ヤマムギ

growing hard days.

*

kintoneに登録されたアカウントの電話番号にGoogleカレンダーの予定をAmazon Pollyが読み上げてTwilioから電話でお知らせする(AWS Lambda Python)

      2017/05/07


Google Calendar Twilio Reminder

Googleカレンダーの予定を電話音声でリマインダーします。

  • 対象とするGoolgeアカウントと受電する電話番号はkintoneに登録します。
  • トリガーはAmazon CloudWatchで毎時0分にAWS Lambdaを実行します。
  • Googleカレンダーの予定はAmazon PollyがMP3ファイルを生成してS3に格納します。
  • Googleカレンダーは使用するサービスアカウントに閲覧権限を設定します。

ソースコードはGitHubに置いてます。

各APIの説明はAPIごとにブログ記事に書いてます。
以下をご確認ください。

以下、簡易説明です。

kintoneアプリの作成

以下の項目を持つアプリを作成します。

フィールド名 フィールドコード タイプ 内容
メールアドレ calendar_id 文字列(1行) Googleアカウントのメールアドレス
電話番号 tel_number 文字列(1行) Twilioからかかってくる先の電話番号
無効 invalid チェックボックス 選択項目は「無効」のみ

※「無効」は設定を無効にするための項目です。レコード削除でも同じです。

Googleカレンダー

Google Developers ConsoleでCalendar V3 APIを発行してサービスアカウントを作ります。
認証キーはjson形式にしてソースコードと同じフォルダに配置します。
対象のカレンダーに作ったサービスアカウントに閲覧権限を設定します。

AWS Lambda

ソースコードをダウンロードして、requirements.txtに記載のパッケージをソースコードと同じフォルダにインストールしてzipで固めて、Lambdaにアップロードします。

AWS Lambdaに設定する環境変数

変数名 設定値
TIME_LAG 予定を何時間前に通知するかを設定します
TIME_ZONE Asia/Tokyoなど
BUCKET_NAME Amazon Pollyが生成するMP3ファイルを格納するS3バケット名
BUCKET_REGION ap-northeast-1など S3バケットがあるリージョン名
VOICE_ID Amazon PollyのボイスID 日本語なので Mizuki
POLLY_REGION Amazon Pollyのリージョン名
KINTONE_DOMAIN kintoneのドメイン xxx.cybozu.com
KINTONE_APP kintoneのアプリの数字
KINTONE_HEADERS_KEY X-Cybozu-API-Token
KINTONE_API_KEY kintoneのAPIキー
KINTONE_BASIC_HEADERS_KEY Authorization
KINTONE_BASIC_HEADERS_VALUE kintoneベーシック認証のキー(Basic)で始まる
DOMAIN Googleのドメイン GSuiteは独自ドメイン、フリーアカウントはgmail.com
GOOGLE_SERVICE_ACCOUNT_ID GoogleのサービスアカウントID
TWILIO_ACCOUNT_SID TwilioのアカウントSID
TWILIO_AUTH_TOKEN Twilioのトークン
TWILIO_FROM_NUMBER Twilioの発信元電話番号

最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS , , , , , , ,

ad

ad

  関連記事

AWS Summit Tokyo 2017 Day3 開場~基調講演~Dev Day Night

AWS Summit Tokyo 2017 参加2日目のDay3です。 基調講演 …

AWS Summit 2017 Tokyo Day2 開場~基調講演

昨年に引き続き今年もAWS Summit Tokyoへ行ってきました。 朝一の新 …

EC2にSystems MangerからCloudWatchエージェントをインストール

目次 CloudWatchエージェントIAMロールの作成EC2にSSMエージェン …

AWSアカウント内特定リージョン内のDynamoDBテーブルを全削除するLambda(Python)

目次 やりたいことPythonソースコード やりたいこと タイトル通りですが、特 …

Selenium, Headless ChromeとAWS Lambdaで夜な夜なスクレイピング

このようなアーキテクチャで、Alexaスキルの開発を進めていまして、元となる情報 …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightでの可視化 – 仕組み編

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかった …

Lucidchart AWSアカウントからインポート機能で自動作図

SNSでLucidchartというサービスが話題になってました。 AWSの環境を …

PyCharmにAWS Tool kitをインストールしてサンプルのLambda関数をデプロイして実行しました

この記事はJetBrainsIDE Advent Calendar 2018に参 …

AWS Lambdaで Unable to import module エラーが発生したときは

そもそも、Pycharmのナビゲーションペインでディレクトリごとドラッグ&amp …

kintoneで設定したスケジュールにあわせてlambda(python)からSQSへメッセージを送る

EC2の起動停止をそろそろ手動でやるのも疲れてきそうなのと、やはり停止するのを忘 …