ヤマムギ

growing hard days.

*

CloudFrontのカスタムヘッダーがなければALBのルーティングで403レスポンスを返す

      2022/04/12


大阪リージョンにはWAFがまだないです(2021年4月現在)

今のこのブログの構成は、上図でして、ALBのセキュリティグループはどこからでもリクエストを受けています。

とすると、こんなどうでもいいアクセスもたくさん受けてしまいます。
CloudFront側ではWAFでブロックしたりもしてるのですが、ALBのIPに直接来たリクエストは受けてました。
以前、東京リージョンで運用してたときは、CloudFrontのカスタムヘッダーがなければ、ALB側に設定したWAFでブロックしてたのですが、大阪リージョンにはWAFがありません。
ですが、よくよく考えるとALBにはルーティングがあるじゃないかと(気づくのが遅い)。

ということでルーティングのルール設定をしました。

CloudFrontの設定

オリジンにカスタムヘッダーを設定しました。

ALBの設定

ルールを挿入して、CloudFrontで追加されたカスタムヘッダーがHTTPヘッダーにあるときだけ、ターゲットグループにルーティングするようにしました。

それ以外は503を返すようにしました。
(攻撃者に対して503でいいのかな?)

後でApplication Load Balancers へのアクセスを制限するを参考に403に変更しました。
クライアント側のリクエストに原因があるのでそれはそうですね。

テスト

Postmanでテストしました。

ALBのDNSに、カスタムヘッダーのヘッダーなしでGETリクエストをしたら、503エラーになりました。
予定通りです。

CloudFrontのカスタムヘッダーをリクエストヘッダーに手動で追加してPostmanからGETリクエストを実行したら、EC2へルーティングされました。
OKです。

まとめ

要件を満たすことができて、WAFのコストも削減できました。
実現方法を複数知っていると、何らかの制約ができたときにも対応しやすいですね。
もっともっと機能やサービスを知っていかなければです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

Rocket.ChatにAPIで投稿するテスト(Postman)

トレーニング期間中で一時利用するチャットが欲しいなあと思い、Rocket.Cha …

VyOSにSSMエージェントをインストールしました

VyOSにSSHでログインするのも面倒なので、SSMエージェントをインストールし …

S3 VPCエンドポイント設定前と設定後を確認

S3のVPCエンドポイントを設定した際に、S3バケットのAPIエンドポイントへの …

SCPが影響しないサービスにリンクされたロールにEC2が引き受けるIAMロールは含まれないことを確認

ドキュメントで確認 サービスコントロールポリシーのユーザーガイドには、「SCPは …

Microsoft TeamsのOutgoing Webhooksを使ってAWS Lambda(Python), Amazon API Gatewayとbot

Microsoft Teamsの検証その2、Slackで実装しているbotも対応 …

AWS License ManagerでAMIからインスタンスの起動を制御

EC2 Image BuilderでRocket.ChatのAMIを作って起動テ …

S3 Intelligent-Tieringで高頻度階層(FREQUENT)に戻る「アクセス」にS3 SelectとGlueクローラーが該当するのか確認してみました

ユーザーガイドのS3 Intelligent-Tiering のしくみには、「低 …

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってきました

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってき …

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」を執筆いたしました

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー」という本の第 …

Amazon Data Lifecycle Manager(DLM)が東京リージョンで使えるようになったのでLambdaでAMI自動取得から乗り換えた

EBSのスナップショットを自動で作成してくれるAmazon Data Lifec …