ヤマムギ

growing hard days.

*

WordPressをAmazon CloudFrontで配信してついでにACM(AWS Certificate Manager)を使って常時SSL化する

      2017/07/27


当サイトの500と502の発生状況がドイヒーであるとの苦情をいただきまして、Amazon CloudFrontで配信することにしました。
そのついでにACM(AWS Certificate Manager)使って常時SSL化にもしました。

こちら、WordPressサイトをCloudFrontで配信する
とこちら、WordPressとCloudFront連携時のリダイレクトループ解決方法
をものすごく参考にさせていただきました。

ACM(AWS Certificate Manager)で証明書の発行

ACM(AWS Certificate Manager)の承認メールを受け取るためにAmazon SESを設定するをご確認ください。

CloudFrontの設定

[Create Distribution]をクリックします。

[Get Started]をクリックします。

[Origin Domain Name]にCloudFrontがアクセスするドメイン名を入力します。
検索エンジンとか、外部には公表しないドメイン名をAレコードとかで設定しておいてそれを入力します。

今回常時SSLにするので、[Redirect HTTP to HTTPS]にします。
Allow HTTP Methodsは GET,HEAD,OPTIONS,PUT,POST,PATCH,DELETEにして、
Whitelist HeadersでHostをホワイトリストに追加します。
TTLはデフォルトのまま86400(24時間)にしました。

このへんはデフォルトから何も変更してません。

Alternate Domain Names(CNAMEs)に検索エンジンや、外部に公開するドメイン名を入力します。
Custome SSL CertificateでACMで発行した証明書を選択します。

ロギングを有効にして任意のS3バケットを設定しました。
作成します。

作成後、[Behaviors]-[Create Behavior]から
「/wp-admin/」と「.php」をTTL 0(キャッシュしない)の設定を作成しました。

作成後、Domain Nameに設定された ~.cloudfront.net のドメイン名をAlternate Domain Names(CNAMEs)に設定したドメイン名のCNAMEにDNSサーバで設定します。
Route 53の場合はAliaseでOKです。

あと、エラーページで500,502が運悪く発生した場合は10秒でキャッシュを削除するようにしました。

WordPressの設定

SSL対応のための設定です。

wp-config.php

上の方に以下を記入

wp-optionsテーブル

データベースのwp-optionsテーブルの
option_name in (‘siteurl’,’home’)
をSQLのupdateでhttpsのアドレスにしました。

Nginxの設定

confファイル(/etc/nginx/conf.dとかにありますが人によって設定はまちまちかと)

location/{}にhttp -> httpsのリダイレクトのために以下を追記しました。

再起動です。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

【PR】 「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル」という本を書きました。

 - AWS , , ,

ad

ad

  関連記事

JAWS-UG 大阪 関西女子合同 Amazon Personalizeハンズオンやってみました

久しぶりに大阪でJAWS-UGに参加です。 Amazon Personalize …

S3をトリガーにしたときのLambdaのリソースベースポリシー

LambdaのトリガーでS3を設定したとき、自動的にLambdaのリソースベース …

AWS Toolkit for Eclipseで「Error Message: Unable to find a region via the region provider chain. Must provide an explicit region in the builder or setup environment to supply a region.」

AWS Toolkit for Eclipseをセットアップ(2021年版)の環 …

ヤマムギ vol.24 API GatewayでREST API作成と直接DynamoDB登録のデモをしました

2週間ぶりのヤマムギ勉強会デモなのでなんだか久しぶりな気がしました。 今日はポケ …

AWS Snowファミリーのジョブ作成画面を確認

使わないのですが、画面を見ておきたかったので確認しました。 Snowファミリージ …

Amazon Route 53 Resolverを設定確認

Route 53 Resolverを設定しました。 東京リージョンのVPCをオン …

ブログの画像を別アカウントのS3に移動するためにIAMロールでクロスアカウントアクセス

ずっと先延ばしにしていたのですが、このブログの画像はEC2から直接配信しています …

AWS LambdaでChrome HeadlessドライバをAWS Lambda Layersから使う

この記事はSelenium/Appium Advent Calendar 201 …

Amazon LinuxのNginx+RDS MySQLにレンタルWebサーバーからWordPressを移設する(失敗、手戻りそのまま記載版)

勉強のためブログサイトを長らくお世話になったロリポップさんから、AWSに移設する …

AWS CodeCommitのリポジトリをiPhoneのWorkingCopyアプリから使う

iPhoneからも執筆できるようにしておこうと思いまして、iOSアプリのGitク …