ヤマムギ

growing hard days.

*

Organizations組織でAWS SSOを有効にする

      2021/07/05

先日AWS Control Towerで環境を作ったら、自動でAWS SSOができて、どういう設定かよくわからなかったので、別の組織で手動でAWS SSO作って理解してみました。

AWS SSOの有効化

組織のマスターアカウントでAWS SSOを有効にしました。

有効化できました。

IDソースはAWS SSOにしました。

ユーザーの作成

必要な情報を入力して、ユーザーを作成しました。
これは、AWS SSOのユーザーですね。

メールが届いたのでアクティベートしました。

ユーザーのパスワードを設定しました。

一時的な検証とはいえ、一応MFAを設定します。

ちょうどMBPで作業してたので、Apple TouchIDを使用することにしました。

速攻で設定完了しました。
楽ちんですね。
端末が限定されるのが難でしょうか。

アクセス権限セットの作成

SSOでアクセスするアカウントでの権限設定が必要です。

既存の職務権限ポリシーを選択しました。
AWS管理ポリシーが適用されるのでしょうね。

ViewOnlyAccessを選択しました。

アカウントの追加

SSOする先のAWSアカウントとSSOユーザーを紐付けます。

先程作った権限セットも設定します。

SSOしてみる

ユーザーポータルにアプリケーションとしてAWSアカウントが追加されました。
無事シングルサインオンできました。

自動で作成されたIAMロールを使ってマネジメントコンソールにリダイレクトしたようです。
信頼ポリシーにはIDプロバイダが設定されていました。

AWS SSOのSAMLプロバイダが自動で作成されているのですね。
なるほど。納得。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!

「AWS認定資格試験テキスト&問題集 AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル 改訂第2版」という本を書きました。

「AWS認定資格試験テキスト AWS認定クラウドプラクティショナー 改訂第3版」という本を書きました。

「ポケットスタディ AWS認定 デベロッパーアソシエイト [DVA-C02対応] 」という本を書きました。

「要点整理から攻略するAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト」という本を書きました。

「AWSではじめるLinux入門ガイド」という本を書きました。

 - AWS , ,

ad

ad

  関連記事

GoogleForm,GASからAPI Gateway, Lambdaで入力情報をDynamoDBに格納する

vol.26 AWS認定試験テキスト認定クラウドプラクティショナーのデモ(Dyn …

AWS Systems Managerパラメータストアで「Parameter name must be a fully qualified name.」

パラメータストアでパラメータ階層を作成しようとして、パラメータ名に例えば「wor …

Amazon S3アクセスポイント経由からアクション可能なポリシー

S3アクセスポイントを使うことで、複雑で長いバケットポリシーを避け、アクセスポイ …

リザーブドインスタンスはじめました

このブログも2014年9月にはじめたので、もうすぐ3年。 1件~17件とばらつき …

別アカウントのVPCからAWS PrivateLinkを使う

VPC エンドポイントサービス (AWS PrivateLink)を参考にしまし …

Cloud9でSAMローカルテスト

せっかくテストするので、Amazon CloudSearchからAmazon E …

AWS Organizationsでタグポリシーを設定しようとしました

Organizationsで[タグポリシーを有効にする]ボタンを押下しました。 …

AWS CDKでリージョンをまたいだクロススタックリファレンスはできなかった

例えばこんなコードが実行できるかというと、 [crayon-661e659254 …

Amazon Pollyを使って覚えたい資料を耳から身体に染み込ませる

Amazon Pollyを使うとソースコードを一切かかなくても、テキストを音声に …

JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo 2016 アップデート追っかけ会

「JAWS-UG Osaka 第15回勉強会 AWS Summit Tokyo …