ヤマムギ

growing hard days.

*

Innovation EGG 第7回 『クラウドネィティブ化する世界』に行ってきました

      2016/09/18


Innovation EGG 第7回 『クラウドネィティブ化する世界』に行ってきました。

Google Cloud Platformのいいところ・そうでもないところ

GCPUGの佐藤さん

GCP=The DataCenter as a Computer

コマンド一発で数千台のマシン、CPUコアを計算に使える

Spanner 分散型データベース、Adwardsで使用、昔は巨大なMySQL

ケーブルを引いてスイッチングするといったネットワークキャリアとしての仕事を自分でやってしまっている
Jupiter Network 自分たちでスイッチも作っている

GCE 転送帯域9G bps

グローバルロードバランサー
1つのグローバルIPでマルチリージョンでフェイルオーバーが実現

GCE
止まっても良いオプションをONにすると半額ぐらいになる

BigQuery
100億行のフルスキャン 10秒以内

クラウドネイティブな時代に必要とされるエンジニア

JAWS-UGの坂井さん

  • 運用以外のスキルが必要
    運用は自動化されて淘汰される

  • クラウドの進化
    AWSでは2014年には516機能のリリース

  • あえてこだわりを捨てる

  • やって結果を出す事に注力する
  • あえて流行りに乗っかる

すぐに使える周辺サービス Azure編

JAZUG 亀渕さん

  • Azure Search
    中身はElasticsearch
    検索インデックスの生成と検索が行えるマネージドサービス

  • Machine Learning
    Project Oxford
    顔判定、ビデオトラッキング、スピーチ
    知的言語理解サービス
    How-Old.net
    Feature Analysis

  • Azure Active Directory
    コンシューマサービスアカウントとも連携

  • Free Visual Studio Dev Essentials

firebaseを用いたリアルタイム同期アプリケーション開発

GCPUG 佐々木さん

  • リアルタイムデータ同期を必要とするアプリケーションが得意
  • BaaS
  • マルチプラットフォーム
  • リアルタイムDB
  • オフライン処理
  • 全データを1つのJSONに格納、No-SQL
  • データ構造がそのままREST API、それぞれのデータが一意のURLエンドポイントを持つ
  • データのアクセスルールを設定可能

npm install -g firebase-tools
firebase login
firebase init

37行のコードを用意した

firebase deploy

  • フェイルオーバーの仕組みがない
  • RDBのような細かい検索ができない
  • ストレージサイズ、転送量、コネクション数でプランがある

クラウドネイティブ時代のコミュニケーションツールの実装

TwilioJP-UG 高橋さん

  • 社内に回線、PBXを持たなくていい
  • 電話の機能をプログラミングできる
  • IP Messaging チャットフレームワーク
  • ビデオ会議
  • Contextual Communications

販売コールセンターの例
申込み会話を録音
カード番号などセンシティブな事を話されると録音データの保管方法が変わってしまう
SMSからURLを配信してカード番号を聞かなくてもいいようにする

ユースケースから学ぶクラウドネイティブの始め方

AWScean 佐々木さん

クラウド移行を阻む課題

  • 「誰が責任取るの?」
  • 「構築業者がクラウド無理って言っている」

クラウドネイティブ時代のアプリケーション運用をもっと簡単に!

JAWS-UG堀内さん

CRM自動化 salesforce
財務管理自動化 Workday
CS自動化 zendesk
そしてクラウドアプリケーションライフサイクル自動化がmobingi

紹介

JAWS-UG森さん

クラウドでGolangのテスト&デプロイ!

PaaS勉強会の堀内さん

CircleCI

  • GitHubと連携
  • yamlで記述
  • Dockerが使える

COVERALLS

  • CIのカバレッジを飛ばすとやってくれる

Golang

  • シンプルで書きやすい
  • Googleが開発したコンパイル言語

Parse終了の陰で、KimonoLabsも終了で泣ける。BaaSとの付き合い方

JAWS-UG佐々木さん

  • Parse MBaaSの代表格なのに終了
  • KimonoLabs Webスクレイピングサービス、買収されて終了
  • AWSでもSimpleDB終了

Webサービスは終了する事がある事を認識する

サービスを使うときはAPI Gatewayを噛ませておくとサービス終了時に即死が回避できるかも

スマホアプリのリリースには審査があるので時間がかかる
変更を即時に吸収出来る仕組みをモバイルアプリ以外に持たせる必要がある
なので、API Gatewayを噛ませておいてそこで変更を吸収する

  • とにかくAPI Gatewayを利用する
  • HTTP Proxy機能(とりあえず通してしまう)
  • サービスを変更したくても向き先を変えるだけ
  • 返却値の変更にもlambdaですぐに対応
  • API Gateway自体にも簡単なマッピング機能あり
  • スロットリングも位前で作ると大変だがあるので便利

サーバレスなAWSアーキテクチャーのみでWebシステムを作ってみた

AWScean 加藤さん

シンガポール向けポイントシステム
– 結合テスト終了システムテスト寸前で大人の事情でプロジェクト中止
– ノウハウは貯まった
– 外向けのAPI Gatewayの場合CognitのAuth Roleでガード出来る

やってみて
– 開発工数は想定の3倍(ほとんどが学習コスト、次は早い)(運用コストは下がる)

所感

今までにない新しく良いやり方でシステムを構築する時に、クラウド移行を阻む課題であった「構築業者がクラウド無理って言っている」、「誰が責任とるの」って議論にぶち当たる事は本当によくあることで、そして本当にどうでもいい議論だと思います。
システムを構築する上で担当者がちゃんと作るという責任を果たせば良いと思います。それだけです。
保障だ、損害だ、賠償がなんだというところばかりに頭が行ってて、これまでのやり方でしか提案出来ない業者さんに高いお金を払って、古いアーキテクトでシステムを作ってもらうメリットってないと思っています。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - study , , ,

ad

ad

  関連記事

DevLOVE関西「プログラミングを楽しく続けるための健康Hack」に行ってきました

DevLOVE関西「プログラミングを楽しく続けるための健康Hack」に行ってきま …

Alexa Day 2018で「How do we connect VUI to the real services using serverless」を聞きました

photo by Atsushi Ando Serverless for VUI …

「Botの王道:配達ピザの注文をさばくBotを2時間で開発するワークショップ@大阪」に参加しました

「Botの王道:配達ピザの注文をさばくBotを2時間で開発するワークショップ@大 …

Developers Summit 2018 「NRIの働き方改革 – 開発スタイルから文化まで変えた軌跡 -」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

「AWS re:Invent報告会 by Yappli」で機械学習を始めてみようという気になった

YappliさんとSpeeeさん合同のre:Invent報告会におじゃましました …

JAWS FESTA 2017 Reverse X re:Birth

JAWS FESTA 2017 中四国 今年はブログタイトル「JAWS FEST …

JAWS DAYS 2018で初めてのランチタイムセッションをやってみました

日本のAWSユーザーグループはJAWS-UGと言います。 JAWS-UGでは年に …

実録 JAWS DAYS 2017 ~RoadTrip,スタッフ,ハンズオンメンターで参加しまして~

今年もJAWS DAYSにいってまいりました。 目次 RoadTripの話ハンズ …

Java SE 7 Silver模擬テストの結果気になる問題をメモ 2015/2/13

違う種類の模擬テスト1回目。 90問中77問正解。 正解率85%。 まだまだ不安 …

JP_Stripes Connect 2019で決済サービスの事例を聞いてきた

JP_Stripes Connect 2019が大阪で開催されるということで、行 …