ヤマムギ

growing hard days.

*

AKIBA.AWS ONLINE #05 – AWSスキルアップ編で発表しました

      2021/07/18

AKIBA.AWS ONLINE #05 – AWSスキルアップ 編に発表参加しました。

(動画が公開されたら貼ります)

AWSスキルで幸せになろう

クラスメソッド株式会社 AWS事業本部 平野さん

StayHappyなお話でした!!
勝手に平野さん同じ年ぐらいだと思ってたら違いました!
ほんとお若く見える。
やっぱり温泉効果なのか。

事例:こんな気持ちでこんな勉強してきました

クラスメソッド株式会社AWS事業本部 洲崎さん

営業からエンジニアにロールチェンジされた洲崎さん。
いいですねチャレンジしやすい文化。
異動するために課題があるのもいいですね。
スキルを測るという意味ではなく、ご本人も新しい仕事をする上で自信になると思うのですね。

営業部門でも勉強したことがすごく役に立たれたと。
私が所属する会社の営業のみなさんもAWS 認定クラウドプラクティショナーとったり勉強して、技術が好きになったって言ってました。

AWSって全体でゼロイチじゃなくて200を超えるサービス、数千を超える機能1つ1つでゼロイチで考えられるんですよね。なので、ゼロをイチにする敷居は実は低いけどそれによって目の前の世界は少なからず変わってその先に進みやすくなりますね。

事例:こんな気持ちでこんな勉強してきました

AWS事業本部 南さん

趣味がスカイダイビングなインターンの南さん。
すごく論理的に考えておられて、こういう人が未来を作り世界を変えるんだろうなあと思って見てました。
途中、仮想ライバルを作るというお話がありました。
ライバル作るのはいいですよね。
私も常に勝手に作ってる気がします。
今日話しを聞いた南さんも今ライバルになったので追いかけます。

アウトプットはスキルアップもするしトクもする

私はアウトプットによってスキルアップに役にたったこと、それによって得られた付加価値について発表しました。

スピーカー座談会

そして最後にいただいていたご質問に発表者たちでわいわい回答を。

ご質問いただいたことをうろ覚えですが回答を書きます。
回答しきれなかったものも含めて書いておきます。

Q. AWSとの出会いは?
A. 2014年の勉強会です。EC2を起動するハンズオン勉強会で体験してその迅速さと使い捨てにする感覚に大変驚き、感動しました。これまでボトルネックにも壁にもなっていたサーバー調達が要らなくなると感じてこれからはこれしかないとさえ思いました。

Q. 社内勉強会の登壇者を集めるにはどうしたらいいですか?
A. 個別にダイレクトメッセージを送りまくるのでどうでしょう。まわりから見えない場所だと断りやすい。公募よりも個別に声をかけたほうがノッてくれやすい。

Q. 会社のブログを書く人を増やすには?
A. 実際にやったことや起こったことを書いてもらうように依頼しています。
あと、大喜利やAdventCalendarで普段書かない人も書いたりしてます。

Q. AWSのトレーニングは、どのくらいのレベルの人向けに提供されていますか?
A. プロフェッショナルやスペシャリティレベルの3日間コースやアソシエイトな方向けの3日コースから、AWSの経験知識ゼロの方向けの導入コースまで全方位に方向けに提供いたしております。
https://trainocate.co.jp/reference/aws/index.html


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - event, study ,

ad

ad

  関連記事

「CXを推進するカスタマーサポート最前線<関西編>」に行きました

ウフルさん主催の「CXを推進するカスタマーサポート最前線<関西編>」に行ってきま …

「Kubernetes(k8s)導入とその後」を聞きにCTO Meetupというイベントに来ました

CTOではないのですが、参加者要項に「Kubernetesを知りたいエンジニア」 …

「JAWS-UG京都 最新のAIを本気で学ぼう」に参加しました

前日 京都タワーの地下のフードホールで運営メンバーのみなさんとご飯食べてました。 …

LINEとAWSとTwilioとkintoneでBOTを作ってみるハンズオン (5) LINEからの投稿へ返信と登録処理

作る部分 LINEからのメッセージを受けて各APIより返信し、StepFunct …

Media-JAWS【第8回】「AWS人材教育について語る!」に参加しました。

Media-JAWS【第8回】「AWS人材教育について語る!」に参加しました。 …

「SIerIoTLT vol9@サポーターズ 」でLTしました〜

サポーターズさんで開催されたSIerIoTLT vol9でLTしてきました。 今 …

「LINE Bot x AWS CDKハンズオン」に参加しました

CDK久しぶりに触る気がします。 今作ろうと思っている環境がCloudForma …

「第14回RxTStudy(Redmine勉強会)」に行ってきました

土曜日の真っ昼間に半分以上が初参加者さんで80席が満席。 それだけRedmine …

業を営む(To engage in business)

この記事は、クラウド営業 Advent Calendar 2018に参加した記事 …

Developers Summit 2024「マーケットインアプローチで挑む新規プロダクトの立ち上げ」を見ました

株式会社ベリサーブ 研究企画開発部 サービス開発課 田中 志弥さん ソフトウェア …