ヤマムギ

growing hard days.

*

JAWS DAYS 2018で初めてのランチタイムセッションをやってみました

      2018/07/16


日本のAWSユーザーグループはJAWS-UGと言います。
JAWS-UGでは年に2~3回、日本全国のユーザーが集まる大きなイベントがあります。
そのうちの1つであるJAWS DAYS 2018が今年は3/10にTOC五反田メッセで開催されました。

そこで今回、所属する会社にスポンサーをやってもらって、ランチタイムセッションも出来ることになりましたので、JAWSで初めて自社の話をすることになりました。

私がやっている仕事はAAI(AWS Authorized Instructor)です。
転職してはじめてお会いする方、お会いすることじたいはじめての方、も多々いらっしゃるので自己紹介も兼ねて、
「AWS認定インストラクターはじめました」というタイトルのセッションをしました。
ちなみにこちらの資料は公開していません。

よく使っている会社の先輩の写真「トレイの毛糸」を今回も使わせていただきました。
やや受けです。勝手に写真を使っている以上、すべらせるわけにいかないです。

で、どんな話かというと、AAIってどんなトレーニングコースを担当してて、そのコース受けると何がわかるの?
って話です。

なのでメリットを知り、メリットを活かすためにベストプラクティスやWell-Architected Frameworkを知ることはすごく大事です。

そして、自分がなぜこの仕事をしているかというと、おこがましい言い方ですが、AWSを使う使わないは別として、「AWSを使える人」に増えてほしいなと思っています。
選択肢のに一つとして正しい知識をもったうえで検討してもらうことがスタンダードになればと思っています。

ありがたいことに、この日、チラシデスクに置いていたチラシや小冊子は全部なくなりました。
チラシを配布しない、というのもJAWS-UGのイベントの特徴ですね。
興味のある人はちゃんと持って帰ってくれるので押し付けないですね。

また、後日には、地方の勉強会で弊社の名前をスライドに載せていただいている方もおられたとか。
ありがたや。ありがたや。
自分にとっても転職してすぐ稼働しまくってた中で改めて自分の立ち位置を振り返ることの出来た貴重な経験でした。

これからも個人としても運営などそうですが、会社としてもスポンサー協力をしていきたいと思いました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - event, study , ,

ad

ad

  関連記事

VUIがもたらすUXの不可避な流れを感じた日

「INEVITABLE ja night インターネットの次にくるもの 第 4 …

第17回 人工知能研究会 「今後のDeepLearning技術の発展とビジネス応用」に行ってきました

第17回 人工知能研究会 「今後のDeepLearning技術の発展とビジネス応 …

四国クラウドお遍路 2020 松山サテライト会場に参加しました

四国クラウドお遍路2020に参加してきました。 往路 伊丹空港から飛行機で行きま …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/1

本日は繰り返し処理。 配列や演算でひっかけてくる問題に苦戦。 繰り返しだけに頭を …

kintone hiveで改めてkintoneの破壊力を見た

kintone hiveとは 「日頃から業務の中でkintoneを活用しているユ …

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く未来~」に行ってきました

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く …

2018年もありがとうございました

今年も皆さまありがとうございました。 ということで、まだもうちょっといろいろやる …

「LINE Bot x AWS CDKハンズオン」に参加しました

CDK久しぶりに触る気がします。 今作ろうと思っている環境がCloudForma …

No-Code JP 第0回で様々な熱い言葉を聞いて思ったこと

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …

2019年もありがとうございました!

今年も皆さまありがとうございました。 2019年振り返りです〜 ブログ 投稿記事 …