ヤマムギ

growing hard days.

*

VPC内のLambdaからVPCエンドポイント経由でSecrets Managerを使う

      2021/05/18


InternetGatewayのないVPCでMySQLに対して一日数回のレポーティングのための抽出処理をするLambdaがあるとします。
MySQLのパスワードは定期更新が必要で、パスワード管理もしたくないので、AWS Secrets Managerを使いたいとします。
そうなると、VPCエンドポイントを使うことになると思いますので、上記の構成を試しました。

MySQL(Aurora Serverless)の準備

MySQLはAurora Serverlessを使ってみました。

作業用のEC2から、SQLコマンドでサンプルテーブルとレコードを作成しました。

VPCエンドポイントの作成

VPCエンドポイントを作成する前に、Secrets ManagerのエンドポイントのDNSを確認しておきました。

パブリックIPアドレスが引けました。

Secrets Manager用のVPCエンドポイントを作成しました。

作成完了して利用可能になったあと、もう一度DNSを確認しました。

プライベートIPアドレスが引けました。

Secrets Managerシークレットの作成

「RDSデータベースの認証情報」としてシークレットを作成しました。
Auroraインスタンスを選択して、ローテーション構成を設定するだけでした。

Lambdaのサンプルコード

LambdaでVPC起動を指定して作りました。

IAMロールに設定したSecrets Manager向けのIAMポリシーはこちらです。

ランタイムはPython 3.8です。
pymysqlはレイヤーから使っています。
シークレットを作成すると、サンプルコードが生成されているので、それを使いまわしました。

途中でパスワードをprintしてますが、これはローテーションの動作確認のためなので、本番でやっちゃうとだめですね。
せっかくパスワードを知らなくてもいい運用にしているのに、CloudWatch Logsにパスワードが記録されてしまいます。

このコードを実行しました。

テーブルに保存されたレコードを取得できました。
パスワードは初期に設定した “demo-password”なことがわかりました。

パスワードのローテーション

パスワードをローテーションするためのLambdaが自動的に作成されているのですが、これVPC設定されてないので、このままだとデータベースに接続できません。
昔作ったときは自動的に設定されていたと思うのですが、今回は環境上のなんらかの条件が違ったのかもしれません。

なにはともあれ、データベースに対して接続できないとパスワード更新もできませんので、VPCの設定をします。
もちろんセキュリティグループIDはAurora側のセキュリティグループでインバウンド許可のソースにする必要があります。

そしてSecrets Managerの[すぐにシークレットをローテーションさせる]を実行しました。

そして、Lambda関数を[テスト]ボタンから再実行しました。

ローテーションにより更新されたパスワードでデータベースに接続できたことがわかりました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

オンプレミスに見立てたオハイオリージョンにVyOSインスタンスを起動して東京リージョンからVPN接続

AWSクイックスタートのActive Directory Domain Serv …

Lambda関数からAWS Systems Managerパラメータストアの値を取得して更新する

Lambda関数で自分自身の環境変数を更新する だと、Lambdaのエイリアスと …

AWS SSOのパスワードリマインダーでADのパスワードを変更

AWS Managed Microsoft ADを構築してユーザー追加までで構築 …

S3署名付きURL(GetObject)生成後にオブジェクトを上書きアップロードしたら

ダウンロードリクエストを実行したタイミングのオブジェクトがダウンロードされるので …

Amazon Linux2のPHPを7.2から7.3へアップデートしました

WordPressのサイトヘルスの推奨に従って使っていないテーマを削除したの推奨 …

試したい事があるのでAWS でとりあえずAmazon Linuxのサーバを作る

1年間の無料キャンペーン期間中に検証する とある勉強会でせっかくAWSのアカウン …

CloudFrontのカスタムヘッダーがなければALBのルーティングで503レスポンスを返す

大阪リージョンにはWAFがまだないです(2021年4月現在) 今のこのブログの構 …

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってきました

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってき …

AWS Organizationsからアカウントを新規作成してみて

AWS Organizationsでアカウントを新規作成することがありましたので …

boto3(Python SDK) s3 get_object でバイト範囲を指定する

S3のGetObjectアクションでバイト範囲を指定することができます。 それに …