ヤマムギ

growing hard days.

*

「第14回RxTStudy(Redmine勉強会)」に行ってきました

      2016/09/18


土曜日の真っ昼間に半分以上が初参加者さんで80席が満席。
それだけRedmineの利用率が高まっている事かと思いました。

一番ささった言葉はkenzoさんの「苦しんだ足跡を残す事が大切。自分が苦しんだ事は、未来に行う誰かも苦しむ。詰まった事、はまった事こそ書残す。」でした。

3.2へのバージョンアップしなくてはなーと思いました。

2015年に追加されたRedmineの新機能とこれからのRedmine

ファーエンドテクノロジー株式会社 前田さん

前田さんお気に入りの新機能

  • 3.0.0から3.2.0の改善、追加機能は290
  • パスワード有効期限
  • 拡張子による添付ファイルの制限
  • CSVインポート追加のみ、1プロジェクト、1トラッカーのみ
  • トラッカーごとのデフォルトステータス
  • 新しいチケットで許可するステータスを設定可能
  • 新しいチケットのデフォルトバージョンの設定が可能なのでバージョンなしチケットの発生を抑制できる
  • チケット一覧で予定工数、作業時間など合計値(数値型カスタムフィールドも可)を表示出来る
  • 親チケット子チケットで連動しない項目を設定出来るようになった
  • 説明欄を対象にチケットフィルタが可
  • 親チケット、子チケットの情報を元にフィルタ
  • ガントチャートに日付
  • モバイル対応レスポンシブレイアウト
  • クリックしやすいページャー
  • プロフィール画面に担当しているチケット、報告したチケットの集計からのリンク
  • チケット履歴で注記を目立たせる
  • 前後移動のためのアクセスキー Chrome [alt]+p 前、+n 次

3.3.0の開発状況

夏前ぐらいに出るかも、出たら嬉しい

入るかもの新機能
– 関連チケットの循環参照エラーの解消
– チケットの注記のみを表示するタブ
– セキュリティ上重要なイベント(パスワード変更など)の通知
– どの画面からでも新しいチケット追加出来るボタン
– シンタックスハイライト用のコード雛形挿入ボタン

最近のRedmine開発体制

3.2.0のチケット数は前田さんが11チケットで1位
全体で上位5位の開発者で75%ぐらいの開発を担当した
もっとRedmineの開発に関わる人を増やして行きたい

Redmineチューニングの実際と限界 ~ 200万チケットでもサクサクなRedmineの作り方 ~ 追補改訂版

(株)島津ビジネスシステムズ 赤羽根さん

島津製作所利用者7,000人が使う100を越える業務システムを200人のシステム社員で運用管理している

月3500チケット
完了率95%

IT統制に対応するため高水準の管理品質を維持している

チューニングの基本はボトルネックの解消
ボトルネックを見つけ出せなければチューニングは出来ない

狭帯域通信を避ける
部分的に広くても意味はない、全部広くして早くする

圧縮による通信コストの削減
Webサーバーで通信内容を圧縮する
Http compression

キャッシュによる再処理の回避
OS、ミドルウェアでそれぞれキャッシュを設定する
潤沢なメモリを実装する

アルゴリズム改善で早くする
OS、ミドルウェア、言語の実行環境のバージョンを上げればアルゴリズムが改善されてスピードも早くなる
そして、そのためにRedmine本体は極力変更しない

サクサクの基準
100ms 問題なし
1000ms 少し遅延を感じる
10000ms 明らかな遅延

Ruby2.0よりruby2.2ほうが当たり前のように早い
Nmlよりodgbcが早い

メール非同期送信async

工数管理システムとしてのRedmine

あきぴーさん

お客様へ実費請求するための作業明細の作成

One matter One ticket 1チケット、1作業
Worktimeプラグイン

人事勤怠管理システムとの二重入力
成果出力物からの逆インポート
使いこなせない親子チケット管理
月締めの概念がない

組込み開発現場でのRedmine活用事例

50_Kenzoさん

課題を順番にあげることで切り分けて手順が現れる
ノウハウを共有できる
知の共有

苦しんだ足跡を残す事が大切
自分が苦しんだ事は、未来に行う誰かも苦しむ
詰まった事、はまった事こそ書残す

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - Redmine, study ,

ad

ad

  関連記事

CentOS 6.5にRedmineをインストールするためにrubyをインストールする

とりあえずgitは入っている前提で [crayon-5b742f6982c6b6 …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …

Rapidminerハンズオン勉強会に行ってきました

機械学習 OSSのRapidminerの勉強会に行ってきました。 OSS BI …

Java SE 7 Silver模擬テストの結果気になる問題をメモ 2015/2/13

違う種類の模擬テスト1回目。 90問中77問正解。 正解率85%。 まだまだ不安 …

redmine_omniauth_googleプラグインをRedmine3.0.0で動くようにする

redmine_omniauth_googleプラグインをインストールしたところ …

JAWS DAYS 2018 振り返り(特にコミュニティフレンドシップ)

JAWS DAYS 2018を振り返りたいと思います。 やったこと コミュニティ …

「MasterCloud第10回 ~超AWS神回の予感~」に行ってきました

JAWS DAYS 2018のコミュニテイフレンドシップにも参加しているMast …

Developers Summit 2016 KANSAIに行ってきました

Developers Summit 2016 KANSAIに行ってきました。 熱 …

「 MonotaRO Tech Talk #1」に行ってきました

モノタロウさんの「MonotaRO Tech Talk」に行ってきました。 ビー …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day2)

馬込は非常に良い天気です。 泊まっている部屋が2Fでしたので窓を明けると歩いてい …