ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Code Commitをプライベートリポジトリとして使う

   


GitHubでもいいんですが、アクセスキーとかパスワードとかコンフィグ系で書いてるコードをマスクして上げているので、マスクしてないのもどこかで管理したくてAWS Code Commitを使う事にしました。
多分仕事でも使うと思いますがそのためにもノウハウは掴んでおきたく。

AWS Code Commitの設定

マネージメントコンソールで開発者用ツールの[Code Commit]をクリックします。
codecommit-1

2016/6/25現在でリージョンは「米国東部(バージニア北部)」のみですので他のリージョンの場合はリージョンを変更する画面になりますので変更します。
AWS_Management_Console_2

[Get Started]をクリックします。
AWS_CodeCommit_Management-3

[Repository Name]と[Desciption]を入力します。
AWS_CodeCommit_Management_4

Dashboardに作成したリポジトリが出来てます。
右の[URL]-[SSH]をクリックしてSSH URLをコピーしておきます。
(といいつつも、あとでコピーしようがいつでもいいです。お好きなタイミングでww)
AWS_CodeCommit_Management-5

キーペアの作成

Macで操作してます。
Linuxも同じ方法でいいと思います。
WindowsはPuttyGenとかで作りましょう。

Terminal.appを起動して下記コマンドを実行します。

キー名を聞かれるので適当に「code_commit」とかにします。
人それぞれのポリシーかと思いますが、パスフレーズは今回はなしにしてそのままEnterで進めました。

code_commit.pubが出来ているので中身を表示してコピーしておきます。

IAM(Identity & Access Management)の設定

マネジメントコンソールでセキュリティ & アイデンティティの [Identity & Access Management]をクリックします。
iam-1

Code Commitを使用するユーザの[アクセス許可]タブで[ポリシーのアタッチ]をクリックします。
フィルターに「codecommit」とか入れて、フィルタリングされた結果から[AWSCodeCommitPowerUser]を選択して[ポリシーのアタッチ]をクリックします。
IAM_Management_Console-2

[認証情報]タブの一番下に[AWS CodeCommit]のSSHキーという項目が出来ているので[SSH公開キーのアップロード]をクリックします。
IAM_Management_Console-3

フィールドにcode_commit.pubの中身を貼り付けて[SSH公開キーのアップロード]をクリックします。
IAM_Management_Console-4

エラーなくアップロードが出来ればOKです。
生成されたSSHキーIDがリポジトリにアクセスする時のユーザーIDになるのでコピーしておきます。
IAM_Management_Console-5

ローカルにリポジトリを作成

SSH接続するためにssh configファイルを作成します。
(すでにあれば追記してください)

UserにはIAMでSSH公開キーをアップロードした際に生成されたSSHキーIDを設定します。

configのパーミッションを600にします。

ローカルリポジトリを作成したいディレクトリに移動して git cloneします。

エラーがなければ成功です。
ディレクトリに.gitディレクトリが出来ています。

リポジトリで管理したいコード郡をローカルリポジトリディレクトリに移動してコミットしてプッシュします。

AWS Code Commitで確認出来ました。
AWS_CodeCommit_Management-end

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

Route53でドメインを新規取得してDNSレコードを設定する

Elastic IPをAWSで発行しているのですから、DNSの設定も同じようにマ …

Amazon LinuxにRedmine をインストールする(手順整理版)

Amazon LinuxにRedmineをインストールしました手順を記載します。 …

webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)

先日、検証目的で作成したRedmineの冗長化の一機能として、webフォームから …

[JapanTaxi] Athena 指向アナリティクス 〜真面目に手を抜き価値を得よ〜(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

Athenaのユースケースとして聞きにいきましたが、最近触ってるRe:dashも …

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く未来~」に行ってきました

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く …

AWS CloudFormationでAmazon DynamoDBテーブルを作ってアイテムを追加する

デモ用にDynamoDBテーブルを作って消して、ということをたまにするので、Cl …

slackのbotにWikipediaを調べてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotに少しでも役に立ってもらおうと、Wikipediaを調べてもら …

2017年、このブログ(WordPress(Amazon EC2 + RDS))で対応してきたこと

Amazon Web Services Advent Calendar 2017 …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …

5分でAlexaスキルを作る

「JAWS-UG Osaka 第22回勉強会 東西の中の人が語る!!! Micr …