ヤマムギ

growing hard days.

*

RedmineとGitLabを同じサーバにインストールする

   


Redmineでプロジェクトに設定できるGitはローカルのみ(Redmineと同じOS)なので、Redmineを動かしているサーバにGitLabもインストールしてみました。

OSは Amazon Linuxです。
RedmineはApacheで動かしてたので、GitLabのNginxはそのまま使います。

GitLabのインストール

公式サイトのCentOS手順に従ってやってみて問題のあるところは修正します。

GitLab設定ファイル変更

11行目あたりを変更

582行目あたりのNginxポートを変更

393行目あたりのポート変更

430行目あたりのポート変更

gitlabを再構築します

管理者でログインする

http://yourdmain.com:8080
へアクセス

初回アクセス時に管理者(root)のパスワードを設定します。

設定が終わるログイン出来ますので、Usernameはroot、パスワードは先ほど設定したパスワードでログインします。

ログインしたらユーザーを作成して、ユーザーでログインしてプロジェクトを作成します。

Redmineのプロジェクトの設定でリポジトリのローカルパスを設定します。

デフォルトでは
/var/opt/gitlab/git-data/repositories/<グループ>/<プロジェクト名>.git

(付録)失敗メモ

途中つまづいた内容を記載します。

インストール編

Nginxのポートの設定だけをしてreconfigure,restartしたら下記のエラー

gitlab-502

「502 Whoops, GitLab is taking too much time to respond.」

gitlab-ctl tailで調べる

StackOverFlowに答えがありました。

unicornのポートがかぶっているので、8081に変更しました


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - git, ProjectManagement, Redmine , , , ,

ad

ad

  関連記事

Windows SourceTreeで ホストキーの変更

Linuxで言うところのknown_hostsを変更する方法です。 もっと簡単に …

Redmine 3.0.0に CRMプラグインをインストールする

Redmine CRMプラグインのFreeのLightバージョンを使ってみる事に …

RedmineにEasy Gantt プラグインをインストールしようとしたらRubyのバージョンが古いという事にひっかかったのでRubyもアップグレードした

RedmineにEasy Ganttプラグインをインストールしました。 標準のガ …

Redmine 3.0.0で ガントチャートの幅を変更してトラッカーを非表示にする

Redmineのガントチャートで親子チケットなど階層が深くなると肝心のチケット題 …

Redmineの作業時間、予定工数をSQLで抽出

プラグインとかでやればいいのかもなのですが、可視化はダッシュボードツールとかBI …

RedmineにGoogleAppsアカウントでログイン出来るようにする

RedmineのログインをGoogleアカウントで出来るように[redmine_ …

Tracの外観をプラグインで変更する-TracpathThemeプラグイン

プラグインをインストールするだけで外観を変更する こんな感じのUIで5色(Red …

Redmine REST APIを操作するpython_redmineを試してみた

Redmine のGUIの登録が面倒なのでコマンドで登録、更新、時間の記録が出来 …

Amzon Linux のApacheでRedmineとWordPressをバーチャルホストで共存する

EC2とRDSを節約しようと思いまして、Redmineを動かしてるとこに検証用W …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightでの可視化 – 仕組み編

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかった …