ヤマムギ

growing hard days.

*

kintoneで設定したスケジュールにあわせてlambda(python)からSQSへメッセージを送る

   


EC2の起動停止をそろそろ手動でやるのも疲れてきそうなのと、やはり停止するのを忘れてしまってもったいないので。

SQSを挟むほどの規模でもないのですが、慣れておきたかったのでSQSを使ってみています。
今回はSQSへメッセージを送るところまでを記載しています。
SQSからメッセージを受信してEC2の起動停止をlambdaで実行して結果をslackへ通知するのは次回のブログに書きます。

start_stop_ec2_kintone_sqs

kintoneでアプリ作成

kintone-ec2-config

こんな項目を持ったアプリを作成します。

kintone_ec2

フォームはこんな感じです。

APIトークンを発行します

kintone-api-token

アプリの設定で詳細設定を展開して[APIトークン]をクリックします。

kintone-api-token-2

APIトークンの生成をします。
今回はデータを読むだけなのでアクセス権は閲覧のみにします。

kintone-api-token-3

保存した後、[設定完了]をクリックします。
※これをしないと生成したAPIトークンが反映しません。

ターミナルなどで確認します。

YOUR_TOKEN, YOUR_DOMAINは適宜変更します。

データのレスポンスが返ってくればOKです。

Terminalで見づらいのでPOSTMANで見ます。

祝日対応

やりながら祝日も対応しなければと思い、上記のkintoneの曜日に「祝」を足しました。

なんかいいAPIないかなーと探したのですが見つけられなかったのでGoogleカレンダーAPIを使いました。

これをlambdaファンクションと同じディレクトリに格納しておきます。

kintoneからデータ取得してSQSへエンキューするlambda

GitHubはこちらです。

kintoneのレコードから起動対象か停止対象かをチェックします。

起動停止対象の場合辞書型のメッセージを配列に格納します。

SQSにメッセージをエンキューします。

実行してます。

キューにメッセージが送信出来た事が確認出来ました。

SQS_Management_Console

次回はSQSからメッセージを受信してEC2を停止起動してslackへ通知します。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

EC2 Global Viewで不要なインスタンスを見つけて4つほど終了しました

EC2 Global Viewという機能がリリースされました。 EC2コンソール …

AWSセルフマネージドAD環境にリモートデスクトップで接続

AWSクイックスタートのActive Directory Domain Serv …

RDSスナップショットのS3エクスポート結果確認

RDSのスナップショットをS3へエクスポートが日本語マネジメントコンソールでもで …

AWS CloudShellでboto3(SDK for Python)使うならpython3

本の執筆をしていて、ちょっとAWS CLIやSDKのふるまいを確認したいことがあ …

AWS WAFのマネージドルールを見てみました

Web ACLで[Add managed rule groups]を選択しました …

AWS DeepLensセットアップの儀

AWS DeepLensのセットアップを開始します。 AWS DeepLensを …

このブログをAWS大阪リージョンへ移行しました

大阪リージョン爆誕!! 朝起きて寝ぼけながらリージョンを見てると。 「大阪リージ …

AWS CloudHSMを起動してみました

なかなか触る機会のないサービス、CloudHSM。 起動してみました。 手順はユ …

AWS Cloud9でJavaサンプルを実行する

リモートで共有開発ができるCloud9便利ですね。 Cloud9でJavaのサン …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day2)

馬込は非常に良い天気です。 泊まっている部屋が2Fでしたので窓を明けると歩いてい …