ヤマムギ

growing hard days.

*

「JP_Stipes Osaka meetup vol.1」を運営させていただきました

      2018/01/02


Stripeのユーザーグループ、JP_Stripesの大阪ミートアップの運営をさせていただきました。

会場をお貸しいただけました、さくらインターネットさん、ありがとうございました!

しまうまの看板もうまく書けました。
二日酔いとは思えない。

自己紹介タイム

自社サービスをされている方や、お客様先のサービスをされている方やいろんな方が参加されています。

Stripeって何?

  • オンライン決済構築に必要な機能をAPIで提供
  • 利用者が運用を楽にして、サービスを早くまわすことが出来れば、Stripeのビジネスも盛り上がる。
  • 課金体系を柔軟に設定できる→サービスの多様化につながる
  • 自分のサイトの自分のフォームで実装できる(決済の画面遷移が不要)→UXを損なうことなく実装できる
  • ダッシュボードでSQLでStripeデータを検索
  • 不正利用対策に機会学習(基本的なスコアリング)に、各社のナレッジルールも追加出来る

Stripe Atlas

  • 米国にデジタルビジネス拠点を持つのは大変。でもないと、AWS Marketplaceとかはそうしないと使えない
  • 米国にデジタルビジネス拠点を持つための最短距離のサービス
  • 米国法人登記、口座開設

最新事例

  • 国内の正式リリースは昨年11月

GO GLOBAL

  • 全世界135の通貨で決済

MARKET PLACE

  • シェアリングエコノミー
  • いかに決済を自動化して自社ビジネスに注力する
  • Stripe Connect

New Business

  • 新しいやり方で立ち上げを早くする
  • SmartHR は導入に2週間

SAAS開発と決済プラットフォームの導入について

SaaSでのプロダクト提供について

SaaSは伸びている市場(2020年には1.3兆円)

  • Productコア
  • User認証/管理
  • Payment
  • UI

Shifter
* 119日でアイデアからローンチ
* PM 1, Infra 2 , PG 1, Front 1, デザイナ3~5
* 認証はCognito User Pools(3日ぐらい)
* PaymentはStripe + Lambda + API Gateway(2週間ぐらい)
* Service Dashboard(UI) けっこう大変、UI/UXをちゃんとやらないと、どんなにいいサービスでも売れない
* ビジネスモデルに柔軟に対応できるPaymentシステム
* キャッシュフローが早い

最後はみんなで集合写真です。

サービスを提供したくても、どうやって決済してもらうか、といった敷居が下がった感がすごくあります。
個人でやるにも、発生ベースの課金なので、始めやすいという印象です。

インターネットサービスだけではなく、本や音楽の自主制作されている方にもすごく合うんじゃないかなと思いました。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー2年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - event, study ,

ad

ad

  関連記事

DevLOVE関西「プログラミングを楽しく続けるための健康Hack」に行ってきました

DevLOVE関西「プログラミングを楽しく続けるための健康Hack」に行ってきま …

Developers Summit 2018「 IoTサービスを始める際に必要なこととは」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (2)LambdaからSlackへ通知する2

作る部分 この部分のLambdaを作成します。 手順1でSlackのIncomi …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (1)LambdaからSlackへ通知する1

作る部分 SlackのWebURLを確認する Slackでチームを作成してbot …

Developers Summit 2016 KANSAIに行ってきました

Developers Summit 2016 KANSAIに行ってきました。 熱 …

「kintone Café 大阪 Vol.17 〜 kintoneと連携するスマホアプリを作ってみよう! 〜」会場スポンサー初体験!

kintone Café 大阪で弊社の会場を使ってもらいました。 この会社に来て …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/2/1

本日は繰り返し処理。 配列や演算でひっかけてくる問題に苦戦。 繰り返しだけに頭を …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (3)Lambdaからkintoneへレコードを登録する

作る部分 Lambdaからkintoneへレコードを登録する部分を作成します。 …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/1/27

だんだんなんだか日記じみてきましたが、試験対策メモをいつものごとくマークダウンで …

Innovation EGG 第8回 『可視化・課題と支える技術』に行ってきました

Innovation EGG 第8回 『可視化・課題と支える技術』に行ってきまし …