ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon Location Service入門ワークショップの前提環境準備

      2023/02/05

Amazon Location Service入門ワークショップの前提環境を構築しました。

Cloud9環境を構築して、Githubリポジトリのクローン、jqツールのインストール、AWS CLIのアップグレード、前提条件パッケージのインストールをしました。

ここから、Amazon Location Serviceのリソース作成です。
CloudFormationテンプレートも用意されていましたが、あえて1つづつ用意されたコマンドで作成しました。

関連記事

マップの作成

マップが作成されました。

プレースインデックスの作成

プレースインデックスが作成されました。

ルート計算リソースの作成

ルート計算リソースが作成されました。

ジオフェンスコレクションの作成

ジオフェンスコレクションができました。
ジオフェンスコレクションは一定の範囲内の出入りをイベントとして扱いますので、EventBridgeルールが必要です。

続いてEventBridgeルールを作成しました。

CloudWatch Logsグループを作成しました。

ターゲットにCloudWatch Logsへの送信を設定しました。

EventBridgeからターゲットにCloudWatch Logsを設定して送信するには、CloudWatch Logsのリソースベースのポリシーが必要です。
正常に設定されたかを確認するには、describe-resource-policiesで確認できます。

トラッカーリソースの作成

トラッカーリソースを作成しました。

Cognito IDプールの作成

Cognito IDプールを作成して、認証されていないIAMロールのポリシーに次のポリシーを設定しました。
作成した、MAP、プレースインデックス、ルート計算、ジオフェンス、トラッカーへのアプリケーションからのアクセスを許可します。

WorkshopMap*としているのはワークショップでほかのマップも呼び出す手順があるので、Workshopから始まる名前のマップに対応しています。

アプリの起動テスト

Cloud9にクローンしたリポジトリに含まれるサンプルアプリでテストしました。
ワークショップ手順で指定されているとおり、configuration.jsにCognito IDプールIDを設定して、他の値を設定しました。
amolify-ui-geo-exploreディレクトリで npm startを実行しました

Cloud9のプレビュー機能でアプリの起動が確認できました。

ここから、マップ、ジオコーディング、ルート計算、トラッカー、ジオフェンスそれぞれの機能をこのアプリを使って試します。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第2版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS CloudShellでboto3(SDK for Python)使うならpython3

本の執筆をしていて、ちょっとAWS CLIやSDKのふるまいを確認したいことがあ …

AWS LambdaをVPC設定したときに「The provided execution role does not have permissions to call CreateNetworkInterface on EC2」

The provided execution role does not hav …

S3バケットのデフォルト暗号化はデフォルトだったことを確認しました

S3バケットのデフォルト暗号化は名前のとおりだとデフォルトなので、暗号化を指定し …

AWS RDS でMySQLインスタンスを構築する

Amazon Web ServiceにはAmazon Relational Da …

AWS Secrets Manager交代ユーザーローテーション

AWS Secrets Managerの交代ユーザーローテーションを確認してみま …

Amazon Connectのパスワードどころかユーザー名も忘れたのでEmergency accessした

長い間放置していたAmazon Connect環境にアクセスしようとしたところ、 …

S3バケットポリシーで特定のVPCエンドポイント以外からのリクエストを拒否しつつメンテナンスはしたい

特定のVPCで実行されているEC2のアプリケーションからのリクエストだけを許可し …

Cloud9のデフォルト設定での権限確認(AWS managed temporary credentials)

Cloud9の環境を作成した際のデフォルトアクセス権限は、環境を作成したIAMユ …

Aurora Serverless Data APIを有効にしてQuery Editorを使ってみました

Aurora ServerlessのMySQLでData APIを有効にして作成 …

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …