ヤマムギ

growing hard days.

*

「Bluemix勉強会 -Watson、Node-RED 最新情報を学ぼう!」に行ってきました

      2017/10/19

「Bluemix勉強会 -Watson、Node-RED 最新情報を学ぼう! 」に行ってきました。

さくらのIoTのお話

さくらインターネット株式会社 植木さん

  • 台湾からのリモートでのご登壇

IoTとは何か

  • 活用範囲が広くて説明がし辛い
  • まだThat is IoTというものがない
  • IoTの役割ならはっきりとしている

sakura.ioの概要

  • 既存の事業領域、スキルセットを変更することなく
  • 収集されたデータの流通を見据えた基盤
  • 通信モジュールとsakura.io間はソフトバンクの専用線の閉域
  • データを迎えに行くという発想
  • データセンター事業者ならではの堅牢性
  • sakura.ioから先へはJSONでデータを連携出来る
  • 通信モジュールはsalura.io専用
  • Node-REDはweb socketを使うことで連携
  • AWS IoT と連携
  • 1モジュールあたり月額60円~
  • 毎月1万回の送受信(128byte)が可能

Node-REDとは

  • ノードを処理単位としてGUIでつなぐ
  • ノンプログラミングで処理をつなぐ

所感

  • IoTそのものの解説を入り口にされていたので理解しやすかった。
  • 何かを売るためには何をすればいいのかを分析するたとえとして「風が吹けば桶屋がもうかる」。
  • 先に何をするためのものかを説明されて、仕組みをそれから説明されていたので、なぜそうなっているのか、「仕組みの理由」がすっと入ってきた。

Node-REDのロードマップや見どころ

株式会社日立製作所 横井さん

  • Node-REDの開発本家のオフィスは貴族の建物
  • Node-REDアプリを作成するとBluemix Cloud Foundaryから最新のモジュールを持ってきて作成される
  • 元々IoTのために作られている
  • タブレットでも開発が可能
  • 複雑な処理はJavaScriptで記述
  • 2014年3月に社内コンテストで開発
  • Bluemixの標準搭載のOSS
  • キーバインドで簡単に操作出来るTipsなど

所感

  • ログイン失敗4回するも楽しそうw
  • Node-REDがOSSだったとは知らなかった
  • 実際にMacにすぐインストール出来た
  • ローカルでNode-RED使えるんだ

Watsonを使ってAIを体感しよう!

日本IBM株式会社 小薗井さん

  • 第二次AI エキスパートシステム(大量の条件分岐)
  • 第三次AI ディープラーニング(モデルを学習させる)
  • Watsonは2010年のクイズ番組でお披露目、それ以前にもチェスのDeepBlue
  • Watson APIサービス
  • CHAT BOT 事例 「LOHACOのマナミちゃん」、「JALのマカナちゃん」
  • みずほ銀行コールセンター アシスタント
  • お好み焼き、大阪風と広島風かを判別させてみたら判別出来た

所感

  • 「JALのマカナちゃん」誘導型のBotで言語処理をWatsonが補完しているのかなと推測。残念ながら単語のチョイスが良くなかったのか会話はあまり続かなかった。

Watson Natural Language Classifier (NLC)を使って勝手に大阪市FAQを機能拡張してみた

日本IBM株式会社 竹内さん

  • WatsonとNode-REDを使ってやってみた例
  • 大阪市のなにわコール FAQ
  • 1,300件のFAQデータをWatson Natural Language Classifierに読ませるので1時間少しぐらい
  • 「大阪マラソンについて知りたい」という質問に対して一番情報がありそうな局を回答、で、「経済戦略局」が95%で、実際に担当者がいる局なので正解。
  • 学習させたCSVには「大阪マラソン」という文字はない。
  • 経済戦略局にはスポーツ系の質問、イベント系の質問が多かったので、それらに反応したのではないか。
  • データの行間を読んで正解を返してくれるシステムが作れる
  • 「ゴジラ来襲」では「危機管理室」がトップ

所感

  • 全文検索ではなく、学習結果による確率を提示しておられました。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study , ,

ad

ad

  関連記事

「JAWS-UG 四国クラウドお遍路」からの特急南風にて変わり続けなければならないなあと思った

「JAWS-UG 四国クラウドお遍路」というAWSのユーザーグループJAWS-U …

「四国クラウドお遍路 2021 -コロナ後の地方創生-」に参加しました

徳島サテライト会場 今年の四国クラウドお遍路 2021 -コロナ後の地方創生-は …

「コミュニティリーダーズサミット in 高知 2021初鰹編」に参加しました

抗体検査陰性、マスク、手洗い、うがい、検温、出入り時の都度アルコール除菌、定期的 …

「DeNA re:Invent 2018 報告会」でエンジニアが伝えたいre:Inventの話が聞けた

DeNAさんのre:Invent報告会に参加しました。 開催されているDeNAさ …

「SORACOM & myThingsを使ったハンズオンセミナー in 大阪」に行ってきました

SORACOM & myThingsを使ったハンズオンセミナー in 大阪に行っ …

Developers Summit 2024「GitHub Copilotは開発者の生産性をどれだけ上げるのか? ZOZOでの全社導入とその効果」を見ました

株式会社ZOZO 技術本部 技術戦略部 CTOブロック テックリード 堀江 亮介 …

Alexaで作る受付システム(Alexa Day 2019でのブログ)

ランチタイムセッション3本目はウフルさん。 たくさんのLEDをコントロールされて …

「gusuku Meetup OSAKA Vol.1」に参加させていただきました

前回のkinotne Cafeの懇親会でふと言った「gusuku Meetupっ …

四国クラウドお遍路 2020 松山サテライト会場に参加しました

四国クラウドお遍路2020に参加してきました。 往路 伊丹空港から飛行機で行きま …

JAWS-UG IoT専門支部「re:invent 2022 Recap(IoT風味マシマシ)」に参加しました

JAWS-UG IoT専門支部の勉強会に目黒で参加しました。 ご案内、説明、会場 …