ヤマムギ

growing hard days.

*

CloudWatch LogsメトリクスフィルタでNginxのaccess_logから転送バイト数をモニタリングする

   


ユーザーガイドのApache ログからのフィールドの抽出を見てて、これ、Nginxでもできるかなと試してみました。

メトリクスフィルタの作成

フィルターパターンには、
[ip, id, user, timestamp, request, status_code, size, tmp]
と入力しました。

ユーザーガイドのapacheの場合は一番後ろの tmp はなかったのですが、私のNginxのaccess_logは、転送バイト数の後ろにまだログが続くので、sizeフィールドを転送バイト数だけにするために、tmp を追記しました。

[パターンをテスト]ボタンで確認すると、転送バイト数がフィールドに分けられたのが確認できました。

ユーザーガイドも参考にして、
フィルター名: size
メトリクス名前空間: Blog
メトリクス名: BytesTransferred
メトリクス値: $size
デフォルト値: 0
としました。

メトリクスフィルタを作成しました。

メトリクスの確認

指定した設定でメトリクスができています。

アラームの設定

メトリクスができたので、もちろんアラーム設定もできます。
例えば、想定を超えるデータが転送されているとアラームを実行して、SNSサブスクリプションに設定したメールアドレスに通知するとかできそうです。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

執筆環境(PyCharm, CodeCommit, CodePipeline, S3, Lambda, 署名付きURL)

2018年から、年に1回ぐらい商業本の執筆をさせていただいております。 2020 …

AWS Systems Manager セッションマネージャを使用するために必要な設定

AWS Systems Manager セッションマネージャを使用するために必要 …

AWS Personal Health Dashboardのパブリックイベントの記録

東京リージョンで発生したので、スクリーンショットを取っておいたので記録しておきま …

Elastic BeanstalkでflaskアプリケーションデプロイのチュートリアルをCloud9で

Elastic Beanstalk への flask アプリケーションのデプロイ …

5分でAlexaスキルを作る

「JAWS-UG Osaka 第22回勉強会 東西の中の人が語る!!! Micr …

AWS Wavelengthゾーンを有効にする

画面上で確認しておきたかったので有効にしておきました。 AWS Waveleng …

GoogleフォームからAPI Gatewayで作成したREST APIにPOSTリクエストする

「API GatewayからLambdaを介さずにSNSトピックへ送信」の続きで …

AWS Transit Gatewayピアリング接続確認

AWS Transit Gatewayのピアリング接続を使用して、異なるリージョ …

AWS Control TowerにOUを追加する

AWS Control TowerにOUを追加する 管理アカウントでAWS Co …

kintone webhookからAWS API Gateway – Lambdaを実行しレコードの値を渡す

2017年2月のアップデートでkintoneにWebhook機能がリリースされま …