ヤマムギ

growing hard days.

*

「Vonage Meetup in Osaka」に参加しました

   

2024/5/28にVonage Meetup in Osakaに参加しました!

いつも素敵な会場ご提供のR3インスティテュートさんのgusuku Ashibinaa Osakaで開催でした。
Ashibinaaとは「遊び場」という意味だそうです。

「Vonageとkintoneで顧客接点を最適化しよう」

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ エバンジェリスト: 高橋克己さん

□い芸人の高橋さん。
赤い芸人から次は色にするよりもどんな色でも入るようにと、「□い芸人」としたそうです。
高橋さんがkintoneを好きな理由は、REST API、JavaScript API、Webhookがあるから。
そしてVONAGEとも組み合わせでAPIエコノミーな世界へ。

よく言われるDXの効果として、「業務効率化」「情報可視化」などがあるが、それだけでは足りない。
「コスト削減」「売上/利益向上」「ウェルビーイング」が必要。
このような本質的なDXを実現するためにVonageと組み合わせて作ったのが、kintone架電プラグイン。
架電リストから効率的に架電を実現する。

電話をkintoneから発信して、通話時間や電話での録音データを文字起こししてkintoneフィールドへ記録する。
かけ間違いがなくなる。
電話の記録と売上などの関係を分析できる。

VonageにはVoice APIという音声認識機能もある。
In-App Voiceでブラウザを電話として扱っている。
認証のためのVerify APIや、監査向けの管理向けのAPIもある。

Voice APIなどアプリケーションで主に使用するAPIがコミュニケーションAPI。
AI Studioでドラッグ&ドロップにより電話のフローを作ることもできる。

Vonageは「ボネージ」と読むそうです。
ネジで覚えれば良い!なるほど!

導入事例紹介:「Vonage Verify AP導入の背景や決め手」

コープきんき事業連合 マーケティング企画部 インターネット事業グループ
マネージャー 楠本 慎一郎さん

生活協同組合のコープきんきさん。
生活協同組合は消費者1人1人が出資して組合員となって利用する。
コープきんきさんは7つの生協事業が集まっている連合。

eフレンズという宅配事業ECサイトがある。
そこに対してIPAから「登録時の認証について秘匿性が低い」という指摘があった。
もともと組合員コードと電話番号の2つでECサイトへの登録をしていたが、両方とも情報として秘匿性が低い。

電話番号に対してSMSを使って2段階認証を実装することにされた。
そして開発ベンダーの提案でAmazon Pinpointで実装しようとしたが、コスト的にあわなそうだった。
展示会でVonageを知られて、利用コストと開発負荷、運用コストが低いVonageを採用された。

LT: 「VonageコールセンターとLINE通知メッセージを利用したコールセンター構築についての構想」

株式会社LINEヤフー 鈴木敦史さん

LINEメッセージは電話番号で重要性の高いメッセージをユーザーに通知するサービス。
佐川急便さんから来るメッセージなど。

Vonageに電話がかかってきたら、そこからLINEメッセージを自動で呼び出すこともできる。
他社電話API+SMSよりもVonage+LINEメッセージのほうがコストは低いかも。

例えば予約システムに対して、リマインダーや不測な事態の連絡を自動化して効率化できるかも。

LT: 「How to -1.0」

痛快技術株式会社 田中雅也さん

VONAG KWCに契約されてきた田中さん。
契約申し込み時に知られたTipsを発表されていました。

感想

Vonageを使うことで、開発負荷を下げ、運用負荷が下がるという、SaaS、マネージドAPIサービスのメリットがあります。
「作らず選んで使う」そのための選択肢として、何ができるかと使い方をもっと知っておく必要がありそうです。
あと、利用料金が従量課金で安価なのもポイントになりそうです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study ,

ad

ad

  関連記事

「JAWS-UG京都 最新のAIを本気で学ぼう」に参加しました

前日 京都タワーの地下のフードホールで運営メンバーのみなさんとご飯食べてました。 …

コミュニティリーダーサミット in 高知 2024初鰹編に参加しました

13回目のCLS高知に参加しました! 今回は220人もの方が参加されているそうで …

ヤマムギvol.18 AWS CloudFormationのデモをしました

ゴールデンウィーク10日連続朝30分のデモチャレンジ6日目です。 90名さんもの …

第17回 人工知能研究会 「今後のDeepLearning技術の発展とビジネス応用」に行ってきました

第17回 人工知能研究会 「今後のDeepLearning技術の発展とビジネス応 …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/5

本日は例外。 いつものごとくマークダウンで記載したのでそのままJetpack M …

Developers Summit 2024「GitHub Copilotは開発者の生産性をどれだけ上げるのか? ZOZOでの全社導入とその効果」を見ました

株式会社ZOZO 技術本部 技術戦略部 CTOブロック テックリード 堀江 亮介 …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (5) LINEからの投稿へ返信と登録処理

作る部分 LINEからのメッセージを受けて各APIより返信し、StepFunct …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …

2018年もありがとうございました

今年も皆さまありがとうございました。 ということで、まだもうちょっといろいろやる …

DevLOVE関西「事業会社の現場を知ろう~モノタロウ編~」に行ってきました

DevLOVE関西「事業会社の現場を知ろう~モノタロウ編~」 モノタロウさんプラ …