ヤマムギ

growing hard days.

*

Pepper 開発 ワークショップ初級~中級~番外編に1日で一気に参加した

      2018/08/04


Pepperの開発方法が知りたかったので、Pepperアトリエ秋葉原 with SoftBank さんが開催しているWorkshopの初級、中級、番外編に一気に参加してみました。

到着しました。

こちらです。
Pepperの聖地だそうです。

参加したワークショップ

  • Pepper 開発 ワークショップ初級 (1/2)
  • Pepper 開発 ワークショップ初級 (2/2)
  • Pepper 開発 ワークショップ中級 (1/3)
  • Pepper 開発 ワークショップ番外編 「外部APIとの連携を試そう」
  • Pepper 開発 ワークショップ番外編「既存のBOXをPythonで書きかえてみよう」

1つのワークショップは50分ぐらいなので、全部で約5時間でした。

参加者はそれぞれ定員が5名ぐらいで、講師は主に学生さんが担当してくれていて、ワークショップごとに代わります。

ワークショップでやったこと

ワークショップでは実際に1人に1体のPepperが割り当てられて、動かしたり、タブレットに画像を表示させたり、発話や音声を聞き取ったり、様々なチュートリアルを行うことができました。

出来るようになったこと

Pepperで撮影した写真をAmazon Rekognitionで分析してその結果をPepperがしゃべる ~(2)Pepper編~の記事で書いていることが実装出来るようになりました。

以下、メモです。

Pepperとは

  • 小学校3~4年生にあわせた体重、慎重
  • OS : NaoqiOS
  • 言語 : 日、英、(中)
  • RGBカメラ、画像認識
  • Choregraphe(コレグラフ)
  • クラウド連携(API)
  • SDKはPython , JAVA, C++

Choregraphe

  • BoxをつなげることでPepperを開発
  • ノーコードでも開発可能
  • ロボットビューは接続しているPepperと同じ動きをする
  • ダイアログには発話だけでなく聞き取った内容も表示される

Pepperのステータス

  • オートノマスライフ状態 勝手に動く、胸ボタンダブルクリックでレストモードに
  • レストモード 脱力状態、太陽マークをクリックでウェイクアップへ、ハートマーククリックでオートノーマスライフへ
  • ウェイクアップ状態 Choregrapheから指示しないと動かない、月マークをクリックでレストモードへ

WS1

  • 「こんにちわ」「こんばんは」の会話分岐
  • Speech Reco, Set Language, Say, Switch Case

WS2

  • Timeline, Play Sound, Wait

WS3

  • Tactile(Head, L.R.Hand), Move To, Animated Say, Face Tracker

WS4

  • Python Script, Say Text

WS5

  • Only Once, ALMemory , Barcode Reader, Send E-mail

メモ

  • Set Languageは1回実行すれば、その後変更しなければその設定が継続される
  • Speech Recoで「単語;単語」で半角セミコロンで複数挟む
  • Confidence threshold 聞き取り制度のパーセンテージ、上げると厳密になる
  • Switch Caseに文字列を入れるときはダブルクォーテーションが必要
  • Speech RecoからSwithc CaseにつなぐときはwordRecognizedから
  • Boxはコピペ出来る
  • エラーが出たのでpepperを再起動
  • Timelineはダブルクリックで編集
  • アニメーションモードで実際に動かしてTimelineに記録していくことができる
  • 頭の3つのセンサーを同時に触ると関節が保存される
  • 急激な動きを加えるとモーターに負担がかかって関節が75℃以上になると「もう疲れました」とエラーモードになる
  • 画像はhtmlフォルダを作ってそこにインポートする
  • ImageUrlはhtmlフォルダに入れた画像ファイル名のみ
  • onHideImageに信号を入れると画像が消える
  • 「Pepper developer」で検索してPepper Developer Portal
  • 「アトリエ秋葉原 ブログ」で検索してワークショップのスライドがある
  • ビジネスエディションで「お仕事かんたん生成」が使えるので作成したアプリをデプロイする
  • Tactileの上と下の出口はPepperでは反応しない
  • センサーを3つ並べると例えば頭を3回なでるというアクションに反応させる
  • Move To のThetaは回転軸
  • プラナムーブの四角形は50cm四方
  • 充電プラグは閉まっておかないと動かせない
  • 動かしていても障害物があれば検知して止まる
  • Pepperにはrequestsライブラリがすでに入っている
  • ログビュアーにPython Scriptからの出力が出せる

最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー2年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - event, Python, study ,

ad

ad

  関連記事

「SORACOM & myThingsを使ったハンズオンセミナー in 大阪」に行ってきました

SORACOM & myThingsを使ったハンズオンセミナー in 大阪に行っ …

SQLAlchemyでシンプルにjoinする

過去のSQLAlchemyでjoinするという記事でPythonのSQLAlch …

「gusuku Meetup OSAKA Vol.1」に参加させていただきました

前回のkinotne Cafeの懇親会でふと言った「gusuku Meetupっ …

走った!しゃべった!呑んだ!JAWS DAYS 2016 re:cap 〜JAWS-UG大阪&関西女子会 特別合同企画〜

先日のJAWS DAYS 2016 re:cap 〜JAWS-UG大阪&関西女子 …

Developers Summit 2018 「夢は正夢〜「野球エンジニア」になるまでの歩み」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

サバワさんとAlexa(Alexa Day 2019でのブログ)

ランチタイムセッション2本目はサーバーワークスさん。 以下は、気になったことのメ …

JAWS FESTA 2017 Reverse X re:Birth

JAWS FESTA 2017 中四国 今年はブログタイトル「JAWS FEST …

Developers Summit 2018 「NRIの働き方改革 – 開発スタイルから文化まで変えた軌跡 -」を聞きました

以下は、思ったことや気になったことをメモしていますので、必ずしも登壇者の発表内容 …

Alexa Day 2018 で「金融機関向けAmazon Echo/Alexaへの取り組み事例紹介」を聞きました

Alexa Day 2018 で「金融機関向けAmazon Echo/Alexa …

「【Twilio x kintone 合同ハンズオン in 大阪】Twilio Studioとkintoneで電話受付システムをつくろう」に行ってきました

「【Twilio x kintone 合同ハンズオン in 大阪】Twilio …