ヤマムギ

growing hard days.

*

LINE Bot APIのファーストステップをLambda+API Gatewayでやってみたらものすごく簡単で驚いた

   


トライアル当初はホワイトリストのしばりや、初回反応するまで時間がかかったりとみなさん困っていたようですが、遅ればせながらやってみると色々解消されているようで、すさまじく簡単に、Botのハローワールド、Lチカともいえるオウム返しが確認出来ましたので一応メモ。

本記事の情報は2016/8/14時点のものです。

line-lambda

Lambda(Python)のコード

GitHubはこちらです。

Headersの各値

LINE Developersのアカウント画面からコピペします。

  • X-Line-ChannelID : チャンネルID
  • X-Line-ChannelSecret : チャンネルシークレットキー
  • X-Line-Trusted-User-With-ACL : チャンネルMID

bot宛に送信されたメッセージをevent[‘result’][0]で取得してます。
textにメッセージ内容とfrom_idにLINEのIDを取得してます。

  • to : 150ユーザーが上限の配列
  • toChannel : 1383378250が共通固定値
  • eventType : ‘138311608800106203’が共通固定値
  • contentType : 1 Text,2 Image,3 Video,4 Audio,7 Location
  • toType : 1 toUserそれ以外は不明

LambdaとAPI Gatewayの設定

何も特別な事はいりません。

上記のコードをrequestsモジュールとまとめていつものようにzipをアップロードするだけです。

API Gatewayもレスポンスやリクエストの設定は何も変更していません。

LINE側の設定

Callbak URLにAPI GatewayのエンドポイントURLを指定します。

が、そのままではセキュリティがだめ、って怒られるので、ポート番号443をつけます。

具体的には、「amazonaws.com」を「amazonaws.com:443」ってします。

これだけでオウム返しが出来ました。

この先は送信されたメッセージをどう扱うか、
どういった内容を送信するか、
コーディングしてけばいいと思います。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS , , , ,

ad

ad

  関連記事

Amazon Connectから問い合わせ追跡レコード(CTR)をエクスポート

Amazon Connectから発信した電話に出たのか、出なかったのかを確認した …

Amazon EC2(Amazon Linux 2)にRedmine3.4をインストール

久しぶりに新しい環境でRedmineを構築したくなり、せっかくなのでAmazon …

Amazon VPCでIPv6を使用する

VPCのIPv6を設定してみました。 設定 [Amazon 提供の IPv6 C …

JAWS FESTA 2017 Reverse X re:Birth

JAWS FESTA 2017 中四国 今年はブログタイトル「JAWS FEST …

RDS ProxyをAurora MySQLで

Lambda関数をたくさん同時実行してMySQLにアクセスしても大丈夫なようにR …

API Gatewayで顧客レベルの使用量プランを設定する

API GatewayのAPIキーを使って使用量プランでのスロットリングも設定し …

AWS DeepLens開封の儀

去年(2019年)7月にamazon.co.jpでDeepLens買えますやんっ …

プライベートサブネットのEC2でセッションマネージャを使うようVPCエンドポイントを構成する

インターネットゲートウェイへのルートがないルートテーブルに関連付けられたプライベ …

ヤマムギ vol.9 (AWS)EC2からAWS CLIコマンドを実行してみようハンズオン 手順

このブログは2020/5/5に開催しました、「ヤマムギ vol.9 (AWS)E …

DS18B20センサー+Raspberry Piで取得した温度をAmazon Kinesis FirehoseからS3へ格納してAthenaでクエリーしたのをQuickSightで可視化する

JAWS DAYS 2017でやりますハンズオンの「[IoTハンズオン] Ras …