ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS CodeStarで静的webサイトのテンプレートプロジェクトを作成する

   

執筆環境の検討中です。
CodeCommitは使うつもりで、コミットしたときにEPUBへ変換してS3バケットから署名付きURLを生成するところまでを自動化したいと思います。

どうやって環境を構築するかを検討するために、まずAWS CodeStarを試してみました。
結果としてはAWS CodeStar、プロジェクトテンプレートからあっという間に環境ができるので、すごく便利でした。
やりたいことに対してちょうどいいプロジェクトテンプレートはありませんでしたので、今回は使いませんが、CodeStarすごく便利です。
試してみた記録を残しておきます。

AWS CodeStar作成

[プロジェクトを開始する]から始めました。

[サービスロールの作成]で[はい〜〜]を選択しました。
aws-codestar-service-roleというロールが作成され、AWS管理ポリシーのAWSCodeStarServiceRoleポリシーがアタッチされていました。

様々なプロジェクトテンプレートから選択できます。
今回はHTML静的ウェブサイトを選択しました。

レポジトリの選択です。
CodeCommitを選択しました。

詳細確認です。
実際にはCodeBuildも作成されていました。

アプリケーションのデプロイ先のEC2のインスタンスタイプ、VPC、サブネットの設定もできます。

デプロイ先EC2のキーペアを選択します。

CodeStarのユーザー登録が必要なようです。

コードの更新方法です。
今回はローカルのIDEを使用するので、コマンドラインツールを選択しました。

CodeStarプロジェクトができました。

CodeCommit, CodeBuild, CodeDeploy, CodePipelineが作成されていて、Pipelineが開始されていました。

デプロイが完了して、アプリケーションのURLにアクセスすると、

ちゃんとアクセスできました。

コードを更新してみる

CodeCommitからローカルにクローンして、コードを編集してコミット、プッシュしてみました。

ブラウザに表示されている文字を足してみました。

コミットしてプッシュすると、Pipelineが動きました。

デプロイ完了です。
簡単ですごく便利でした。

環境の削除

CodeStarでプロジェクトを削除すると、CodeCommit, CodeBuild, CodeDeploy, CodePipeline, EC2インスタンス, CloudFormationスタックが削除されました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

AWS Database Migration Service(DMS)チュートリアル

公式ユーザーガイドのAWS Database Migration Service …

Amazon Auroraのスナップショットの暗号化とリージョン間コピーを改めて試しました

Amazon Auroraデータベースを暗号化して、スナップショットを作成、クロ …

AWS Trusted Advisorの2023/11/17発表のAPI

2023/11/17に発表されたAWS Trusted Advisor の新しい …

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(1)AWS編~

Pepperの機能を使えるところは使って、何かしたいなあと思ってまして。 目(カ …

Organizations対応のAWS CloudTrailのAthenaテーブルでPartition Projectionを使用しました

パーティション向けのAlterテーブルの定期実行が面倒だと思っていたら、Part …

EC2インスタンスプロファイルによってAssumeRoleされた認証情報の有効期限は短くできるのでしょうか

「EC2インスタンスプロファイルによってAssumeRoleされた認証情報の有効 …

Amazon Glacierのプロビジョニングされた迅速取り出し容量をなぜか購入しました

過去1年ぐらいのAWSコストをCost Explorerで見てまして、10/10 …

AWS認定試験の自宅受験で壁のポスターを注意されちゃいました

AWS認定オンライン受験をしてみましたに書きましたとおり、自宅受験デビューしまし …

特定AWSアカウント特定リージョンのCloudFormationスタックを削除するLambda(Python)

やりたいこと 特定アカウント内特定リージョン内のCloudFormationスタ …

AWS Systems Manager セッションマネージャを使用するために必要な設定

AWS Systems Manager セッションマネージャを使用するために必要 …