ヤマムギ

growing hard days.

*

ヤマムギ vol.8 (AWS)EC2でLinuxサーバー構築ハンズオン 手順

      2020/05/05


「AWSではじめるLinux入門ガイド」出版 & 「AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー」出版一周年記念勉強会を開催しました。

このブログは、勉強会ヤマムギで行った「ヤマムギ vol.8 (AWS)EC2でLinuxサーバー構築ハンズオン」の手順です。

解説は、勉強会内で説明しますので、こちらのブログには手順のみを記載します。

※個人の検証環境上での内容です。

AWSアカウントをお持ちでない方は、ヤマムギ vol.7 AWSアカウント作成 & 最初の設定ハンズオン 手順をご参考にしていただきまして、AWSアカウントを作成してください。

やることの構成図

  • EC2インスタンスには、AWS Systems Manager セッションマネージャを利用できる権限を与えるためにIAMロールを割り当てます。
  • デフォルトVPCでEC2インスタンスを起動します。
  • EC2インスタンスにはセッションマネージャから接続します。

IAMロールの作成

EC2にインストールされている、SystemsManagerAgentがSystemsManagerサービスにアクセスするための権限を適用するために、IAMロールの作成をします。

1). マネジメントコンソールで、IAMダッシュボードにアクセスします。

2). [ロール]を選択して、[ロールの作成]ボタンを押下します。

3). [AWSサービス]-[EC2]を選択して、[次のステップ:アクセス権限]ボタンを押下します。

4). “ssm” で検索して、AWS管理ポリシーの AmazonSSMManagedInstanceCore を選択(チェック)して、[次のステップ:タグ]ボタンを押下します。

5). タグは必要に応じて任意で設定してください。

6). ロール名はご自由に設定してください。

EC2インスタンスの起動

7). マネジメントコンソールで、EC2ダッシュボードにアクセスします。

8). 下にスクロールして、[インスタンスを起動]ボタンを押下します。

9). AMIは、AMazon Linux 2 の[選択]ボタンを押下します。
※他にどんなAMIがあるのか見てみましょう。

10). インスタンスタイプは、無料利用枠(アカウント作成後12ヶ月)のt2.microを選択して、[次のステップ:インスタンスの詳細の設定]ボタンを押下します。
※他にどんなインスタンスタイプがあるのか見てみましょう。

11). 前の手順で作成したIAMロールを設定します。
[次のステップ:ストレージの追加]ボタンを押下します。
※他の項目はデフォルトのままですが、ネットワークやサブネットでどのような選択肢があるのか見ておきましょう。

12). EC2にアタッチするEBSボリュームの設定です。
デフォルトのまま[次のステップ:タグの追加]ボタンを押下します。

13). [タグの追加]ボタンを押下して、タグを追加しましょう。
Name というキーで値は何か判別できる任意の値にしましょう。
他に追加してもいいです。最大50個まで設定できます。
[次のステップ:セキュリティグループの設定]ボタンを押下します。

14). セキュリティグループは、default を選択して、[確認と作成]ボタンを押下します。

セキュリティグループは仮想ファイヤーウォールです。
主に許可するインバウンドトラフィックを設定します。
例えばWebサーバーであれば、httpプロトコル80番ポートをどの送信元から許可するかを設定します。
他のポートや他の送信元からの通信はブロックします。

15). 確認画面で[起動]ボタンを押下します。

16). キーペア選択プロンプトでは、[キーペアなしで続行]を選択して、[インスタンスの作成]ボタンを押下します。

EC2へセッションマネージャで接続

17). [閉じる]ボタンなどで、インスタンスの一覧に戻って、ステータスがrunningになるのを待ちます。

右上の更新ボタンで画面更新できます。

18). runningになったEC2インスタンスを選択して、[接続]ボタンを押下します。

19). セッションマネージャーを選択して、[接続]ボタンを押下します。

20). セッションマネージャーから接続できました。

Amazon Linux 2 はRedhat系のディストリビューションです。
LinuxコマンドをWebで検索して、いろんなコマンドを試してみましょう。

何かコマンドを実行して、インスタンスを壊してしまっても問題ありません。
壊れたインスタンスは捨てて、また作り直せばいいのです。
思いっきり検証してください。

コマンド実行例

(オプション)メタデータを見てみよう

21). 次のコマンドを実行します。

EC2インスタンスに設定されている様々なパラメータを確認できます。

22). 例えば、次のコマンドを実行します。

※IAMRoleName はそれぞれのロール名に置き換えてください。

IAMロールを割り当てることによって、自動設定された、アクセスキーやトークン情報が見えたかと思います。
この認証情報を使って、SystemsManagerAgentはSystemsManagerサービスにアクセスしています。
それによって、セッションマネージャーが使用できています。

EC2インスタンスの終了

要らなくなったEC2インスタンスは終了しましょう。

必要ないものは使わない、これがAWSを使う上での原則です。

23). EC2インスタンスを選択して、[アクション]-[インスタンスの状態]-[終了]を選択します。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS, event, study ,

ad

ad

  関連記事

DevLOVE関西 現場甲子園2015 「西日本大会」に行ってきました

DevLOVE関西 現場甲子園2015 「西日本大会」に行ってきました。 全部で …

Amazon LinuxのNginx+RDS MySQLにレンタルWebサーバーからWordPressを移設する(失敗、手戻りそのまま記載版)

勉強のためブログサイトを長らくお世話になったロリポップさんから、AWSに移設する …

VUIがもたらすUXの不可避な流れを感じた日

「INEVITABLE ja night インターネットの次にくるもの 第 4 …

AWS Transfer Family S3向けのSFTP対応サーバー

S3バケットは作成済です。 IAMロールの作成 [crayon-6290a085 …

AWS Client VPNを設定しました

ユーザーガイドのクライアント VPN の開始方法に沿ってやりました。 AWSクラ …

AWSアカウント内特定リージョン内のDynamoDBテーブルを全削除するLambda(Python)

やりたいこと タイトル通りですが、特定アカウントの特定リージョン内のDynamo …

S3 Intelligent-Tieringで高頻度階層(FREQUENT)に戻る「アクセス」にS3 SelectとGlueクローラーが該当するのか確認してみました

ユーザーガイドのS3 Intelligent-Tiering のしくみには、「低 …

Developers Summit 2018 「Kubernetesを用いた最強のマイクロサービス環境をGKEで実現しよう」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

交通情報系スキルを事例に見る日常生活に溶け込むスキルのテクニック(Alexa Day 2019でのブログ)

以下は、気になったことのメモとか感想を書いています。 登壇者、発表者、主催企業な …

AWS CodeDeployからEC2 Auto Scalingにデプロイするチュートリアル

公式チュートリアルチュートリアル: アプリケーションを CodeDeployグル …