ヤマムギ

growing hard days.

*

DynamoDBテーブル項目をS3にエクスポート

      2021/07/06


DynamoDBテーブルを一時テーブルとして使っていて、毎回使い捨てしてます。
項目は残しておきたいので、S3にエクスポートしました。

新しいコンソールに切り替える

S3へのエクスポート機能、現在のコンソールでは使えないようですので、切り替えます。
[S3へのエクスポート]、[新しいコンソールのプレビューを試す]どちらからでも切り替えができました。

S3へのエクスポート

テーブルを選択してからエクスポートタブでも、エクスポートメニューでもどちらからでもOKです。

テーブルでポイントインタイムリカバリを有効にしておく必要がありました。
このまま有効にしました。

エクスポート先のS3バケットとプレフィックスを指定しました。
暗号化は必須なんですね。

項目数も20だけでしたのですぐに終わりました。

エクスポート結果確認

S3バケットを見に行くと、いくつかのオブジェクトができていました。

manifest-summary.jsonというファイルがあったので、S3 Selectで見てみました。
ItemCount: 20とあるので全項目エクスポートできたようです。
data/以下にあるオブジェクトも見てみました。

ばっちりですね。
以前のAWS Data Pipelineを使う方法AWS Data Pipelineを使ってDynamoDBのアイテムを全件S3バケットに書き出したよりも、お手軽でした。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

【PR】 「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

【PR】 「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

ヤマムギvol.26 Amazon DynamoDBのデモをしました

今日はAWS認定クラウドプラクティショナー対策本(緑本)に関係するデモをしました …

RDSリザーブドDBインスタンスを購入しました

リザーブドインスタンス推奨事項を確認したで確認した結果、購入したほうがよさそうで …

Amazon API GatewayをLambda(Python)で削除する

やりたいこと 特定のAWSアカウント、特定のリージョン内のAPI Gateway …

VyOSでssm-userからvyosユーザーに切り替える

EC2 VyOSで/etc/resolv.confを設定しました VyOSにSS …

Amazon EC2のAMIイメージを自動取得して保持日数が過ぎたら削除

画像の保存をEC2に戻した事もあってEC2のバックアップの自動取得を勉強がてらや …

Rocket.ChatをAmazon EC2 Ubuntuサーバーで起動

こちらRocket.Chatを1行でAWS上に導入を参照させていただきました。 …

AWS WAFのマネージドルールを見てみました

Web ACLで[Add managed rule groups]を選択しました …

Systems Manager パブリックパラメータCLIでAWSのサービス数を出力してみました(2020/5/26)

先日のAWSのサービス数を数えてみました(2020/5/23)を見られて、お師匠 …

[JapanTaxi] Athena 指向アナリティクス 〜真面目に手を抜き価値を得よ〜(AWS Summit Tokyo 2017)を聞いてきました

Athenaのユースケースとして聞きにいきましたが、最近触ってるRe:dashも …

Amazon Rekognitionでイベント参加者の顔写真を解析して似ている人ランキングをその場で作る

2017/9/21に開催されたAWS Cloud Roadshow 2017 大 …