ヤマムギ

growing hard days.

*

「JAWS-UG in AWS Cloud Roadshow 2017 大阪」で運営をしました

      2018/01/01


AWS Cloud Roadshow 2017 大阪のナイトイベントで、「JAWS-UG in AWS Cloud Roadshow 2017 大阪」というのがあるのですが、運営をやらせていただきました。

とりあえず前々日の直前打ち合わせで、当日使うプログラムが一つ、誰も作ってないということが発覚して、当日の朝から作成しました。
Amazon Rekognition。簡単、便利!です。
数時間もあれば出来てしまいます。
詳細は「Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る」をご参照ください。

Cloud Roadshowでは、AWSJさんのご提供で飲み物をご用意いただけます。

ありがたや。
ありがたや。

今年は食事もすごく豪華でした。

ありがたや。
ありがたや。

本編が始まったので、準備をしたり、参加者の写真を撮らせてもらったりしました。

そして、撮った写真をアップロードしたり、なんやかんやしてます。

1位の発表です。
これ、すごく良く出来たと思います。
みんな納得の結果だったんじゃないでしょうか。

少し仕組みの解説もさせていただきました。
だいたいは擬音で説明出来ました。

景品を渡したり、ステッカーを配ったりしてます。
なんか楽しそうです。

片付け中です。
ちょいお疲れです。

そして懇親会に向かいます。
すごく楽しそうです。

懇親会1件目です。
すごく楽しそうです。

懇親会2件目です。
すごく楽しそうです。

コンテンツを考えて、準備をして、当日の案内をしたり、で、なんだかんだ自分が楽しんでいるのですが、参加者の人たちに、サービスを体験してもらったり、何か持ち帰ってもらえたらな、と思います。

あと、写真を撮り忘れてましたら、ライブコーディングは盛り上がりました。
また、やりたいですね。

@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。 質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。 出来る限りなるべく答えます。 このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。 また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS, event, study ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

AWS Cloud Roadshow 2016 Osaka Night Event ミッドナイトJAWS

AWS Cloud Roadshow Osaka 2016のナイトイベントでミッ …

MySQL勉強会 in 大阪(第10回)に行ってきました

MySQL勉強会 in 大阪(第10回)に行ってきました。 オプティマイザー、G …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …

Developers Summit 2018 「本番環境で使うContainer – Amazon ECS, AWS Fargate, Amazon EKS」を聞きました

※写真は展示のAmazon Echo とルンバです。 以下は、思ったことや気にな …

EC2とRDSのMySQLを他のAWSアカウントへ移設する

他のAWSアカウントへシステムごと移設した場合の手順です。 構成はEC2とRDS …

Java SE 7 Silver 試験対策セミナーで模擬問題の解説をマークダウンでメモってみた

Java SE 7 Silver 試験対策セミナーに行って、模擬問題にチャレンジ …

DevLOVE関西 「サイボウズ開発の現場」に行ってきました

DevLOVE関西 「サイボウズ開発の現場」に行ってきました 所感 「KAIZE …

Amazon Elasticsearch ServiceにMySQLのデータを投入してkibanaで可視化してみる

MySQLのデータの可視化にAmazon Elasticsearch Servi …

Amazon LinuxにRedmine 環境構築(エラーと対応をそのまま記載版)

Amazon Linuxにgit + Redmineの環境を構築してみます。 自 …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (6) Twilioからの電話受付と登録処理

作るところ 電話がかかってきてTwilioで受け付けてStepFunctions …