ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS RDS でMySQLインスタンスを構築する

      2015/05/16


Amazon Web ServiceにはAmazon Relational Database Service というデータベースサービスがあります。
EC2に立ち上げたOSにデータベースを構築してもいいのですが、データベース管理タスクをサービスとして機能提供してくれているので、AWS上でシステム構築するのであれば、基本的にはRDSを使っていこうと思います。

EC2インスタンス上ではなくRDSでデータベースを構築するメリット

公式サイトに様々な情報がありますが、特筆すべきは下記と思います。

  • 自動バックアップとディザスタリカバリ
  • ソフトウェアの自動パッチ適用
  • CPU、ディスク、メモリ使用量に関する測定値をダッシュボードに表示
  • ホットスタンバイ(Multi-AZ配置)

MySQLインスタンスを構築する

他のサービス同様に数プロセスで完了します。

aws-rds-1

[Services]で[RDS]を選択してRDSの画面で[Instances]-[Launch DB Instance]を押します。

aws-rds-2

[Select Engine]でMySQL,PostgreSQL,ORACLE,SQLServerから選択出来るので、[MySQL]を選択して[Select]を押します。

aws-rds-3

とりあえず今回は無料利用枠をなるべく使いたいので、[No, this instance is intended for use outside of production or under the RDS Free Usage Tier]を選択して、[Next Step]を押します。

aws-rds-4

デフォルトから変更した項目

  • [DB Instance Class] まずは最低の[db.t1.micrp – 1vCPU,0.613 GiB RAM]を選択。
  • [Multi-AZ Deployment] ホットスタンバイですが、どれぐらい料金が発生するのかも知りたいのと、本番稼働するのであれば必須だろうと思い、Yesにしてます。
  • [DB Instance Identifier] インスタンス名
  • [Master Username],[Master Password],[Confirm Password]

[Allocated Storage]は後でも増やせるので最低の5GBで始めます。

[Next Step]を押します。

aws-rds-5

[Network & Security]は何も変更していません。
既存のセキュリティグループも使用出来ますが、OSのセキュリティグループの設定に引きずられるのも違うかと思いまして、[Create new Security Group]にしています。

[Database Options]では、[Database Name]を設定しています。

まだ続きがあるので下にスクロールします。

aws-rds-6

バックアップとメンテナンスの設定をします。

  • [Backup Retension Period] バックアップ保持期間は1日にしました。
  • [Backup Window] 実行時刻を2時-5時で設定しました。(UTCなので-9時間)
  • [Auto Minor Version Upgrade] 自動でパッチをあてるようにします。
  • [Maintenance Window] 日曜日9時に実行されるようにしています。(UTCなので-9時間)

aws-rds-7

[View Your DB Instances]を押して作成開始。

[Instances]ビューでステータスがavailableとなれば完了です。

EC2から接続する

セキュリティグループの設定

rds-sg

EC2のセキュリティグループIDを確認して、RDSのセキュリティグループのインバウンド送信元に設定します。
設定方法はデフォルトで操作している端末のグローバルIPアドレスが設定されていると思いますので、それを参考にして送信元をIPアドレスではなくEC2のセキュリティグループにします。

ホスト名の確認

ホスト名はEndpointという項目にあります。
「~ rds.amazonaws.com」までがホスト名です。

aws-rds-9

EC2から接続してみる

EC2にログインして、下記コマンドを実行して確認します。

無事成功です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

再会の日 ~re:Union 2018 Osaka by JAWS-UG~

8/5は大阪でre:Unionでした。 「再会」と名うったこのイベントは、6月に …

slackのbotにWikipediaを調べてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotに少しでも役に立ってもらおうと、Wikipediaを調べてもら …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …

Amazon Connectの新規作成からプッシュボタン入力と発信元電話番号をLambdaで処理するまで

とりあえずやりたいことはタイトルに書いたとおり、「電話をかけて、プッシュボタンに …

よくあるサーバーレスアーキテクチャで質問フォーム

この記事はServerless2 Advent Calendar 2018に参加 …

AlexaにAWSの最新Feedを読み上げてもらう(Lambda Python)

年末にAmazon Echo Dotを購入しましたので、練習がてらAlexaスキ …

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

kintone webhookからAWS API Gateway – Lambdaを実行しレコードの値を渡す

2017年2月のアップデートでkintoneにWebhook機能がリリースされま …

「JAWS-UG in AWS Cloud Roadshow 2017 大阪」で運営をしました

AWS Cloud Roadshow 2017 大阪のナイトイベントで、「JAW …

NATインスタンスを作成する

プライベートサブネットのEC2インスタンスからカスタムメトリクスとCloudWa …