ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Storage Gatewayボリュームゲートウェイを作成してWindowsから使用

      2021/08/15


ボリュームゲートウェイの作成

Storage Gateway作成メニューからボリュームゲートウェイを選択しました。
ホストはEC2を使用しました。

EC2インスタンスには追加ボリュームでCold HDD 150GBを2つアタッチしました。

セキュリティグループはアクティベート用のHTTPとiSCSI向けの3260ポートです。
3260ポートは後で起動するWindowsインスタンスが使用しているセキュリティグループIDをソース(送信元)にしました。

サービスエンドポイントはパブリックにしました。

ボリュームゲートウェイ用のEC2インスタンスのパブリックIPアドレスを指定しました。

タイムゾーンとゲートウェイ名を指定しました。

ローカルディスク構成では、キャッシュとアップロードバッファ用に追加したボリュームをそれぞれ使用しました。

CloudWatch Logsロググループは新規作成しました。

ボリュームの作成

[ボリュームの作成]ボタンを押下しました。

1TBにしました。

Windowsから使用

Windows EC2インスタンスをボリュームゲートウェイ用EC2インスタンスと同じVPCで起動して、iscsicpl.exeを実行しました。

[Discover Portal]ボタンを押下しました。

ボリュームゲートウェイ用EC2インスタンスのプライベートIPアドレスを指定しました。

[Targets]タブに表示されたので。[Connect]ボタンを押下しました。

Windowsでdiskmgmt.mscを実行して、Disk1に追加されたボリュームを右クリックからオンラインにしました。

Initialize Diskダイアログが表示されたので、初期化を実行しました。

ボリュームを右クリックして、[New Simple Volume]を選択しました。

Dドライブにマウントされました。

バックアップ/リストアテスト

Dドライブにテキストファイルを作成しました。

Storage Gatewayのコンソールでボリュームを選択して、スナップショットの作成をしました。

EC2側のコンソールを見るとEBSスナップショットが作成されていました。
これでバックアップ完了ですね。

次にStorage Gatewayでボリューム作成時に、EBSのスナップショットIDを指定して作成しました。

WindowsでTargetsに復元したボリュームが表示されるので、選択してConnectしました。

そしてオンラインにするとEドライブにマウントされました。

テキストファイルが確認できました。

スナップショットの取得はEBSスケジュールやAWS Backupでも行うことができるのですね。
これでRPOに応じて頻度を設定すればいいですね。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

AWS SSOのパスワードリマインダーでADのパスワードを変更

AWS Managed Microsoft ADを構築してユーザー追加までで構築 …

AWS Step Functions まずはパラレルでLambdaを並列実行してみました

複数のlambdaの実行制御をLambdaでやってましたが、その部分をStep …

MySQL WorkbenchからRDSに接続する

MySQL WorkbenchからAWS RDSのMySQLに接続するために、「 …

Systems Manager セッションマネージャアクセスのCloud9(SSHなし)

作成画面 いつからできるようになっていたのか気づいてなかったのですが、Cloud …

DynamoDB IAMポリシーで特定項目だけを許可する

検証記録です。 対象テーブル 書籍のサンプルで作ったこちらです。 所属バンドの楽 …

AWS Organizationsで組織全体のAWS CloudTrailを有効にしました

Organizationsのサービスメニューから、CloudTrailを選択して …

執筆環境(PyCharm, CodeCommit, CodePipeline, S3, Lambda, 署名付きURL)

2018年から、年に1回ぐらい商業本の執筆をさせていただいております。 2020 …

Rocket.ChatにAWS Lambda(Python)から投稿する

Rocket.ChatにAPIで投稿するテスト(Postman)をやってみて、使 …

re:Invent 徒歩記(シアトルも)

このブログは、AWS re:invent 2018 Advent Calenda …

AWS Client VPNのクライアント接続ハンドラを試してみました

AWS Client VPNを設定しましたで証明書とかせっかく作ったので、いろい …