ヤマムギ

growing hard days.

*

IAMユーザーのマネジメントコンソールログインパスワードを変更してDynamoDBに記録するLambda(Python)

      2020/01/19


やりたいこと

IAMユーザーのマネジメントコンソールへのサインインパスワードを動的に変更したくて、上記のアーキテクチャにしました。
Lambda(Python3.8)で実行しています。

  • SecretsManagerでランダムパスワードを生成します。
  • IAMユーザーのログインプロファイルをアップデートします。
  • 結果をDynamoDBに書きこみます。

AWS複数アカウントのリソースをLambda(Python)から一括操作したくてのLambda関数に追加して呼び出してます。

SecretsManagerでのランダムパスワードの生成

boto3 SecretsManagerのクライアントAPIで、get_random_passwordを使ってパスワードを生成しています。

  • PasswordLength パスワードの長さ。
  • ExcludeCharacters 除外する文字。見分けがつきにくい文字を除外しました。
  • ExcludeNumbers 数字を除外するか。含めるのでFalseにしてます。
  • ExcludePunctuation 記号を除外するか。含めるのでFalseにしてます。
  • ExcludeUppercase 大文字を除外するか。含めるのでFalseにしてます。
  • ExcludeLowercase 小文字を除外するか。含めるのでFalseにしてます。
  • IncludeSpace スペースを含めるか。含めないのでFalseにしてます。
  • RequireEachIncludedType すべての文字種を1つ以上含めるか。含めるのでTrueにしてます。

IAMユーザーのログインプロファイルをアップデート

IAMのリソースAPIで指定したユーザーのログインプロファイルが操作できました。
updateにパスワードを含めます。
ログイン時にユーザーへのパスワード変更は、今回の要件では必要ないので、PasswordResetRequired=False としてます。

結果をDynamoDBへの書き込み

今回は1アイテムしか扱いませんので、batch_writerは使わずに、put_itemで書き込んでます。
DynamoDBのパーティションキーはaccount_id、ソートキーは iam_userで、課金方式はたまに書き込むだけなので オンデマンド方式です。

できました!


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

i

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , , , ,

ad

ad

  関連記事

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

別アカウントのVPCからAWS PrivateLinkを使う

やったことないのでやってみるシリーズです。 VPC エンドポイントサービス (A …

Redmineの添付ファイルをS3に同期する

RedmineをAWS上で構築するデザインを考えていて、せっかくなので冗長化しよ …

Rocket.ChatをAmazon EC2 Ubuntuサーバーで起動

こちらRocket.Chatを1行でAWS上に導入を参照させていただきました。 …

EC2にSystems MangerからCloudWatchエージェントをインストール

CloudWatchエージェント EC2の標準メトリクスでは収集できないメモリの …

ads.txtをS3に配置してCloudFrontで設定する

ads.txtのダウンロード ads.txt設置してねってメールが来てました。 …

プライベートサブネットのEC2でセッションマネージャを使うようVPCエンドポイントを構成する

インターネットゲートウェイへのルートがないルートテーブルに関連付けられたプライベ …

ハンズオン目的アカウントに設定しているSCPポリシー

AWS Organizationsでハンズオン目的のアカウントに設定しているSC …

EC2 Ubuntu DesktopにRDP

Ubuntu Desktopが必要になりましたので、こちらのAWS EC2でデス …

Amazon Data Lifecycle Manager(DLM)が東京リージョンで使えるようになったのでLambdaでAMI自動取得から乗り換えた

EBSのスナップショットを自動で作成してくれるAmazon Data Lifec …