ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS RDS でMySQLインスタンスを構築する

      2015/05/16


Amazon Web ServiceにはAmazon Relational Database Service というデータベースサービスがあります。
EC2に立ち上げたOSにデータベースを構築してもいいのですが、データベース管理タスクをサービスとして機能提供してくれているので、AWS上でシステム構築するのであれば、基本的にはRDSを使っていこうと思います。

EC2インスタンス上ではなくRDSでデータベースを構築するメリット

公式サイトに様々な情報がありますが、特筆すべきは下記と思います。

  • 自動バックアップとディザスタリカバリ
  • ソフトウェアの自動パッチ適用
  • CPU、ディスク、メモリ使用量に関する測定値をダッシュボードに表示
  • ホットスタンバイ(Multi-AZ配置)

MySQLインスタンスを構築する

他のサービス同様に数プロセスで完了します。

aws-rds-1

[Services]で[RDS]を選択してRDSの画面で[Instances]-[Launch DB Instance]を押します。

aws-rds-2

[Select Engine]でMySQL,PostgreSQL,ORACLE,SQLServerから選択出来るので、[MySQL]を選択して[Select]を押します。

aws-rds-3

とりあえず今回は無料利用枠をなるべく使いたいので、[No, this instance is intended for use outside of production or under the RDS Free Usage Tier]を選択して、[Next Step]を押します。

aws-rds-4

デフォルトから変更した項目

  • [DB Instance Class] まずは最低の[db.t1.micrp – 1vCPU,0.613 GiB RAM]を選択。
  • [Multi-AZ Deployment] ホットスタンバイですが、どれぐらい料金が発生するのかも知りたいのと、本番稼働するのであれば必須だろうと思い、Yesにしてます。
  • [DB Instance Identifier] インスタンス名
  • [Master Username],[Master Password],[Confirm Password]

[Allocated Storage]は後でも増やせるので最低の5GBで始めます。

[Next Step]を押します。

aws-rds-5

[Network & Security]は何も変更していません。
既存のセキュリティグループも使用出来ますが、OSのセキュリティグループの設定に引きずられるのも違うかと思いまして、[Create new Security Group]にしています。

[Database Options]では、[Database Name]を設定しています。

まだ続きがあるので下にスクロールします。

aws-rds-6

バックアップとメンテナンスの設定をします。

  • [Backup Retension Period] バックアップ保持期間は1日にしました。
  • [Backup Window] 実行時刻を2時-5時で設定しました。(UTCなので-9時間)
  • [Auto Minor Version Upgrade] 自動でパッチをあてるようにします。
  • [Maintenance Window] 日曜日9時に実行されるようにしています。(UTCなので-9時間)

aws-rds-7

[View Your DB Instances]を押して作成開始。

[Instances]ビューでステータスがavailableとなれば完了です。

EC2から接続する

セキュリティグループの設定

rds-sg

EC2のセキュリティグループIDを確認して、RDSのセキュリティグループのインバウンド送信元に設定します。
設定方法はデフォルトで操作している端末のグローバルIPアドレスが設定されていると思いますので、それを参考にして送信元をIPアドレスではなくEC2のセキュリティグループにします。

ホスト名の確認

ホスト名はEndpointという項目にあります。
「~ rds.amazonaws.com」までがホスト名です。

aws-rds-9

EC2から接続してみる

EC2にログインして、下記コマンドを実行して確認します。

無事成功です。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS Code Commitをプライベートリポジトリとして使う

GitHubでもいいんですが、アクセスキーとかパスワードとかコンフィグ系で書いて …

Going Serverless with AWS(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

AWS Summit Tokyo 2017でセッション「Going Server …

AWS Summit Tokyo 2017 Day3 開場~基調講演~Dev Day Night

AWS Summit Tokyo 2017 参加2日目のDay3です。 基調講演 …

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

「関西AWSスタートアップ勉強会」に行ってきました

第2回 関西スタートアップAWS勉強会に行ってきました。 akippa 拠点数コ …

NGINXで500と502のエラーが実は頻発していたらしい

先日Mackerelで当ブログの外形監視を始めたのですが、500と502のエラー …

RedmineをELB(ALB)でAutoScalingグループへ負荷分散

高可用なRedmineを作るためのELBの設定です。 高可用なRedmine R …

Feedlyのフィードを自動でSlackへ投稿する(AWS Lambda , Amazon DynamoDB)

やりたいこと Feedlyで共有したいフィードに特定のタグを付けます。 特定のタ …

AWS CloudFormationでAmazon DynamoDBテーブルを作ってアイテムを追加する

デモ用にDynamoDBテーブルを作って消して、ということをたまにするので、Cl …

NATインスタンスを作成する

プライベートサブネットのEC2インスタンスからカスタムメトリクスとCloudWa …