ヤマムギ

growing hard days.

*

Amazon ECS Workshop for AWS Summit Online

      2021/10/06


INTRODUCTION TO AMAZON ECSに手順や必要なリンクがあります。

完成時の全体像です。

CloudFormationスタックの作成

VPC、NAT Gateway、RDS、ALB、Cloud9をCloudFormationスタックで一気に作成します。

リンク先のテンプレートをローカルにダウンロードして、スタック作成時にアップロードしました。
リージョンはバージニア北部でIAMユーザーはAdministratorAccessポリシーをアタッチしています。

スタック名は任意に設定しました。
データベースのユーザーとパスワードをパラメータで入力しました。
これも任意に設定しました。

ECRにDockerイメージを登録

ECRにリポジトリをsimplechatという名前で作成しました。

Cloud9がCFnスタックでできていたので、接続して、Cloud9のターミナルで操作しました。

ECRリポジトリのプッシュコマンドどおりにCloud9で実行していきました。

コンテナイメージの登録が完了しました。

ECSクラスターの作成

手順どおりFargateを選択しました。
クラスター名をsimplechatとして作成しました。

タスク定義の作成

079700436326.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/simplechat
simplechat-ecs-db.c3gngubysyz7.us-east-1.rds.amazonaws.com

ECRのURIとRDSのエンドポイントをコピーしておきました。

起動タイプ互換性でFARGATEを選択しました。
タスク実行ロールのecsTaskExecutionRoleは別のハンズオンで作っていたのでそれを再利用しました。

タスクサイズは、メモリ0.5GB、CPU 0.25vCPUにしました。

[コンテナの追加]ボタンから、コンテナ名をsimplechat_container、イメージにECRのURI、ポートマッピングを80にしました。

環境変数を設定しました。
DB_HOSTにデータベースエンドポイント、DB_USERとDB_PASSにCloudFormationスタックのパラメータで指定したデータベースマスターユーザー名とパスワードを設定しました。

サービスの作成

起動タイプはFARGATE、クラスターを選択して、サービス名にsimplechatを入力、タスクの数を1にして次のステップに進みました。

ワークショップ用のVPCとプライベートサブネット1,2を選択しました。
セキュリティグループはロードバランサーから80ポートに対してインバウンド許可されているWeb用のセキュリティグループを選択しました。
パブリックIPはDISABLEDにしました。

Application Load Balancerを選択して、リスナー設定をしました。

RUNNINGになりました。

アプリケーションの更新

タイトルをYamamugiChatに変えてみました。

ECRのプッシュコマンドをもう一度ターミナルで4つとも実行してイメージを更新しました。

手順とちょっと変えて新しいリビジョンを作成してみました。

内容は変えずに作成しました。

サービスを選択して、[更新]ボタンを押下しました。

リビジョン2を選択して、[新しいデプロイの強制]をチェックしまして、更新しました。

デプロイが始まりました。

デプロイが完了して更新されたことが確認できました。

ECRイメージ、クラスター、タスク定義、サービスと、ECSの各コンポーネントがさくっと確認できるすごくいいワークショップでした。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

Kinesis Data Analyticsの検索結果をKinesis Data FirehoseからS3バケットに保存する

Kinesis Data AnalyticsをKinesis Data Stre …

AWS Storage Gateway File Gateway on EC2インスタンスにmacOSからNFS接続

S3バケットの作成 S3バケットはあらかじめ作成しておきました。 マネジメントコ …

Intel 82599 VF インターフェイスで拡張ネットワーキングが有効なEC2インスタンスで帯域幅を確認してみました

拡張ネットワーキングが有効なEC2インスタンスとそうではないインスタンスの2セッ …

Amazon Route 53 Resolverを設定確認

Route 53 Resolverを設定しました。 東京リージョンのVPCをオン …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …

API Gatewayから直接 DynamoDBに書き込む

やりたいこと WebページでOやXを押したときに、どっちを押したかをDynamo …

Pandocサーバーのコンテナイメージを作成する

マークダウンからEPUBへの変換をAWS Batchで行いたく、ECRにアップロ …

RDS for MySQL のインスタンスタイプ変更

当ブログのデータベースは、RDS for MySQLです。 個人利用ですし、障害 …

AWS EC2 Amazon Linuxにmauticをインストールする(Sendgrid, Nginx, MySQL on RDS)

mauticをAmazon LinuxとNginx,MySQL on RDSにイ …

AWS Client VPNの接続ログを確認しました

AWS Client VPNを設定しましたで証明書とかせっかく作ったので、いろい …