ヤマムギ

growing hard days.

*

Slackでチームを作成してbotから投稿出来るようにする

      2017/08/06


Slackで新しいチームを作成して、botが投稿出来るように設定します。

※2017年8月5日時点の手順です。

Slackチームの作成

Slackのサイトにアクセスします。

チーム名とメールアドレスを入力して[Next]をクリックします。
※チーム名はそれぞれ任意のチーム名を入力してください。

このようなメールが届くので6桁のコードを入力します。

氏名とユーザー名を入力します。
(後でも変更出来ます)

パスワードを設定します。

チームの情報を選択します。

チーム名を任意の名前で入力します。
※チーム名はそれぞれ任意のチーム名を入力してください。

Slack上で一意となるURLを設定します。
※チーム名はそれぞれ任意のチーム名を入力してください。

[I Agree]をクリックします。

他にチームに呼ぶ参加者がいればメールアドレスを入力します。
後からでも追加出来るので「Skip For Now」でいいと思います。

完成です。
最初はチュートリアルが見れたりするので見てもいいと思います。
とばしたい人は[Explorer]をクリックして、botに何か言ってあげて、[skip tutorial]で先に進むことが出来ます。

botから投稿出来るようにしておく

Incoming WebHooksという機能を設定しておきます。

ブラウザで先ほど作ったSlackのチームにログインしているまま、https://slack.com/services/new/incoming-webhookにアクセスします。

チャンネル選択は選んだチャンネルしか投稿できないわけでもないのでとりあえず「#general」にしておきます。
[Add Incoming WebHooks integration]をクリックします。

遷移した画面を下にスクロールします。

Webhook URLはプログラミングする際に必要ですので、いつでもアクセス出来るようにしておくか、どこかに控えておきます。

Customize Nameは何か設定しておきます。

下にスクロールして味気ないのでbotのアイコンを変更します。
画像をアップロードすることも出来ますし、[Choose an emoji]から絵文字を選ぶことも出来ます。

[Save Settings]をクリックして設定は完了です。

クライアントアプリ

ブラウザでも見れますが、Mac , Windows , Linux , iPhone , iPad , Androidなどなどのクライアントアプリも便利ですので環境にあわせて使うといいと思います。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - API , , , ,

ad

ad

  関連記事

Twilioで電話を受ける人の仕事を少し楽に出来ないか考えてみた

Twilio Advent Calendar 2017の参加記事です。 Twil …

docomo Developer supportの 雑談対話APIから自然対話APIへ移行しました

LINEやSlackのbotで重宝していた、雑談対話APIが終了する、とのことで …

Twilioのサインアップをして最初の電話番号を設定する

ハンズオンなどTwilioを使ってみる場合に、最初は無料トライアルアカウントとな …

Stripe CheckoutをローカルのPythonで試す

Stripe Advent Calendar 2017の参加記事です。 Stri …