ヤマムギ

growing hard days.

*

「UbieとSmartHRが語る プロダクトデザイナーのリアル」に参加しました

   

UbieさんとSmartHRさんの「UbieとSmartHRが語る プロダクトデザイナーのリアル」に参加しました。

会社紹介

Ubie

症状検索エンジンアプリユビーと医療機関向けユビーAI問診を提供されているUbieさん。
個人は早期受診、早期発見ができない、医療機関は最新の医学情報すべてをキャッチアップし続けるのは難しい。
これらの課題をそれぞれのソリューションで解決されている。
ユビーは症状から対処法や情報提供と医療機関の検索ができる。
ユビーAIは参考病名やエビデンスを提供し、医師の業務改善につなげている。

SmartHR

Employee First「すべての人が、信頼しあい、気持ちよく働くために」をビジョンに掲げてサービスを提供されている、
企業組織の労務管理、人事データベース、人材マネジメントをサポートされている。
テレビCMで発信されているメッセージどおりのプロダクトですね。

パネルディスカッション

ユビーさん。
ちょっとしたむくみから死にいたるような難病もある。
でもそれを発見するまでに20年かかってしまうケースもある。
そのようなケースを早期に発見するきっかけになる。
Ubieの社員さんには医師もおられる。

私も突発性難聴や蜂窩織炎になってことがあって、「自分の体は自分が1番わかっている」は本当にそうなんですけど、医療や病気の知識がないから体の状態はわかってても、なぜそうなのか、このままどうなるのか、どうしなければいけないのか、はわからないんですよね。

BtoCとBtoB両方のソリューションを展開されている。
全員が全体をカバーする必要はないけそ相互理解はもちろん必要と。

SmartHRさん。
最初は数百人、数千人の企業さん、人事部門が専門性をもっていない企業さんが利用されていたりしたが、今は数万を超える社員さんがいる企業も使われている。
それにより想定していない使われ方やフィードバックもあり、それをソリューションとしてプロダクトとして、サービス提供されている。
だからといって個別カスタマイズは基本されない。
イレギュラーをイレギュラーとして対応するのではなく、レギュラーにするということですね。
その役割がプロダクトマネージャーの役割ですね。
プロダクトトマネージャーがいない企業ではこの判断を誰もしないまま、イレギュラーな個別対応が増え続けて、業務時間のほとんどがイレギュラー作業に忙殺されるってことも起こりますね。

そしてユビさん。
医療機関とのマッチング、治療とのマッチングをさらに進めていかれる。
そして、健康記録をユビーにためてもらって、今後の治療にも役立てるように、生活者と長くつきあうプロダクトに変化しつつある。

最後にSmartHRさん。
誰もが仕事にストレスを感じずに効率よく仕事ができる世界を目指されている。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study

ad

ad

  関連記事

家族目線(HVC-C2W)SDKサンプルコードを実行してみました(iOS編)

オムロンさんの家族目線(HVC-C2W)SDKサンプルコードを実行してみました。 …

「Bluemix勉強会 -Watson、Node-RED 最新情報を学ぼう!」に行ってきました

「Bluemix勉強会 -Watson、Node-RED 最新情報を学ぼう! 」 …

Alexa Day 2018で「Alexa Skill Contest」を聞きました

Alexa Day 2018のラストセッションは、「Alexa Skill Co …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/4

本日は継承をどっぷりと。 一気に詰め込んで正解だったかも。 いつものごとくマーク …

Developers Summit 2018 「Spinnakerで実現するデプロイの自動化」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

Developers Summit 2018 「将棋プログラムPonanzaにおける強化学習、ディープラーニングとその先」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

IT運動部LT大会で発表しました

IT運動部というFacebookグループがあります。 今日はそのLT大会でした。 …

Developers Summit 2024「Kubernetesは怖くない!開発者のためのインフラトラブルシューティング入門」を見ました

高橋 あおいさん つくって、壊して、直して学ぶ Kubernetes入門という本 …

ヤマムギvol.28でIAMロール、クロスアカウントアクセス、AWS SSOのデモをしました

全半はIAMロールを作成して、マネジメントコンソール、CLI、SDKからそれぞれ …

「JAWS-UG 四国クラウドお遍路」からの特急南風にて変わり続けなければならないなあと思った

「JAWS-UG 四国クラウドお遍路」というAWSのユーザーグループJAWS-U …