ヤマムギ

growing hard days.

*

Re:dashを0.12系から1.0系へアップグレードする

   


1.0系が正式リリースになったので0.12系からアップグレードしました。

.envの修正

0.12系からアップグレードする場合は .envの修正がアップグレード前に必要です。

.env はデフォルトでは /opt/redash にあります。

postgresのパス修正

Re:dashのデータベースにローカルのpostgresを使用(デフォルト)している場合はパスを変更します。

postgresql://redash
から
postgresql:///redash
です。

REDASH_STATIC_ASSETS_PATHの削除

次の行を削除します。

アップグレード

出力


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - BI

ad

ad

  関連記事

re:dashのパラメータクエリでシングルクォーテーションが文字参照に変わって検索できないので出来るようにする

re:dashでシングルクォーテーションをパラメータとして渡したい場合の方法に悩 …

RedashでSendGridのActivityを見る(Amazon S3 -> Athena経由)

Redash Advent Calendar 2017に参加しましたので、今年リ …

Re:dash CSVの出力文字コードをUTF-8からShift-JISに変更する

Re:dashの[Download Dataset] – [Down …

Re:dash CSVの出力コードをUTF-8から他の文字コードに変更する事が出来るようになります

先日、Re:dash CSVの出力文字コードをUTF-8からShift-JISに …

re:dashで 「Error running query: ‘ascii’ codec can’t encode」

目次 re:dash の画面に表示されたエラーcelery_error.logに …

re:dashで必須でない検索条件を作りたい

re:dashで必須ではない任意検索のためのフォームを実装したい、となりましたの …

re:dash Error running query: ‘ascii’ codec can’t encode characters

目次 エラー内容ログ調査sitecustomize.pyの設定 エラー内容 re …

勉強会用にre:dashの環境構築した記録

先日の「ヤマムギVol5 BI ファーストステップ ~re:dash , Pow …

Pentaho Communitation EditionをAWS EC2 Amazon Linux にインストールしてみました

BIというか、簡単なグラフが表示出来ればいいレベルでいいので、商用のBIを購入す …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …