ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Network Firewallの入門

      2021/10/05


公式のGetting started with AWS Network Firewallを参考に試してみました。

構成

最終形はこうなるように試してみました。
VPCのサブネットはあらかじめ作成しておきました。

ルールグループの作成

ステートレスルールを選択して作成しました。
キャパシティはチュートリアルどおり10にしました。

これもチュートリアルどおり、アクションはドロップで、指定のCIDRを設定しました。

これでステートレスルールの設定は完了です。
存在しないIPアドレスに設定しても面白くないので、後に送信元をVPCのCIDRにして、実在するWebサーバーへの送信をブロックしてみました。

ステートフルルールも作成しました。
5-tuple、Domain list、Suricata互換のIPSルールから選択できますが、Suricata互換のIPSルールを選択しました。

stateful rule is invalid, rule: drop tls $HOME_NET any -> $EXTERNAL_NET any (tls.sni; content:”evil.com”; startswith; nocase; endswith; msg:”matching TLS denylisted FQDNs”; priority:1; flow:to_server, established; sid:1; rev:1; gid:255;) , reason: GIDs are not allowed. Illegal option(s): [gid:255]

チュートリアルの上記のルールでは、gidをサポートしてないってエラーになったので、最終的にgidを抜いて作りました。

ステートフルとステートレスのルールができました。

ルールポリシーの作成

先程作ったステートレスルールとステートフルルールを選択しました。

ファイヤーウォールの作成

Network Firewall用に作成したサブネットを指定しました。

さきほど作成したポリシーを関連付けしました。

ログの設定

アラートが出力されるように設定しました。

ルートテーブルの設定

以下を追加しました。

IGWイングレスルートテーブル

FirewallエンドポイントのVPCエンドポイントIDをターゲットとして、NATゲートウェイが配置されたサブネットを指定しました。

Firewallエンドポイントのサブネット

0.0.0.0/0へのターゲットにインターネットゲートウェイを指定しました。

NATゲートウェイのサブネット

0.0.0.0/0へのターゲットにFirewallエンドポイントのVPCエンドポイントIDを指定しました。

プライベートサブネット

従来のプライベートサブネットと変わりなく、NATゲートウェイへ向けています。

確認

SSMManagedInstanceCoreポリシーをアタッチしたIAMロールを設定したEC2インスタンスをプライベートサブネットで起動して、セッションマネージャで接続しました。

Suricata互換のIPSルールでは、どうやら”https://evil.com”へのリクエストがブロックされるのかなと思い試しました。
念の為、手元のMacからは、https://evil.comもhttps://www.evil.comも接続できることを確認しています。

ステートフルルールが効いているようです。

CloudWatch Logsにもalertログが出力されていました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

WordPressのwp-login.php , xmlrpc.phpへのアクセスをAWS WAFで接続元IPアドレスを制限する

AWS CloudWatch LogsエージェントでAmazon EC2上のNg …

AWS Global Acceleratorでアクセラレーターを作成する

バージニア北部、東京、大阪のEC2インスタンスをエンドポイントにして作成してみま …

EC2とRDSのMySQLを他のAWSアカウントへ移設する

他のAWSアカウントへシステムごと移設した場合の手順です。 構成はEC2とRDS …

X-Ray SDK for Python でライブラリへのパッチ適用

boto3でのAWS呼び出しとrequestsでの外部API呼び出しにパッチ適用 …

S3 過去のオブジェクトバージョンをコピーしてロールバックしました

バージョニングを有効にしているS3バケットで、オブジェクトを以前のバージョンに戻 …

AWSアカウントの解約

アカウント作成メニュー確認のために作成したAWSアカウントを解約しました。 使っ …

Amazon S3バケットでMFA Deleteを有効にする

バージョニングが有効なバケットでバージョン削除でMFA Deleteを有効にして …

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

AWS東京リージョンのAZ(apne1-az1)障害時の当ブログで発生していたことの記録

日本時間2/19 23:01頃より、東京リージョン、特定AZの1つでEC2インス …

RDSの拡張モニタリングを有効にしました

RDS for MySQLです。 変更メニューで、[拡張モニタリングを有効にする …