ヤマムギ

growing hard days.

*

WordPressをAmazon CloudFrontで配信してついでにACM(AWS Certificate Manager)を使って常時SSL化する

      2017/07/27


当サイトの500と502の発生状況がドイヒーであるとの苦情をいただきまして、Amazon CloudFrontで配信することにしました。
そのついでにACM(AWS Certificate Manager)使って常時SSL化にもしました。

こちら、WordPressサイトをCloudFrontで配信する
とこちら、WordPressとCloudFront連携時のリダイレクトループ解決方法
をものすごく参考にさせていただきました。

ACM(AWS Certificate Manager)で証明書の発行

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定するをご確認ください。

CloudFrontの設定

[Create Distribution]をクリックします。

[Get Started]をクリックします。

[Origin Domain Name]にCloudFrontがアクセスするドメイン名を入力します。
検索エンジンとか、外部には公表しないドメイン名をAレコードとかで設定しておいてそれを入力します。

今回常時SSLにするので、[Redirect HTTP to HTTPS]にします。
Allow HTTP Methodsは GET,HEAD,OPTIONS,PUT,POST,PATCH,DELETEにして、
Whitelist HeadersでHostをホワイトリストに追加します。
TTLはデフォルトのまま86400(24時間)にしました。

このへんはデフォルトから何も変更してません。

Alternate Domain Names(CNAMEs)に検索エンジンや、外部に公開するドメイン名を入力します。
Custome SSL CertificateでACMで発行した証明書を選択します。

ロギングを有効にして任意のS3バケットを設定しました。
作成します。

作成後、[Behaviors]-[Create Behavior]から
「/wp-admin/」と「.php」をTTL 0(キャッシュしない)の設定を作成しました。

作成後、Domain Nameに設定された ~.cloudfront.net のドメイン名をAlternate Domain Names(CNAMEs)に設定したドメイン名のCNAMEにDNSサーバで設定します。
Route 53の場合はAliaseでOKです。

あと、エラーページで500,502が運悪く発生した場合は10秒でキャッシュを削除するようにしました。

WordPressの設定

SSL対応のための設定です。

wp-config.php

上の方に以下を記入

wp-optionsテーブル

データベースのwp-optionsテーブルの
option_name in (‘siteurl’,’home’)
をSQLのupdateでhttpsのアドレスにしました。

Nginxの設定

confファイル(/etc/nginx/conf.dとかにありますが人によって設定はまちまちかと)

location/{}にhttp -> httpsのリダイレクトのために以下を追記しました。

再起動です。

@yamamanx

開発ベンダー5年、ユーザ企業システム部門通算9年、ITトレーナー1年目のSoftware Engineerです。
質問はコメントかSNSなどからお気軽にどうぞ。
出来る限りなるべく答えます。

このブログの内容/発言の一切は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

また、勉強会やイベントのレポートは自分が気になったことをメモしたり、聞いて思ったことを書いていますので、登壇者の意見や発表内容ではありません。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

2017年、このブログ(WordPress(Amazon EC2 + RDS))で対応してきたこと

Amazon Web Services Advent Calendar 2017 …

Redmineの添付ファイルをS3に同期する

RedmineをAWS上で構築するデザインを考えていて、せっかくなので冗長化しよ …

AWS Summit Tokyo 2017 Day3 開場~基調講演~Dev Day Night

AWS Summit Tokyo 2017 参加2日目のDay3です。 基調講演 …

AWS Lambda KMSを使って環境変数を暗号化、復号化する(Python)

Lambda内で外部APIを使用する場合などをユースケースとして、環境変数をKM …

kintoneでEveryoneに権限が設定されているアプリをAWS Lambdaで一括チェックする

こないだ、kintone Cafeでユーザーが自由に作成している環境だと、どんな …

EC2インスタンスが到達不能になって復旧してMackerelで監視し始めた

きっとばりばり使っておられる方ならよくある事なんだろうけど、はじめて体験したので …

SendGridのイベントをAPI Gateway -> Lambda(Python) -> DynamoDBに格納する

SendGridのメールイベントログはコンソールで確認出来るのは直近7日分で一括 …

slackのbotに天気を教えてもらう(Python on AWS Lambda + API Gateway)

slackのbotにAPIの定番ともいえる天気情報を教えてもらいました。 環境は …

AWSのAmazon LinuxにGitマスターサーバをインストールしてRedmineリポジトリブラウザで見る

Amazon LinuxにGitをインストールする Gitをインストールして自動 …

NGINXで500と502のエラーが実は頻発していたらしい

先日Mackerelで当ブログの外形監視を始めたのですが、500と502のエラー …