ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Lambda(Python3.7)でPandocを実行する際にCSSもLayerから読み込む

   

Pandocで必要そうなオプションを確認しておく

先日の「AWS Lambda(Python3.7)でPandocを実行する」でLambda Python3.7を実行環境として、Layerから呼び出したPandocを実行して、マークダウンからEPUBへの単純な変換は確認できました。

電子書籍を本格的に作成するためには、Pandocの他のオプションもデザインも必須になります。
他のコンテンツとしては、マークダウンだけでなくCSSとtitle.txt、画像も必要です。

Pandocの各オプションが正常に動作するかを確認しておきたいと思います。

構成

構成は上記の構成で、変換元のマークダウンファイル、画像、title.txtなどの更新対象のコンテンツはS3バケットへアップロードします。
pandoc実行ファイルは前述の通り、Lambda Layersへ。
そして、CSSもLayersから読み込みました。

マークダウンの各オプションやCSSはこちらの「Markdown + Pandoc でお手軽に電子書籍を書く」を参考にさせていただきました。
ものすごくわかりやすかったです!
ありがとうございます!!

CSS on Lambda Layers

LambdaのLayersのメニューで新規作成して、cssをzipで圧縮したファイルをアップロードしました。
ファイル構成は、css/style.css にしました。

style.css

参考にさせていただいたサンプルに、見出しのpaddingと画像サイズの指定を追加しました。

テストしたLambdaのコード

ランタイムはPython 3.7です。

S3 の input/ プレフィックスのオブジェクトをすべて Lambda の /tmp/ ディレクトリにダウンロードしてます。

ダウンロードが終わると、lambdaのローカルは次の構成になっています。

tmp
|-input.md
|-title.txt
|-lambda-layers.png
opt
|-bin/pandoc
|-css/style.css

argsがコマンドと引数です。
コマンド形式にすると、下記です。

実行することにより、output.epubが生成されるので、それをS3にアップロードしています。

input.md

実行結果

タイトル、画像の挿入、スタイルの適用、問題なく実行されました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS, MarkDown , ,

ad

ad

  関連記事

AWS Transit GatewayをResource Access Managerで他アカウントと共有

AWS Transit Gatewayを他アカウントに共有しました。 画面画像で …

AWS Lambda(Python3.7)でPandocを実行する

昨日まで(AWS Batch) 昨日までは、Pandocを実行して、S3バケット …

Amazon Cognito User Poolsのデモをしてみました

AWS Summit 2016 Tokyoのアップデートおっかけ会をJAWS-U …

Amazon CloudWatch RUMはじめました

新機能 – Amazon CloudWatch RUM をご紹介 2021年12 …

EC2にSystems MangerからCloudWatchエージェントをインストール

CloudWatchエージェント EC2の標準メトリクスでは収集できないメモリの …

Rocket.ChatをAmazon EC2 Ubuntuサーバーで起動

こちらRocket.Chatを1行でAWS上に導入を参照させていただきました。 …

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」を執筆しました

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテク …

AWS CloudShellでboto3(SDK for Python)使うならpython3

本の執筆をしていて、ちょっとAWS CLIやSDKのふるまいを確認したいことがあ …

AWS CodeCommitのリポジトリをiPhoneのWorkingCopyアプリから使う

iPhoneからも執筆できるようにしておこうと思いまして、iOSアプリのGitク …

Redmineの添付ファイルをS3に同期する

RedmineをAWS上で構築するデザインを考えていて、せっかくなので冗長化しよ …