックしました。

マネジメントコンソールのElastic Beanstalkのウィザード画面に遷移するのでアプリケーション名を設定します。

今回はテストなので、環境タイプを単一インスタンスにしました。

アプリケーションバージョンはデフォルトのままです。

環境情報もデフォルトのままです。

今回はテストなので、デフォルトVPCで、データベースもEC2内に持ちますので、その他のリソースは使いません。

本番では事前作成したキーペアを使用するべきかと思いますが、テストなので選択しません。

環境タグもそのまま次へ進みます。

ロールもそのまま新規作成しました。

設定内容を確認して作成します。

無事、起動したようです。

Metabaseを設定する

EIPがElastic Beanstalkによって関連付けられているので、そのアドレスにブラウザでアクセスします。

[Let’s get started]をクリックします。

ユーザー名、パスワード、メールアドレスを設定します。

次に可視化するデータがあるデータベースの設定をしますが。手元にサンプルに出来るデータベースがないので今回はとばします。
今現在ではこれらのデータソースが設定出来るようです。

Usage data preferences はそのまま[Next]をクリックしました。

セットアップが完了したようなので、[Take me to Metabase]をクリックします。

Metabaseが起動しました。

今回は起動するところまでを検証してみました。

次回以降で、データの可視化をしていきたいと思います。
環境が簡単に構築できることはわかりましたので、サンプルデータを用意して少し本番を意識した環境を作ってみたいと思います。

なので、今回作った環境はElastic Beanstalkから[環境の終了]で削除しておきます。

簡単に作って試して捨てて、また作り直すことが出来る。
クラウドの大きなメリットです。

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。 質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。 出来る限りなるべく答えます。 このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。 また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - BI , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

re:dashのパラメータクエリでシングルクォーテーションが文字参照に変わって検索できないので出来るようにする

re:dashでシングルクォーテーションをパラメータとして渡したい場合の方法に悩 …

Re:dash CSVの出力コードをUTF-8から他の文字コードに変更する事が出来るようになります

先日、Re:dash CSVの出力文字コードをUTF-8からShift-JISに …

re:dash Error running query: ‘ascii’ codec can’t encode characters

エラー内容 re:dashの画面に「Error running query: & …

RedashでSendGridのActivityを見る(Amazon S3 -> Athena経由)

Redash Advent Calendar 2017に参加しましたので、今年リ …

Pentaho Communitation EditionをAWS EC2 Amazon Linux にインストールしてみました

BIというか、簡単なグラフが表示出来ればいいレベルでいいので、商用のBIを購入す …

Re:dash CSVの出力文字コードをUTF-8からShift-JISに変更する

Re:dashの[Download Dataset] – [Down …

re:dashで 「Error running query: ‘ascii’ codec can’t encode」

re:dash の画面に表示されたエラー Error running query …

re:dashで必須でない検索条件を作りたい

re:dashで必須ではない任意検索のためのフォームを実装したい、となりましたの …

Re:dashを0.12系から1.0系へアップグレードする

1.0系が正式リリースになったので0.12系からアップグレードしました。 .en …

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、 [JapanTa …