ヤマムギ

growing hard days

*

kintoneに登録されたアカウントの電話番号にGoogleカレンダーの予定をAmazon Pollyが読み上げてTwilioから電話でお知らせする(AWS Lambda Python)

      2017/05/07


Google Calendar Twilio Reminder

Googleカレンダーの予定を電話音声でリマインダーします。

  • 対象とするGoolgeアカウントと受電する電話番号はkintoneに登録します。
  • トリガーはAmazon CloudWatchで毎時0分にAWS Lambdaを実行します。
  • Googleカレンダーの予定はAmazon PollyがMP3ファイルを生成してS3に格納します。
  • Googleカレンダーは使用するサービスアカウントに閲覧権限を設定します。

ソースコードはGitHubに置いてます。

各APIの説明はAPIごとにブログ記事に書いてます。
以下をご確認ください。

以下、簡易説明です。

kintoneアプリの作成

以下の項目を持つアプリを作成します。

フィールド名 フィールドコード タイプ 内容
メールアドレ calendar_id 文字列(1行) Googleアカウントのメールアドレス
電話番号 tel_number 文字列(1行) Twilioからかかってくる先の電話番号
無効 invalid チェックボックス 選択項目は「無効」のみ

※「無効」は設定を無効にするための項目です。レコード削除でも同じです。

Googleカレンダー

Google Developers ConsoleでCalendar V3 APIを発行してサービスアカウントを作ります。
認証キーはjson形式にしてソースコードと同じフォルダに配置します。
対象のカレンダーに作ったサービスアカウントに閲覧権限を設定します。

AWS Lambda

ソースコードをダウンロードして、requirements.txtに記載のパッケージをソースコードと同じフォルダにインストールしてzipで固めて、Lambdaにアップロードします。

AWS Lambdaに設定する環境変数

変数名 設定値
TIME_LAG 予定を何時間前に通知するかを設定します
TIME_ZONE Asia/Tokyoなど
BUCKET_NAME Amazon Pollyが生成するMP3ファイルを格納するS3バケット名
BUCKET_REGION ap-northeast-1など S3バケットがあるリージョン名
VOICE_ID Amazon PollyのボイスID 日本語なので Mizuki
POLLY_REGION Amazon Pollyのリージョン名
KINTONE_DOMAIN kintoneのドメイン xxx.cybozu.com
KINTONE_APP kintoneのアプリの数字
KINTONE_HEADERS_KEY X-Cybozu-API-Token
KINTONE_API_KEY kintoneのAPIキー
KINTONE_BASIC_HEADERS_KEY Authorization
KINTONE_BASIC_HEADERS_VALUE kintoneベーシック認証のキー(Basic)で始まる
DOMAIN Googleのドメイン GSuiteは独自ドメイン、フリーアカウントはgmail.com
GOOGLE_SERVICE_ACCOUNT_ID GoogleのサービスアカウントID
TWILIO_ACCOUNT_SID TwilioのアカウントSID
TWILIO_AUTH_TOKEN Twilioのトークン
TWILIO_FROM_NUMBER Twilioの発信元電話番号
@yamamanx
開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算8年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

 - AWS , , , , , , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Amazon LinuxにRedmine をインストールする(手順整理版)

Amazon LinuxにRedmineをインストールしました手順を記載します。 …

Amazon Linux にnodejsとmongoDBをインストールする

EPEL リポジトリを利用してnodejsとnpmをインストールする [cray …

AWS EC2 インスタンスステータスのチェックで失敗して起動しなくなり復旧

EC2のインスタンスに接続出来なくなったので、AMIから作成してElastic …

slackのbotにWikipediaを調べてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotに少しでも役に立ってもらおうと、Wikipediaを調べてもら …

AWS EC2 でインスタンスにIPアドレスを紐付ける

AWS EC2で作ったサーバは何もしなければ起動するたびにIPアドレスが変わって …

Route53でドメインを新規取得してDNSレコードを設定する

Elastic IPをAWSで発行しているのですから、DNSの設定も同じようにマ …

slackのbotに天気を教えてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotにAPIの定番ともいえる天気情報を教えてもらいました。 環境は …

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定する

何のためでもいいのですが、ドメインは持っているけど、そのドメイン宛にメールを送ら …

Amazon EC2のAMIイメージを自動取得して保持日数が過ぎたら削除

画像の保存をEC2に戻した事もあってEC2のバックアップの自動取得を勉強がてらや …

AWS Summit 2016 Tokyoに参加してきました (Day3)

飛天3日目です。 JAWS-UGブースのすぐ前にあったこのお水がめちゃめちゃおい …