ヤマムギ

growing hard days.

*

「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」の出版が確定したのでAmazon著者セントラルに登録した

      2019/03/10


初の執筆本、「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」の出版が確定いたしました。
2019年4月16日にSBクリエイティブさんから出版されます。
2019年3月1日にAmazonでページが出来ました。
同時に私の著者情報もAmazonに登録されたようですので、せっかくなので著者ページを作りたいと思います。

AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー

「商品の説明」より
AWS(Amazon Web Services)を活用・構築する知識を持っていることを証明するのがAWS認定です。「AWS認定 クラウドプラクティショナー」は、エンジニアだけでなくマネージャーや営業職など、さまざまなポジションを対象とした新しい試験で、AWSクラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できるようになることが求められます。
本書はその「AWS認定 クラウドプラクティショナー」向けの試験対策教科書です。AWSを利用していくのに必要となる「クラウドの概念」「セキュリティ」「テクノロジー」「請求と料金」といったカテゴリを、しっかり丁寧に解説しています。
実際に豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、試験の合格のポイントになる知識と解答の考え方が理解できるように構成しています。さらに、練習問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。

著者名に名前でリンクが出来ていますが、クリックしても「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」とその他おすすめ商品が表示されるだけです。

ですので著者ページを作っていきたいと思います。

Amazon著者セントラルへの登録

Amazon 著者セントラルへアクセスします。

著者セントラルに参加してログインします。

著者名は本のページでは会社名も入っていますが、とりあえず姓名のみにしてみました。
ちゃんと検索されています。

同姓同名の方の本(TOEIC関連)も検索されていますが、これは私が書いた本ではないので、「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」のみ「これが私の本です」をクリックします。

どうやら、拒否されました。
問い合わせをすると、アカウントの名前と著者名を一致させる必要があるとのことで回答がありました。

出版社にお願いして、著者名を会社名なしの表記に変えていただきました。

通りました。
「私です」

そして著者編集ページにアクセスできたので、写真と略歴を追加。
あとは完成を待ちます。

完成しました。
https://www.amazon.co.jp/l/B07PK87745

著者セントラルページでは、ランキングも見れるのですね。

まだ、販売前なので発表されたときに少しあがってそこから下がってます。
発売したらあがってくれることを期待します。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー2年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

Amazon SES(Simple Email Service)でメール受信時のアクションでLambdaを実行して渡されるデータを見てみる

Amazon SESで受信したメールをS3に保存して、S3のトリガーでLambd …

Amazon CloudSearchにAWS Lambda(Python)からデータをアップロードする

このブログはゆるっとアドベントカレンダー Advent Calendar 201 …

AWS LambdaのSQSへの自前ポーリングをやめてSQSイベントソーストリガーに変更した

以前は、LambdaがSQSからメッセージを受信するには、キューをポーリングして …

DS18B20センサー+Raspberry Piで取得した温度をAmazon Kinesis FirehoseからS3へ格納してAthenaでクエリーしたのをQuickSightで可視化する

JAWS DAYS 2017でやりますハンズオンの「[IoTハンズオン] Ras …

サイトのHTTPステータスを5分おきにチェックして200以外ならSlackに通知する

すいません。ここ最近出費が重なりまして、某監視サービスのプランを有料プランからF …

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …

EC2にSystems MangerからCloudWatchエージェントをインストール

目次 CloudWatchエージェントIAMロールの作成EC2にSSMエージェン …

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(1)AWS編~

Pepperの機能を使えるところは使って、何かしたいなあと思ってまして。 目(カ …

AWS Lambda(Python3)でSelenium + Chrome Headless + でwebスクレイピングする

インターネット上に公開されている情報をDynamoDBにつっこみたいだけなので、 …