ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon LinuxにAlfresco Community Editionをインストールする

   


alfresco

ダウンロード準備

Alfresco公式サイトで、「エンタープライズコンテンツ管理」を選択して、「Alfresco Community エディション」の「ダウンロード」を選択して必要情報を入力してLinux用のダウンロードパッケージのリンク先URLをコピーします。

Amazon Linuxにインストールする

EC2をm3.mediumでインスタンスを起動して、SSHでログインします。

  • t2.microだとメモリ不足でインストーラーが起動できません。
  • セキュリティグループでtcp8080ポートにアクセス出来るようにしておきます。
  • Elastic IPを関連付けておきます。

公式インストールドキュメントの手順に従ってインストールします。

今回は2016年5月版のインストーラーでした。

インストールを続行するのか聞かれるので続行します。

言語を聞かれるので日本語を選択します。

[1]の簡易を選択するとそのままでは外部からのアクセスは出来ません。
[2]を選択してインストールを進めます。

とりあえず全部選のせのせで選びました。

デフォルトのままです。

デフォルトのままです。

Webサーバードメインに関連づけているElastic IPを設定します。
他はデフォルトのままです。

デフォルトのままです。

管理者のパスワードを指定します。

サービスとしてのインストールを選択しました。

m3.mediumだと警告が出ますがこのまま進みます。

インストールして今回はReadmeは読みません。

そのままAlfrescoを起動します。

http://:8080/share
にアクセスするとログイン画面となります。

alfresco-login

adminとインストールウィザードで指定したパスワードでログイン出来ます。

Administratorダッシュボードが開きます。
ここからの設定はまた次回!

簡易インストール(Webサーバードメインがローカルのまま)をしていた時の失敗

http://:8080/share
にアクセスしても、HTTP 404エラーとなり下記のエラーが出力されていました。
description The requested resource (/share/) is not available.

公式手順をよく見ると「However, it is not an externally addressable URL, which means that it is not possible for users on other machines to access this URL.」と書いてありました。

なので、普通に共有して使うのであればWeb サーバードメインの設定は必須という事ですね。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - Amazon Linux, AWS, Linux , , ,

ad

ad

  関連記事

AWS WAF Web ACLとルールをv1(Classic)からv2に自動移行しました

新しいものは、課題が解決されていたり、機能追加されたりするのでいいものです。 長 …

AWS Organizationsからメンバーアカウントを直接「閉じる」ことができるようになりました

これまでは、メンバーアカウントはOrganizations組織から「除外」して独 …

CentOS6.5にJenkinsをインストール

CentOS6.5にJDKをインストール 過去記事 CentOS6.5(32bi …

AWS Savings Plansを検討しました

今、個人でAWSアカウントを7つ使っています。 Savings Plansが使え …

執筆環境(PyCharm, CodeCommit, CodePipeline, S3, Lambda, 署名付きURL)

2018年から、年に1回ぐらい商業本の執筆をさせていただいております。 2020 …

2017年、このブログ(WordPress(Amazon EC2 + RDS))で対応してきたこと

Amazon Web Services Advent Calendar 2017 …

Rocket.ChatをAmazon EC2 Ubuntuサーバーで起動

こちらRocket.Chatを1行でAWS上に導入を参照させていただきました。 …

AWS Organizationsで組織全体のAWS CloudTrailを有効にしました

Organizationsのサービスメニューから、CloudTrailを選択して …

Amazon S3オブエジェクトへのリクエストをCloudTrail, Athenaで識別

こちらCloudTrail を使用した Amazon S3 リクエストの識別に書 …

AWS Toolkit for Eclipseをセットアップする

AWSでそろそろ課金がされつつありますので、夜中はインスタンスを自動停止して朝自 …