ヤマムギ

growing hard days.

*

Redmine REST APIを操作するpython_redmineを試してみた

   


Redmine のGUIの登録が面倒なのでコマンドで登録、更新、時間の記録が出来るようにしたい、ってことで、Redmine REST APIをPythonで扱う方法をいろいろ見てみましたが、python_redmineが必要な操作を満たしていて使い勝手が良さそうなので試してみました。

python_redmine

RedmineでREST APIを有効にする

管理者でRedmineにログインして[API]タグ-[RESTによるWebサービスを有効にする]にチェックします。
※バージョンによっては[認証]タグにあります。

API操作に使用するユーザの[個人設定]の右ペインでAPIアクセスキーをコピーして使います。

インストール

pipでインストール出来ます。

基本

「key=」にAPIアクセスキーを指定します。

チケット登録

手入力同様に必須でもデフォルト値のあるフィールドは省略可能です。

project_idはプロジェクトの識別子を指定します。

tracker_id(トラッカー) はtrackerテーブルのレコードで確認します。

assigned_to_id(担当者)はusersテーブルのレコードで確認します。

estimated_hours(予定工数)は時間です。

start_date , due_dateは厳密に日付型で指定します。

チケット更新

該当のチケットIDはredmine.issue.getで取得します。
このチケットIDは画面で確認出来るIDです。

よくあるケースとして、ステータス、期日を変更してみました。

作業時間の記録

activity_id(作業種別)は事前に確認しておきます。

spent_on(作業日)は厳密に日付型なので、datetime.today()ではなくdate.today()を使います。

issue_idにチケットIDを指定します。

今後

Slackからの操作を予定しているので、各IDとかを検索できるコマンドも用意しないと、コマンドだけでは完結しないので、そのへんも作ろうと思います。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - ProjectManagement, Python, Redmine ,

ad

ad

  関連記事

Amazon LinuxにRedmine をインストールする(手順整理版)

Amazon LinuxにRedmineをインストールしました手順を記載します。 …

「【第2回】データ分析勉強会(尼崎Pythonの会#1)」に行ってきました

「【第2回】データ分析勉強会(尼崎Pythonの会#1)」に行ってきました。 略 …

redmine_omniauth_googleプラグインをRedmine3.0.0で動くようにする

redmine_omniauth_googleプラグインをインストールしたところ …

SQLAlchemyでjoinする

PythonのSQLAlchemyでMySQLのテーブルをjoinするときの覚書 …

Redmine3.0.0に CSV Importerプラグインをインストールする

バグ管理や開発の現場だけではなく進捗管理などにも重宝出来るRedmine。 その …

Redmine 3.4にAgile Plugin をインストール

過去にも似たような記事を書いていますが、新しいバージョンのRedmine 3.4 …

CentOS 6にPython実行環境を構築

CentOS6(32bit)にPython2.7実行環境を構築した際のメモです。 …

Redmine起動時にPassengerで「Could not spawn process for application」エラー

AWSで起動しているRedmineのEC2をt2.microからt2.small …

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(2)Pepper編~

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結 …

Redmineの作業時間、予定工数をSQLで抽出

プラグインとかでやればいいのかもなのですが、可視化はダッシュボードツールとかBI …