ヤマムギ

growing hard days.

*

C#でOpenWeatherMap APIを使って天気情報を取得する

      2015/05/27


C#でOpenWeatherMapAPIを使って現在の天気を取得してみました。
本当は指定した日時の過去データを任意のタイミングで取りたかったのですが、サンプルURLでもJSONにアクセス出来なくエラーになるので、諦めて定期的にアクセスして自動的に自前のDBに蓄積する事とします。

DataContractクラスを作る

OpenWeatherMapAPIのCurrent Weather DataのJSONをパース出来るようにデータ構造のクラスを作ります。

JSONの例

例えば、http://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?q=Osaka,jp&units=metric でアクセスすると下記のJSONにアクセス出来ます。

※「units=metric」で摂氏気温になります。

[xml]
{
coord: {
lon: 135.52,
lat: 34.65
},
sys: {
message: 0.3845,
country: “Japan”,
sunrise: 1432669673,
sunset: 1432720932
},
weather: [
{
id: 800,
main: “Clear”,
description: “Sky is Clear”,
icon: “01n”
}
],
base: “stations”,
main: {
temp: 15.327,
temp_min: 15.327,
temp_max: 15.327,
pressure: 1004.14,
sea_level: 1025.02,
grnd_level: 1004.14,
humidity: 77
},
wind: {
speed: 0.97,
deg: 327.5
},
clouds: {
all: 0
},
dt: 1432736103,
id: 7303469,
name: “Osaka-Wan”,
cod: 200
}
[/xml]

DataContractクラス

階層や配列に対応して記述しています。
ご参考までに。

[c]
using System.Collections.Generic;
using System.Runtime.Serialization;

namespace WeatherDataTest
{
[DataContract]
public class WeatherDataTestJsonContract
{
[DataMember]
public Coord coord { get; set; }
[DataContract]
public class Coord
{
[DataMember]
public double lon { get; set; }
[DataMember]
public double lat { get; set; }
}
[DataMember]
public Sys sys { get; set; }
[DataContract]
public class Sys
{
[DataMember]
public double message { get; set; }
[DataMember]
public string country { get; set; }
[DataMember]
public long sunrise { get; set; }
[DataMember]
public long sunset { get; set; }
}
[DataMember]
public List weather { get; set; }
[DataContract]
public class Weather
{
[DataMember]
public int id { get; set; }
[DataMember]
public string main { get; set; }
[DataMember]
public string description { get; set; }
[DataMember]
public string icon { get; set; }
}
[DataMember (Name=”base”)]
public string baseItem{get;set;}
[DataMember]
public Main main { get; set; }
[DataContract]
public class Main
{
[DataMember]
public double temp { get; set; }
[DataMember]
public double temp_min { get; set; }
[DataMember]
public double temp_max { get; set; }
[DataMember]
public double pressure { get; set; }
[DataMember]
public double sea_level { get; set; }
[DataMember]
public double grnd_level { get; set; }
[DataMember]
public double humidity { get; set; }
}
[DataMember]
public Wind wind { get; set; }
[DataContract]
public class Wind
{
[DataMember]
public double speed { get; set; }
[DataMember]
public double deg { get; set; }
}
[DataMember]
public Clouds clouds { get; set; }
[DataContract]
public class Clouds
{
[DataMember]
public double all { get; set; }
}
[DataMember]
public long dt { get; set; }
[DataMember]
public long id { get; set; }
[DataMember]
public string name { get; set; }
[DataMember]
public long cod { get; set; }
}
}
[/c]

気温と天気IDを取得する例

[c]
using System.Runtime.Serialization.Json;

namespace WeatherDataTest
{
public static void main(String[] args)
{
string jsonUri = “http://api.openweathermap.org/data/2.5/weather?q=Osaka,jp&units=metric”;
try
{
var json = new WebClient().DownloadString(jsonUri);
DataContractJsonSerializer serializer = new DataContractJsonSerializer(typeof(WeatherDataImportJsonContract));
using (MemoryStream memorystream = new MemoryStream(Encoding.UTF8.GetBytes(json)))
{
WeatherDataImportJsonContract jsonData = (WeatherDataImportJsonContract)serializer.ReadObject(memorystream);
double temp = jsonData.main.temp; //気温
int id = jsonData.weather[0].id; //天気ID
}
}
catch (Exception e){}
}
}
[/c]


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - C#, Web ,

ad

ad

  関連記事

Twilio APIでOpenWeatherMap APIで取得した天気情報を毎朝モーニングコールする

OpenWeatherMap APIのJsonから取得した気温と天気の情報を、T …

PHP 共通ヘッダ、フッタの内容をページによって動的に変更する

共通ヘッダ、フッタ それぞれ必要な内容を書いたheader.php、footer …

スパムリファラーサイトのアクセスをAnalyticsで除外する(2017/8/17現在)

アクセス数とかそんなに気にしないのですが。 嘘です。 リファラーサイトからのアク …

WordPressにログインを強制して記事ごとのアクセス制限もする

WordPressを限定された組織内で使いたいとした場合に下記を実現したいと思い …

「POODLE」SSL3.0の脆弱性対応

各社が騒ぎ立てている「POODLE」 Padding Oracle On Dow …

sitemap.xml(sitemap-misc.xml)とrobots.txtを設置する

起きたら結構な雨でしたので、とりあえずサーバのエラーログを眺めていると、goog …

Google Apps ScriptでAdmin SDK Directory Serviceを使ってグループメンバー情報を出力する

GoogleAppsのGoogleGroupをメーリングリストとして使っている人 …

Google Apps ScriptでAdmin SDK Directory Serviceを使ってユーザの最終ログイン情報一覧を出力する

GoogleAppsで使わなくなったアカウントを確認する方法として、最終ログイン …

Googleカレンダーの予定をPHPからXMLで取得してWebページに表示する(現在廃止されたAPIなので使えません)

ご注意 ※下記の記事で使用していたAPIは2016年現在使用出来なくなっています …

ブログの記事が掲載されました(レバテック様)

少し前の話になりますが、登壇する側も聞く側も良い刺激を受けられる!勉強会のレポー …