ヤマムギ

growing hard days.

*

試したい事があるのでAWS でとりあえずAmazon Linuxのサーバを作る

   


1年間の無料キャンペーン期間中に検証する

とある勉強会でせっかくAWSのアカウントを作ったので、1年間の無料キャンペーン中にとりあえず色々と使ってみて来年からの使い方を考えようと思います。

無料枠じゃないものもあるらしいのでそれはそれで気が向けば共有はしていきたいと思います。

(ちゃんといろいろドキュメント見ながらやればいいんですけどね、まあそれはそれで)

とりあえずサーバを作ってみる

EC2 Management Consoleへサインインする

aws-1

aws-2

  • 「EC2」らへんをクリックしてEC2 Management Consoleへ

aws-3

  • 右上のデータセンターの場所かなと思うのですが、「Tokyo」を選択。

サーバを作ってみる

aws-4

  • 左のInstances を選択してInstance画面で「Launch Instance」を押す

aws-5

  • Amazon Linux AMI(Amazon Machine Image)の「Select」を押す
    他のディストリビューションを試すのもいいかなとも思うのですがEC2のためのLinuxという事であれば、これに慣れておくのがきっと後々約に立つかなとも思いまして。
    リポジトリアクセスはyumなのでRedhat系かなと思います。

aws-6

  • インスタンスタイプの選択では、デフォルトの「t2.micro」を選択。右下の「Next:Configure Instance Details」を押す。
    他のタイプは無料期間中も有料らしいですのでとりあえず。
    これでどれぐらい耐えれるかも見てみたいのもあるし、タイプを上げたければ簡単に設定変更出来るので。

aws-7

  • [Subnet]を「Default in ap-northeast-1a」に変更、[Enable termination protection]にチェック、他はそのままで右下の「Next:Add Storage」を押す。
    [Enable termination protection]は間違ってサーバを削除してしまわないように。これは鈴木商店さんに教えてもらいました。

aws-8

  • ストレージは何も変更せずそのあままで右下の「Next:Tag Instance」を押す。

aws-9

  • インスタンスを識別するための名前。[Value]に好きな名前を入力して「Next:Configure Security Group」を押す。

aws-10

  • セキュリティグループは[Create a new security group]で[Security group name:]で適当に後で分かる名前を入れておく。プロトコルはSSHとHTTPが設定されるように[Add Rule]から追加しておく。
    すでにセキュリティグループがある場合はもちろんそのままでもOKでしょうね。
    今はAnywhereにしてどこからでもアクセス可能にしておきますが、動かすアプリケーションやデータ次第ではIP制限した方がいいでしょうね。
    これも後で設定変更出来るのではとりあえずはこのままで。

  • [Review and Launch]を押す。

aws-11

  • [Boot from General Purpose(SSD)]というメッセージが表示されるのでそのまま「Next」を押す。
    こないだはこんなの無かった気がしたけど、推奨されているからまあいいか。
    30GBまでのSSDは無料ってことですかね。

aws-12

  • 設定内容のプレビューが表示されるので、[Launch]。

aws-13

  • ログインするためのキーペア作成画面になるので[Create a new key pair]にして、[Key pair name]に分かりやすい名前を入力して[Download Key Pair]を押してプライベートキーをダウンロードしておく。

  • そして[Launch Instance]をクリックして作成開始!

aws-14

  • Instancesへ戻って、[Instance State]がRunningになっている事を確認。これでサーバが作成出来て起動した状態。

作ったサーバに接続してみる

  • 先ほどダウンロードしたプライベートキーを使ってサーバに接続する。Mac、Linuxはパーミッションを600にすることを忘れずに。
  • 接続する際のサーバアドレスは[Instances]画面で右の方にスクロールすると[Public IP]という列があるのでそれに対して接続する。
  • ユーザは固定で「ec2-user」
  • Windowsから接続する場合は「PuTTY を使用した Windows から Linux インスタンスへの接続」を参照してWindows向けにプライベートキーを変換して手順に従って接続する。

MacとLinuxは言わずもがなでこんな感じ。

ログインしたらsudo yum update しろって書いてるのでとりあえずそれをする。

ひとまずはサーバ構築完了で以上。

aws


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - Amazon Linux, AWS, Linux ,

ad

ad

  関連記事

Amazon Linux にnodejsとmongoDBをインストールする

EPEL リポジトリを利用してnodejsとnpmをインストールする [cray …

Amazon Aurora Serverlessを使い始めてみました(1日経過しての課金結果も)

祝!!! Amazon Aurora ServerlessがGAになりました! …

Amazon LinuxのNginx+RDS MySQLにレンタルWebサーバーからWordPressを移設する(失敗、手戻りそのまま記載版)

勉強のためブログサイトを長らくお世話になったロリポップさんから、AWSに移設する …

WordPressをAmazon CloudFrontで配信してついでにACM(AWS Certificate Manager)を使って常時SSL化する

当サイトの500と502の発生状況がドイヒーであるとの苦情をいただきまして、Am …

Amazon SES(Simple Email Service)でメール受信時のアクションでLambdaを実行して渡されるデータを見てみる

Amazon SESで受信したメールをS3に保存して、S3のトリガーでLambd …

LINE Bot APIのファーストステップをLambda+API Gatewayでやってみたらものすごく簡単で驚いた

トライアル当初はホワイトリストのしばりや、初回反応するまで時間がかかったりとみな …

AWS LambdaのSQSへの自前ポーリングをやめてSQSイベントソーストリガーに変更した

以前は、LambdaがSQSからメッセージを受信するには、キューをポーリングして …

CentOS 6.5にTeX Liveをインストールする

CentOS 6.5にTeX Liveをインストールする TeX Wikiを参考 …

VirtualBoxでCentOS7+Oracle12c環境を構築するの3(データベース作成)

Oralceのインストールはこちら「VirtualBoxでCentOS7+Ora …

QuickSightのVisualizeをダッシュボード化して定期メール

「Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかっ …