ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon Pinpoint Workshopの1(Eメール)

      2021/04/20


Amazon Pinpoint Workshop

ここ数年、AWS re:Inventのハンズオンでは、Web上のxxxx.workshp.awsというURLに手順があることが多かったです。

この各Workshopですが、Googleで「サービス名 Workshop」で検索すると出てきます。
もしかするとどこかにリンク集や検索ページのような入口になるページがあるのかもしれませんが。

Pinpointちゃんと触ったことがなかったのでやってみます。

Pinpointはユーザーエンゲージメントサービスのようです。
ユーザーにDMを送信したり、キャンペーンを設定したり、アプリケーション上での行動分析を行うことができそうです。
多機能なので何回かに分けて記録します。

まず一回目はプロジェクトの作成からEメール関連機能です。

プロジェクトの作成

スタート画面で、プロジェクト名を入力して[プロジェクト作成]ボタンを押下しました。
今回はYamamugiというプロジェクトにしました。

設定ダッシュボードのような画面になりました。
この画面を見るだけでざっと何ができるサービスなのかが想定できそうです。

Eメールの設定

Workshopの手順どおりに進めますので、左のペインから辿ります。

まず、[設定]-[Eメール]-[IDの詳細]で[編集]を押下しました。

[このプロジェクトのEメールチャネルを有効にする]にチェックを入れました。

IDタイプはEメールにしました。
DNS設定でドメインまるごと検証することもできるようです。
メールの機能はSES(Simple Email Service)を使っているのでSESに登録済のメールが選択できました。

メールの送信

作成したチャネルを使って送信テストをします。

[メッセージングをテスト]を選択してEメールでテスト送信を設定します。

送信先に4つのメールアドレスを入力しました。
この時点ではプロジェクトはサンドボックス環境にあって、テスト目的でしか使用できません。
テスト利用のため以下の制限があります。

  • Eメールは、検証済みアドレスおよびドメインからのみ送信できます。
  • 検証済みEメールアドレス、またはメールボックスシミュレーターと関連付けられたアドレスのみにEメールを送信できます。
  • 最大で24時間あたり200メッセージを送信できます。
  • 最大で1秒あたり1メッセージを送信できます。

2つ目の制限があるため、送信先も検証済みの宛先のみ許可されます。
私の環境ではSESでドメイン検証しているアドレスがあるので、そこに送信しました。
検証していないメールアドレスに送信しようとすると「Email address is not verified」というエラーになりました。
テストが完了してプロジェクトを本番利用するときには、クォーター引き上げリクエストをする必要があります。

ちゃんとメールが届いていました。

[分析]-[トランザクションメッセージング]で、送信、配信、開封などの統計が見れました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS

ad

ad

  関連記事

RDSスナップショットのS3エクスポート結果確認

RDSのスナップショットをS3へエクスポートが日本語マネジメントコンソールでもで …

EFSのマウントターゲットがデフォルトで作成されるようになってました

ひさしぶりにAmazon EFSファイルシステムを作成しました。 作成手順がすご …

Amazon API Gatewayでモックを作る

超シンプルなAPI Gatewayのサンプルがほしかったので、ユーザーガイドの手 …

EC2 Auto ScalingカスタムメトリクスのモニタリングにCloudWatch検索式が便利でした

EC2 Auto Scalingで起動したインスタンスのカスタムメトリクス この …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

CloudFrontのカスタムヘッダーがなければALBのルーティングで503レスポンスを返す

大阪リージョンにはWAFがまだないです(2021年4月現在) 今のこのブログの構 …

kintoneで設定したスケジュールにあわせてlambda(python)からSQSへメッセージを送る

EC2の起動停止をそろそろ手動でやるのも疲れてきそうなのと、やはり停止するのを忘 …

API GatewayをトリガーにしたときのLambdaリソースベースポリシー

先日、SwaggerからAPI Gatewayを作ったときに、API Gatew …

PyCharmにAWS Tool kitをインストールしてサンプルのLambda関数をデプロイして実行しました

この記事はJetBrainsIDE Advent Calendar 2018に参 …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …