ヤマムギ

growing hard days.

*

Developers Summit 2018 「自然言語処理・機械学習を活用したファクトチェック業務の支援」を聞きました

      2018/02/21


以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容やご意見ではないことを、ご承知おきください。

スピーカーはスマートニュースの小宮さん

「フェイクニュース」と「ファクトチェック」とは

まず、「フェイクニュース」と「ファクトチェック」についての説明からでした。


フェイクニュースとは、意図的に虚偽の言説を含んだ情報。意図的でないものはフェイクニュースではない。


ファクトチェックとは公表されている言説に対して事実として正確かを検証すること。
フェイクニュースだけでなく色々なものが対象で、報道機関のニュース、webメディア発信、SNSの一般人の発言も。
「正しい/間違い」だけをチェックするのではなく、対象は何か、事実化誤りか、不正確か、ミスリーディングか、裏付けは何かなどをチェックする。

発信情報から探索情報(検索、フィルタリング、機械的に補足、1日1万以上)、端緒情報(人手のよるスクリーニング、探索情報1,000件あたり数件)を経てファクトチェック記事(予備調査、裏付け)を公開するまでが一連の手順。

探索情報の中から端緒情報を探し出すのは量的に辛い。

ファクトチェック支援システム検証

ファクトチェック支援システムの検証をしたのでここからはその話。


発信媒体はインターネットに限定、データソースはTwitter。

入力を探索情報にして、出力は端緒情報の可能性数値。
なので正例は端緒情報である、誤例は端緒情報でない、となる。
ファクトチェッカーはこの可能性数値が高い情報からスクリーニングする。


前処理で、ツイートからノイズとなる情報(タイトル、ハッシュタグなど)を除去する。


分かち書きしてEmbeddingして予測するという流れ。

構成

オライリーの「仕事ではじめる機械学習」がおすすめの書籍。


GUIは探索結果を表示、
CollectorはTwitter APIでツイートを収集、
Learnerは学習用データセットをもとにモデルを構築する。
Predictorはモデルに基づいて端緒情報である確率を予測する。


Docker / Kurbernetesを利用してプロビジョニング、デプロイしている。

ファクトチェック・イニシアティブ活動は参加、支援出来るらしい。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー2年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - study

ad

ad

  関連記事

「Talend ハンズオンセミナー」に行ってきました

目次 TalendとはTalend Open Studio(TOS)と商用版の違 …

実録 JAWS DAYS 2017 ~RoadTrip,スタッフ,ハンズオンメンターで参加しまして~

今年もJAWS DAYSにいってまいりました。 目次 RoadTripの話ハンズ …

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってきました

「雲勉 第1回【勉強会:新技術好き!】AWSマネージドサービス勉強会」に行ってき …

「JAWS-UG 四国クラウドお遍路」からの特急南風にて変わり続けなければならないなあと思った

「JAWS-UG 四国クラウドお遍路」というAWSのユーザーグループJAWS-U …

Java SE 7 Gold対策勉強をしながらメモ 2015/9/1

さて、9/26の試験を目指して久しぶりに試験勉強を始めます。 今月は非常に忙しい …

トラックボールユーザー集合!確実に何かが始まった日。

Logcool社のトラックボールマウス M570や他のトラックボールマウスを愛用 …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

目次 作る部分kintoneテンプレートからアプリを作成するアプリIDの確認とア …

「IoTの法律勉強会 第1回」に行ってきました

「IoTの法律勉強会 第1回」に行ってきました。 「関西のIoTを盛り上げよう」 …

「 MonotaRO Tech Talk #1」に行ってきました

モノタロウさんの「MonotaRO Tech Talk」に行ってきました。 ビー …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (6) Twilioからの電話受付と登録処理

目次 作るところプログラムの解説Lambda関数の作成API Gatewayの作 …