ヤマムギ

growing hard days.

*

Rapidminerハンズオン勉強会に行ってきました

      2016/09/18

機械学習 OSSのRapidminerの勉強会に行ってきました。

rapidmainer-768x474

OSS

BI

  • pentaho
  • jedox

DB

  • INFOBRIGHT

Bigdata

  • cloudera

data mining

  • rapidminer
  • nysol
    UNIXコマンドベースのデータマイニングツール
  • Revolution R(Microsoft R Server)
    BIGDATAの分析が出来る商用版のR

データマイニング(データ分析)

今まで知られていなかった役立つ可能性のある情報を抽出する
→データを分析してビジネスに使える知識を発見すること

※テキストデータはデータマイングの中でもテキストマイニングい分類される

テキストマイニング

nysolの文(Fumi)が形態素解析
文章から表形式の行列データを作る
品詞の出現回数で分類「見込み」、「見込めない」といった教師データモデルを作成してそれにあてはめれば予測は可能
デフォルトは一般的な単語データが適用されるので辞書データの作成は必要
nysolの文(Fumi)はJUMANを採用

ネットワーク分析

言葉と言葉のつながりを分析する

ETL(前処理)

Extract

外部の情報源からデータ抽出

Transformation

変換、加工

Load

ロード

分析

回帰分析

データから実数値を予測

クラス分類

データが属するカテゴリの予測

クラスタリング

データのグループ化
※過去の行動パターンが似ているユーザーなど

頻出パターン抽出

データから頻出する組み合わせを抽出

rapidminer

  • OSS
  • RapidMiner Studio Communuutiy Editionは無償
  • プログラミング無しに簡単に分析
  • 豊富な可視化ツール
  • 充実した分析機能
  • 拡張パッケージのインストールが可能
  • pythonのコードも書ける

ハンズオンメモ

  • missing_attributesで欠損データが確認できる
  • Annotationでname(列名)かcomment(コメントアウト)かが設定出来る
  • 136個の正常機械と故障機械の25のセンサー値
  • 予測とは過去のデータで作ったモデルに今のデータをあてはめる
  • ReferenceData 正解が分かっているデータ
  • New Data 正解を持たないデータ
  • k近傍法でk=1は使ってはならない
  • unlは unlabel data ラベルを持たないデータ
  • confidence 信頼係数 足すと1
  • RapidMinerブログ

列の役割

  • id 分析に使用しない、各行を識別するためだけの列
  • label 分類する項目、対象、目的変数
  • attribute 説明変数

質問メモといただいた回答

  • Studio以外のrapidminerについて教えてください。
    ServerはStudioの機能を共有出来る。
    Cloudはサーバーでクラウドが利用出来る。
    RadoopはHadoopと同じBigDataの分散処理が可能。
    無料のCommunityエディションがあるのはStudioのみで他は有償のEnterpriseエディション。
    Studioにも有償のEnterpriseエディションがあり実行のバッチ処理が可能。
    Studioの有償版は1ライセンス20万~30万ぐらい

  • 数値結果の予測チュートリアルは?
    まだだが線形回帰で近日公開する予定。

  • Databaseデータソースの種類は?
    JDBCで接続できるデータベースは問題なし

まとめ

課題がはっきりしないままスタートしても失敗する、というか意味がない。
ガートナー調査では日本企業でビッグデータ活用が出来ているのは6%。
48%はデータから価値を得る方法がわからない、課題設定が出来ていない。
ディープラーニングは画像、音声、テキストに強い。
数値ならば機械学習でも良い。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - study ,

ad

ad

  関連記事

「TwilioJP-UG大阪+AWScean合同勉強会」に行ってきました

ノンEC2のススメ アイレット河村さん EC2は柔軟すぎる PaaSの良いところ …

「第二回 AWSマルチアカウント事例祭り」に参加しました

AWSマルチアカウント事例祭りに参加しました。 YouTube配信でした。 マル …

トラックボールユーザー集合!確実に何かが始まった日。

Logcool社のトラックボールマウス M570や他のトラックボールマウスを愛用 …

「GitLab Meetup Tokyo #7: 新年度応援&GitLab 11.0」にSNS & ブログ枠で参加しました

GitLabのミートアップがあるのか!さすが大東京! GitLabのもとユーザと …

2018年もありがとうございました

今年も皆さまありがとうございました。 ということで、まだもうちょっといろいろやる …

Java SE 7 Silver対策勉強をしながらメモ 2015/1/29

さて本日は少しだけですが、試験対策のメモをいつものごとくマークダウンで記載したの …

kintone Café 大阪 vol.11で登壇しました

kintone Café 大阪 vol.11「kintoneと色々つないでみる …

「Cloudflare Meetup Osaka Kick Off!」に参加しました

Cloudflare Meetup勉強会に参加しました。 私、Cloudflar …

「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました

「神戸Pythonの会 #2 meetup」に行ってきました。 所感など Ato …

DevLove関西 「プロジェクトマネジメントの勘所」に行ってきました

DevLove関西 「プロジェクトマネジメントの勘所」に行ってきました。 サイボ …