ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Organizations組織の移動

      2022/03/30

AWS Organizations組織の移動

やりたいことは、Organizationsで新規メンバーアカウントとして作成して運用していたアカウントを、別の組織に移動したい、です。

直接移動できると嬉しいのですが、一度単独のアカウントにする必要があります。
メンバーアカウントをOrganizationsから新規作成したときには、メールアドレスのみを登録しているので、ルートユーザーのパスワードもわかりませんし、電話番号の登録、クレジットカードの登録も行われていません。
単独のアカウントにするためには電話番号の登録、クレジットカード(支払い情報)の登録が必要です。

単独のアカウントにするために

支払情報の登録がないアカウントをOrganizations組織から削除しようとすると、上記のエラーになります。
ですので、ビリング操作のできるユーザーでクレジットカードを登録します。

クレジットカードの登録が終わっても電話番号の登録が完了しないと、上記のエラーになります。

電話番号の登録を行います。
登録した電話番号に自動応答の電話があるか、SMSメッセージから選択できます。
これで電話番号の確認がされます。

ですが、不明なエラーとなりました。
電話番号を変更してみてもエラーとなったので、アカウント依存と思われます。

AWSサポートセンターで対応してもらう

困った時のサポートセンターということで対応していただきました。

時間を指定して、直接電話をもらってアカウントを確認して完了です。
最初から時間を指定してなかったので、問い合わせ日に北海道と宮城から大量のコールいただいて出られなくて申し訳なかったです。
そのあと、時間指定して電話いただいて無事完了です。

Organizations組織移動

これまでのようにエラーはなく、組織を無事離れまして。

新しい組織からの招待を受け取って完了です。

両方の組織の所有者でメンバーアカウントの移動ができるようになるといいですよね。
将来に期待です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS

ad

ad

  関連記事

CodeGuru ProfilerでLambda関数(Python 3.9)のパフォーマンスを確認した

CodeGuru ProfilerでPython 3.9のLambda関数の推奨 …

EC2インスタンスWindowsでセッションマネージャーを使う

WindowsのEC2インスタンスでセッションマネージャーを使ってみたことがない …

AWS APIリクエストにPostmanで署名を作成する

新年明けましておめでとうございます! 署名バージョン4 「AWSはマネジメントコ …

試したい事があるのでAWS でとりあえずAmazon Linuxのサーバを作る

1年間の無料キャンペーン期間中に検証する とある勉強会でせっかくAWSのアカウン …

Rocket.ChatからOut Going Webhookを設定してみる

API GatewayとLambda とりあえず、どんなデータが飛んでくるのか見 …

AWS Organizationsで新規メンバー登録したアカウントを組織から離して解約

2021年現在ではこの方法しかないと認識していますので書き残します。 そのうち新 …

IAMユーザーのマネジメントコンソールログインパスワードを変更してDynamoDBに記録するLambda(Python)

やりたいこと IAMユーザーのマネジメントコンソールへのサインインパスワードを動 …

「関西AWSスタートアップ勉強会」に行ってきました

第2回 関西スタートアップAWS勉強会に行ってきました。 akippa 拠点数コ …

AWS Service CatalogポートフォリオをOrganizations組織で共有する

AWS Service Catalogチュートリアルで作成したポートフォリオのO …

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(1)AWS編~

Pepperの機能を使えるところは使って、何かしたいなあと思ってまして。 目(カ …