ヤマムギ

growing hard days.

*

GitHub SSH接続 覚書

      2020/06/06


最近はずっとソースコードの管理にAWS CodeCommitを使ってました。
けっこうひさしぶりにGitHubにリポジトリ作りまして、昔使ってたキーはどうやら削除したようでして、新たに接続設定しました。

CodeCommitで使っているキーと分けたいので新たに作りました。
環境はmacです。

名前はgithub にしてパスフレーズも設定しました。

~/.ssh/config に以下を設定しました。

GitHubの[Sttings]-[SSH and GPG keys]でgithub.pub の内容を貼り付けます。
タイトルは任意です。

これでOKでした。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - git

ad

ad

  関連記事

RedmineとGitLabを同じサーバにインストールする

Redmineでプロジェクトに設定できるGitはローカルのみ(Redmineと同 …

AWSのAmazon LinuxにGitマスターサーバをインストールしてRedmineリポジトリブラウザで見る

Amazon LinuxにGitをインストールする Gitをインストールして自動 …

GitLabのバックアップをS3に格納する

GitLabのバックアップがS3に対応していて、非常に簡単設定でした。 しかもE …

SourceTreeからgitサーバへSSHを使ってプッシュする

SSH URI gitのパスは/var/git/pj.gitとします。 [pla …

CentOS 6.5にgit連携のTracを構築する

秋の夜長に自宅でTracサーバを構築してみる。 ひとまずRedmineはいったん …

Windows SourceTreeで ホストキーの変更

Linuxで言うところのknown_hostsを変更する方法です。 もっと簡単に …