ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS RDS でMySQLインスタンスを構築する

      2015/05/16


Amazon Web ServiceにはAmazon Relational Database Service というデータベースサービスがあります。
EC2に立ち上げたOSにデータベースを構築してもいいのですが、データベース管理タスクをサービスとして機能提供してくれているので、AWS上でシステム構築するのであれば、基本的にはRDSを使っていこうと思います。

EC2インスタンス上ではなくRDSでデータベースを構築するメリット

公式サイトに様々な情報がありますが、特筆すべきは下記と思います。

  • 自動バックアップとディザスタリカバリ
  • ソフトウェアの自動パッチ適用
  • CPU、ディスク、メモリ使用量に関する測定値をダッシュボードに表示
  • ホットスタンバイ(Multi-AZ配置)

MySQLインスタンスを構築する

他のサービス同様に数プロセスで完了します。

aws-rds-1

[Services]で[RDS]を選択してRDSの画面で[Instances]-[Launch DB Instance]を押します。

aws-rds-2

[Select Engine]でMySQL,PostgreSQL,ORACLE,SQLServerから選択出来るので、[MySQL]を選択して[Select]を押します。

aws-rds-3

とりあえず今回は無料利用枠をなるべく使いたいので、[No, this instance is intended for use outside of production or under the RDS Free Usage Tier]を選択して、[Next Step]を押します。

aws-rds-4

デフォルトから変更した項目

  • [DB Instance Class] まずは最低の[db.t1.micrp – 1vCPU,0.613 GiB RAM]を選択。
  • [Multi-AZ Deployment] ホットスタンバイですが、どれぐらい料金が発生するのかも知りたいのと、本番稼働するのであれば必須だろうと思い、Yesにしてます。
  • [DB Instance Identifier] インスタンス名
  • [Master Username],[Master Password],[Confirm Password]

[Allocated Storage]は後でも増やせるので最低の5GBで始めます。

[Next Step]を押します。

aws-rds-5

[Network & Security]は何も変更していません。
既存のセキュリティグループも使用出来ますが、OSのセキュリティグループの設定に引きずられるのも違うかと思いまして、[Create new Security Group]にしています。

[Database Options]では、[Database Name]を設定しています。

まだ続きがあるので下にスクロールします。

aws-rds-6

バックアップとメンテナンスの設定をします。

  • [Backup Retension Period] バックアップ保持期間は1日にしました。
  • [Backup Window] 実行時刻を2時-5時で設定しました。(UTCなので-9時間)
  • [Auto Minor Version Upgrade] 自動でパッチをあてるようにします。
  • [Maintenance Window] 日曜日9時に実行されるようにしています。(UTCなので-9時間)

aws-rds-7

[View Your DB Instances]を押して作成開始。

[Instances]ビューでステータスがavailableとなれば完了です。

EC2から接続する

セキュリティグループの設定

rds-sg

EC2のセキュリティグループIDを確認して、RDSのセキュリティグループのインバウンド送信元に設定します。
設定方法はデフォルトで操作している端末のグローバルIPアドレスが設定されていると思いますので、それを参考にして送信元をIPアドレスではなくEC2のセキュリティグループにします。

ホスト名の確認

ホスト名はEndpointという項目にあります。
「~ rds.amazonaws.com」までがホスト名です。

aws-rds-9

EC2から接続してみる

EC2にログインして、下記コマンドを実行して確認します。

無事成功です。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー2年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

Amazon LinuxのNginx+RDS MySQLにレンタルWebサーバーからWordPressを移設する(失敗、手戻りそのまま記載版)

勉強のためブログサイトを長らくお世話になったロリポップさんから、AWSに移設する …

[JapanTaxi] Athena 指向アナリティクス 〜真面目に手を抜き価値を得よ〜(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

Athenaのユースケースとして聞きにいきましたが、最近触ってるRe:dashも …

RedmineをELB(ALB)でAutoScalingグループへ負荷分散

高可用なRedmineを作るためのELBの設定です。 高可用なRedmine R …

Amazon Linux にnodejsとmongoDBをインストールする

EPEL リポジトリを利用してnodejsとnpmをインストールする [cray …

LINE Bot APIのファーストステップをLambda+API Gatewayでやってみたらものすごく簡単で驚いた

トライアル当初はホワイトリストのしばりや、初回反応するまで時間がかかったりとみな …

slackのbotにWikipediaを調べてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotに少しでも役に立ってもらおうと、Wikipediaを調べてもら …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

Microsoft TeamsのOutgoing Webhooksを使ってAWS Lambda(Python), Amazon API Gatewayとbot

Microsoft Teamsの検証その2、Slackで実装しているbotも対応 …

AWS ルートアカウントのMFAが使えなくなったので復旧

ルートアカウントどころか、MFAが使えるログインすべてが使えなくなって焦りました …

webフォームからの問い合わせをRedmineに自動登録して対応状況を管理する(API Gateway + Lambda)

先日、検証目的で作成したRedmineの冗長化の一機能として、webフォームから …