ヤマムギ

growing hard days.

*

Redmine REST APIを操作するpython_redmineを試してみた

   


Redmine のGUIの登録が面倒なのでコマンドで登録、更新、時間の記録が出来るようにしたい、ってことで、Redmine REST APIをPythonで扱う方法をいろいろ見てみましたが、python_redmineが必要な操作を満たしていて使い勝手が良さそうなので試してみました。

python_redmine

RedmineでREST APIを有効にする

管理者でRedmineにログインして[API]タグ-[RESTによるWebサービスを有効にする]にチェックします。
※バージョンによっては[認証]タグにあります。

API操作に使用するユーザの[個人設定]の右ペインでAPIアクセスキーをコピーして使います。

インストール

pipでインストール出来ます。

基本

「key=」にAPIアクセスキーを指定します。

チケット登録

手入力同様に必須でもデフォルト値のあるフィールドは省略可能です。

project_idはプロジェクトの識別子を指定します。

tracker_id(トラッカー) はtrackerテーブルのレコードで確認します。

assigned_to_id(担当者)はusersテーブルのレコードで確認します。

estimated_hours(予定工数)は時間です。

start_date , due_dateは厳密に日付型で指定します。

チケット更新

該当のチケットIDはredmine.issue.getで取得します。
このチケットIDは画面で確認出来るIDです。

よくあるケースとして、ステータス、期日を変更してみました。

作業時間の記録

activity_id(作業種別)は事前に確認しておきます。

spent_on(作業日)は厳密に日付型なので、datetime.today()ではなくdate.today()を使います。

issue_idにチケットIDを指定します。

今後

Slackからの操作を予定しているので、各IDとかを検索できるコマンドも用意しないと、コマンドだけでは完結しないので、そのへんも作ろうと思います。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - ProjectManagement, Python, Redmine ,

ad

ad

  関連記事

RedmineとGitLabを同じサーバにインストールする

Redmineでプロジェクトに設定できるGitはローカルのみ(Redmineと同 …

SQLAlchemy Session.executeでinsertしてAUTO INCREMENTでセットされたプライマリキーを取得したい

PythohのORMライブラリSQLAlchemyでMySQLにインサートしたレ …

Pandocのテストとして User’s Guideを変換してみる

Pandoc User’s GuideをダウンロードしてHTMLに変 …

「大阪Pythonユーザの集まり」に行ってきました

「大阪Pythonユーザの集まり」 に行ってきました。 あんまりメモ取れてません …

pyenv update で「pyenv: no such command `update’ 」

環境 macOS Sierra 10.12.4 pyenvのアップデート pye …

RedmineにGoogleAppsアカウントでログイン出来るようにする

RedmineのログインをGoogleアカウントで出来るように[redmine_ …

SendGrid(Python)で添付ファイル付きのメールを送信する

SendGridを使って添付ファイル付きのメールを送信するサンプルをPython …

pythonのsqlalchemyで嵌った話

エラーメッセージ InvalidRequestError: SQL expres …

redmine_omniauth_googleプラグインをRedmine3.0.0で動くようにする

redmine_omniauth_googleプラグインをインストールしたところ …

Pepper 開発 ワークショップ初級~中級~番外編に1日で一気に参加した

Pepperの開発方法が知りたかったので、Pepperアトリエ秋葉原 with …