ヤマムギ

growing hard days.

*

TuneCoreの売上データCSVをS3に格納してAthenaのクエリをRe:dashのデータソースにして可視化する

      2017/06/06


先日参加しましたAWS Summit Tokyo 2017で、
[JapanTaxi] Athena 指向アナリティクス 〜真面目に手を抜き価値を得よ〜(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました
ので、S3->Athen->Re:dashの構成をやってみたくなりましたのでやってみました。

TuneCoreという国内外の音楽配信サービスのディストリビューターとして一括で仲介してくれるサービスに個人的にお世話になっておりまして、その月次レポートをS3->Athen->Re:dashで可視化してみました。

S3の設定

特に設定するところはありません。
バケットを作成して、TuneCoreからダウンロード出来るCSVをアップロードしました。
CSVは1行目とフッタにあるコメント行を削除してShift-JISからUTF-8に変換しました。

Athenaの設定

[Add Table]からウィザードを使ってCSV選択で1カラムだけのテーブル作成のSQLを生成して、そこにカラムを手書きで足しました。

こんなSQLになりました。

Re:dash用のIAMの作成

Re:dash Help Center Amazon Athena Setupに準じて設定します。

アタッチするポリシーは
AWSQuicksightAthenaAccess

次のポリシーです。
「my-bucket」はAthenaの[Setting] – [Query result location]を設定しました。

Re:dashの設定

Re:dashのバージョンは1.0.3+b2850です。

ここからは手間取りましたが、最終的にこちらの2サイトの通りにやって出来ました。
ありがとうございます。

[Docker] ubuntu 14.04/16.04にDockerをインストール

Redash での Amazon Athena 連携に関して

Re:dashサーバにDockerをインストール

ubuntuは14.04です。

Athena ProxyサーバをDockerで起動するためにRe:dashサーバ(ubuntu)にDockerをインストールします。

Re:dashサーバでredash-amazon-athena-proxyを起動

IMAGE IDを確認して次のコマンドで使用

Re:dashの .envに環境変数を追加

※環境にもよりますがイメージからRe:dashを作っている場合は、 /opt/redash/.env

Re:dashでAthenaをデータソースに設定

Re:dashのデータソースでAmazon Athenaが選択出来るようなりました。

  • Name : 任意
  • Type : Amazon Athena
  • AWS Secret Key : 事前に作成したIAMユーザのシークレットキー
  • AWS Region : Athenaのリージョン
  • AWS Access key : 事前に作成したIAMユーザのアクセスキー
  • S3 Staging Path : Athenaの[Setting] – [Query result location]

これでクエリーが実行出来て、ビジュアライゼーションが作成出来て、ダッシュボードに設定出来ます。

ストア別とか、曲別とか、一覧とか作ってみて、、、、、
出来た!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS, BI , , ,

ad

ad

  関連記事

slackのbotにWikipediaを調べてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotに少しでも役に立ってもらおうと、Wikipediaを調べてもら …

「re:CAP ~サーバーワークス re:Invent 2018 報告会~」でre:Invent2018について思われたことを聞かせていただいた

サーバーワークスさんのre:Invent re:CAPにおじゃましました。 re …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

PentahoでMySQLテーブルデータソースを作成しようとした時のエラー対応

PentahoでMySQLのテーブルへデータソースを作成しようとしてエラーが発生 …

AWS RDS でMySQLインスタンスを構築する

Amazon Web ServiceにはAmazon Relational Da …

re:Invent 徒歩記(シアトルも)

このブログは、AWS re:invent 2018 Advent Calenda …

NGINXで500と502のエラーが実は頻発していたらしい

先日Mackerelで当ブログの外形監視を始めたのですが、500と502のエラー …

ECR(Amazon Elastic Container Registry)にコンテナイメージをアップロードする

「Pandocサーバーのコンテナイメージを作成する」で作成したイメージをAWS …

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(1)AWS編~

Pepperの機能を使えるところは使って、何かしたいなあと思ってまして。 目(カ …

Selenium, Headless ChromeとAWS Lambdaで夜な夜なスクレイピング

このようなアーキテクチャで、Alexaスキルの開発を進めていまして、元となる情報 …