ヤマムギ

growing hard days.

*

「JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレス」の運営をしました

   


JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレスを開催、運営しました〜。

事の発端は昨年11月にコーポーレートサイトの刷新をする際にS3で静的サイトベースで作って、ニュース関連をlambdaでうにょうにょしてってのをやってみて、「サーバーレスなコポレートサイト」的な投稿をしたら、最近刺激的な事例を次々に公開しているあの方から「サーバーレスJAWS-UGやろう」って事でお声がけをいただいての実現、となりました。

会場

会場が今回は紆余曲折ありまして、ご提供いただきましたロックオンさん、AWSJさん、アイレットさん、本当にありがとうございました〜!

3会場同時中継で3名の講師も各会場に1名づつ分かれての登壇となりました。

ロックオン様


AWSJ様

アイレット様

プレミアムフライデー

この日は初のプレミアムフライデーという事もあり街は早めに浮かれつつある気がしてましたが気のせいですかね。
ただ、こんなお店もあって次回からはプレミアムフライデーの日は午後休をとってでも楽しまなければと思った次第です。

内容

今回は後日の資料公開もみなさんなく、図らずも参加された方だけにお送りするスペシャルな内容となったのではないでしょうか。

3名さんともサーバーレスを実際に仕事でやってみて知ったこと、感じたこと、ただのバズワードだけではないサーバーレスの今時点のメリット、デメリットをお話されていました。

サーバーレスに対して色々な見解が出てきている中、私が思いましたのは、あくまでも使う側として無駄なりソースは省きたいし、パッチ適用、再起動、OS/ミドルウェアのアカウント管理、バージョンアップ、こういったものをやらない(やりたくても出来ない)のはメリットがあります。
でもそれだけだと、責任レス、運用レスだけであって、OS/ミドルウェア込みのレンタルサーバーでもいいんですよね。
もちろんそれよりもインフラコストは充分に下がりますし、セキュリティ面もあげやすいですが。
それだけではなく、スケールが容易というか、そもそもスケールするということ、並列処理に適しているということ、マイクロサービス化しやすいこと、がメリットなんじゃないかと思います。
単体での開発コストはあがるかもしれませんが、処理を細かく切って開発しておくことで将来の開発を楽にする事にもつながるわけですし。
あとは、ちょっとしたサービスのために、サーバー立てたくない、起動し続けたくないってとこでしょうか。

参加者の感想はこちら
JAWS-UG大阪 第18回勉強会 サーバーレスのまとめ

リモートでやってるよって感じですね。

前日までリモート開催大丈夫かな?って思ってましたが、やってみるとスムーズに出来たのではいかと思います。

懇親会

人数確定が難しかったのでいつものHUBで


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - event, study , ,

ad

ad

  関連記事

「AWS re:Invent報告会 by Yappli」で機械学習を始めてみようという気になった

YappliさんとSpeeeさん合同のre:Invent報告会におじゃましました …

Windowsでの自動化について考える会に出席させていただいた

2015年2月21日 土曜日 詳細はSlideShareの資料を確認してもらえれ …

Alexa Day 2018で「Alexa Skill Contest」を聞きました

Alexa Day 2018のラストセッションは、「Alexa Skill Co …

「JP_Stipes Osaka meetup vol.1」を運営させていただきました

Stripeのユーザーグループ、JP_Stripesの大阪ミートアップの運営をさ …

Developers Summit 2018 「もしSIerのエンジニアがSRE本を読んだら」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

「DevLOVE関西 ShareWisサービス開発の現場」に行ってきました

DevLOVE関西とは 「DevLOVE関西は素振りの場、現場は実践の場」 いつ …

「はじめての Amazon Lookout for Vision ハンズオン」に参加しました

Amazon Lookout for Visionのハンズオンに参加しました。 …

「今できないことだとしても、やるべきことをやっていく」『挑まなければ、得られない Nothing ventured, nothing gained.』読書感想

「挑まなければ、得られない Nothing ventured, nothing …

「IBM Cloud Community Summit 2018 フルマネージドデータベースというのは使えるのか?IBM Cloudでのデータ活用事例いろいろ」でIBm Cloudのデータベースサービスを聞かせていただいた

IBM Cloud Community Summit 2018におじゃましました …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/5

本日は例外。 いつものごとくマークダウンで記載したのでそのままJetpack M …