ヤマムギ

growing hard days.

*

「JAWS-UG Osaka AWSデビューするなら大阪から!大阪リージョン触ろうの会」に参加しました

   

3/2に大阪リージョンがオープンしたことを受けて、大阪リージョンでサーバーレスアーキテクチャを作ろう!
というハンズオンがJAWS-UG 大阪で開催されました!
私はZoomを提供しました。

サーバーレスハンズオン

20時開始だったのですが、この日、帰宅が遅くなっちゃいまして、19:40に帰宅してZoomをオープンしました。
今どきは外出から帰宅した際は、感染予防でお風呂に入らなければということで、みなさんが大阪リージョンで@hiroki_k8のナビゲートのもとハンズオンされていたのをお風呂から見ていました。

ハンズオンはこちらを大阪リージョンでやってみようという内容です!
AWS Hands-on for Beginners〜 Serverless 編 〜

ネタバレとしては、ハンズオンで使うAmazon Translateが大阪リージョンにはなくて最後エラーになっちゃうというオチでした。
なので、他のAmazon Translateが使えるリージョンでやり直しましょうね、という、何回もやって慣れちゃえっていうお得感と、リージョンによって使えるサービス違うんですよね、ってことも身を持ってしれましたね。
お得なハンズオンでした。

大阪リージョン誕生記念を祝って「awsの歴史と、マルチ AZ マルチリージョン構成の考え方」

そして、AWSJ亀田さんから大阪リージョン開設までの歴史とマルチAZ、マルチリージョンの考え方についてのお話。
このスライド、かっこいいですね。
ちゃんと大阪リージョン3AZ、東京リージョン4AZですね。

これ、すごく大事なスライドですね。
「止まらない、データも失われないようにしてくれ」と言われたら、まずはそれを100%満たせるITシステムはこの世には存在しない、というところからスタートしないとですね。
なので、停止時間、データ消失範囲の可能範囲をコストや複雑性などなどとのトレードオフで検討する必要がありますね。
どこまでを求めるかですね。

ちなみにこのブログは、大阪リージョンで稼働しています。
万が一大阪リージョンが完全に使えなくなってしまった場合は、東京リージョンで復旧するようにしています。
RTOは60分、RPOは24時間で検討しています。
その仕組みとコストなどはまた別の機会にお話します。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study

ad

ad

  関連記事

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day2)

馬込は非常に良い天気です。 泊まっている部屋が2Fでしたので窓を明けると歩いてい …

Alexa Day 2018にサポーターの中の人として(初)参加しました

2018/2/11に神戸三ノ宮のスペースアルファ三宮で開催されたAlexa Da …

東大阪メーカーズ・ミートアップ Vol.2に行ってきました

今回初参加で行ってきました。 東大阪メーカーズ・ミートアップとは 「主に東大阪の …

実録 JAWS DAYS 2017 ~RoadTrip,スタッフ,ハンズオンメンターで参加しまして~

今年もJAWS DAYSにいってまいりました。 RoadTripの話 去年に引き …

「JAWS-UG朝会 #17」に参加しました

朝7:30からのJAWS-UG朝会。 コース実施の日は配信スタジオへの移動時間な …

「IoTの法律勉強会 第1回」に行ってきました

「IoTの法律勉強会 第1回」に行ってきました。 「関西のIoTを盛り上げよう」 …

「大阪 Figma Meeting #01」に参加しました

大阪 Figma Meeting #01に参加しました。 Figma触ったことな …

Agile Japan 2015 大阪サテライト「アジャイル開発への架け橋」に行ってきました

Agile Japan 2015 大阪サテライトに行ってきました。 具体的な目的 …

Developers Summit 2024 「アーキテクチャから学ぶKubernetesの全体像」を見ました

株式会社スリーシェイク bells17さん Kubernetesの基盤となるCo …

「Einsteinボット構築体験ハンズオン」でボットをノーコードで構築した

Salesforce World Tour Tokyoで基調講演の後、最近のニー …