ヤマムギ

growing hard days.

*

WordPress(EC2)の画像のS3へのオフロードをMedia Cloudで

      2019/10/31


タイトル通りですが、画像をwebサーバー(EC2)からではなく、S3バケットから配信します。
よくある構成ですが、この要件を満たすプラグインはわりと限られていたりします。

どうしても今回やりたっかたのは、「EBSに画像データを保存しない」です。
これを満たせるプラグインを探していて出会ったのが、「Media Cloud」でした。

ちなみに私のブログ環境は、CloudFrontを使用しています。
アーキテクチャはこんな感じです。

プラグインのインストール

WordPressのプラグイン追加で”Media Cloud”を検索しました。

こちらです。
インストールして

有効化しました。

Media Cloudの設定

Cloud StorageをONにしました。

ついでに付属のCrop ToolもONにしました。

StorageはS3を選択しました。
他はGCPとかも対応しているようです。

IAMロールは残念ながら対応していないようですので、アクセスキーを使用します。

該当のIAMユーザーのポリシーは次のようにしました。

あんまり意味ないかもですが、Transfer AccelerationもオプションであったのでONにしました。
バケット側でもONにしました。

選択肢はPublicReadをONしかないようです。
CloudFrontでOAIを有効にしてますので、ここはS3の「任意のアクセスコントロールリスト (ACL) を介して許可されたバケットとオブジェクトへのパブリックアクセスをブロックする」をONにすることでどこからでもアクセスされてしまうことを防いでます。

プレフィックスの設定です。
年月プレフィックスが作成されるようにしています。

対象メディアファイルの選択は全ファイルにしてます。

アップロードしたファイルをサーバー上から削除することと、削除したファイルをS3から削除、は両方とも有効にしています。
これが一番やりたかったことです。
こうすることで、EBSの容量をほぼ気にすることなく運用を続けられます。

CloudFrontを使用しているので、URLを直接指定します。

テスト

最初テストしたとき、なぜか、アップロードは wp-content/uploads/2019/10/~.png にアップロードされたのに、記事内リンクは、wp-content/uploads/が重複するという現象がおきました。

原因は既存のプラグインの EWWW Image Optimizerのようです。
いさぎよくEWWW Image Optimizerを停止すると、パスは重複せず、正常になりました。

ここでは詳しくは書きませんが、もちろんCloudFrontで、S3バケットをオリジンに設定して、Behaviorsでパスに応じてオリジンを分岐させます。
これでメディアファイルはS3からの配信になります。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - 未分類 , ,

ad

ad

  関連記事

Cloud9 Python3でpipも3にする

このブログは、2019/10/20に書いた、 Cloud9のAMIがCloud9 …