ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Code Commitをプライベートリポジトリとして使う

      2019/05/02


GitHubでもいいんですが、アクセスキーとかパスワードとかコンフィグ系で書いてるコードをマスクして上げているので、マスクしてないのもどこかで管理したくてAWS Code Commitを使う事にしました。
多分仕事でも使うと思いますがそのためにもノウハウは掴んでおきたく。

AWS Code Commitの設定

マネージメントコンソールで開発者用ツールの[Code Commit]をクリックします。
codecommit-1

2016/6/25現在でリージョンは「米国東部(バージニア北部)」のみですので他のリージョンの場合はリージョンを変更する画面になりますので変更します。
AWS_Management_Console_2

[Get Started]をクリックします。
AWS_CodeCommit_Management-3

[Repository Name]と[Desciption]を入力します。
AWS_CodeCommit_Management_4

Dashboardに作成したリポジトリが出来てます。
右の[URL]-[SSH]をクリックしてSSH URLをコピーしておきます。
(といいつつも、あとでコピーしようがいつでもいいです。お好きなタイミングでww)
AWS_CodeCommit_Management-5

キーペアの作成

Macで操作してます。
Linuxも同じ方法でいいと思います。
WindowsはPuttyGenとかで作りましょう。

Terminal.appを起動して下記コマンドを実行します。

キー名を聞かれるので適当に「code_commit」とかにします。
人それぞれのポリシーかと思いますが、パスフレーズは今回はなしにしてそのままEnterで進めました。

code_commit.pubが出来ているので中身を表示してコピーしておきます。

IAM(Identity & Access Management)の設定

マネジメントコンソールでセキュリティ & アイデンティティの [Identity & Access Management]をクリックします。
iam-1

Code Commitを使用するユーザの[アクセス許可]タブで[ポリシーのアタッチ]をクリックします。
フィルターに「codecommit」とか入れて、フィルタリングされた結果から[AWSCodeCommitPowerUser]を選択して[ポリシーのアタッチ]をクリックします。
IAM_Management_Console-2

[認証情報]タブの一番下に[AWS CodeCommit]のSSHキーという項目が出来ているので[SSH公開キーのアップロード]をクリックします。
IAM_Management_Console-3

フィールドにcode_commit.pubの中身を貼り付けて[SSH公開キーのアップロード]をクリックします。
IAM_Management_Console-4

エラーなくアップロードが出来ればOKです。
生成されたSSHキーIDがリポジトリにアクセスする時のユーザーIDになるのでコピーしておきます。
IAM_Management_Console-5

ローカルにリポジトリを作成

SSH接続するためにssh configファイルを作成します。
(すでにあれば追記してください)

UserにはIAMでSSH公開キーをアップロードした際に生成されたSSHキーIDを設定します。

configのパーミッションを600にします。

ローカルリポジトリを作成したいディレクトリに移動して git cloneします。

エラーがなければ成功です。
ディレクトリに.gitディレクトリが出来ています。

リポジトリで管理したいコード郡をローカルリポジトリディレクトリに移動してコミットしてプッシュします。

AWS Code Commitで確認出来ました。
AWS_CodeCommit_Management-end


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS CodeDeployからEC2 Auto Scalingにデプロイするチュートリアル

公式チュートリアルチュートリアル: アプリケーションを CodeDeployグル …

AWS Service Catalogチュートリアル

AWS Service Catalog 開始方法のチュートリアルにそってみました …

AWS EC2 でインスタンスにIPアドレスを紐付ける

AWS EC2で作ったサーバは何もしなければ起動するたびにIPアドレスが変わって …

Amazon CloudWatch クロスリージョンクロスアカウントダッシュボードを作成

本ブログのCloudFrontとWAFのアカウントと、EC2、RDS、S3などオ …

RDSのスナップショットをS3へエクスポートが日本語マネジメントコンソールでもできるようになってました

RDSスナップショットをS3にエクスポートする新機能を試そうかと思ったのときは、 …

API Gatewayから直接 DynamoDBに書き込む

やりたいこと WebページでOやXを押したときに、どっちを押したかをDynamo …

ちょっとしたCLI作業にEC2起動テンプレート

CLIでちょっとした作業したいだけのときに、Cloud9を使うまでもないなあと思 …

AWSのサービス数を数えてみました(2020/5/23)

何をもってサービスという単位にするかというのはあるかもしれませんが、とりあえず情 …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …

Amzon Linux のApacheでRedmineとWordPressをバーチャルホストで共存する

EC2とRDSを節約しようと思いまして、Redmineを動かしてるとこに検証用W …