ヤマムギ

growing hard days.

*

AWS Data Pipelineを使ってDynamoDBのアイテムを全件S3バケットに書き出した

   


ちょっと試してみたくてやってみました。

手順はこちらのチュートリアルを参考にすすめました。
DynamoDB からのデータのエクスポート

AWS Data Pipelineの設定

[Get Started]からはじめました。

Name,Discriptionを任意に設定します。
SourceでBuild using a templateを選択して、[Export DyanmoDB table to S3]を選択しました。

DynamoDB tableの名前を直接入力しました。
S3のバケット名は選択できました。
DynamoDBのリージョンは直接入力でした。

今すぐ実行したかったので、[on pipeline activation]を選択しました。
[on a schedule]でスケジュール実行もできます。

Loggingは有効にして、IAM rolesはチュートリアルにならって、Defaultにしました。

[Edit in Architect]をクリックしました。

チュートリアルにならって、ActivitiesにOn Success, On Fail, On Lateのアクションを追加しました。

Othersで、先ほど追加したイベントアクションに、SNSトピックを設定していきます。
IAM Roleはあらかじめ用意されている、DataPipelineDefaultRoleを使用しました。

[Save]で保存すると、
「ERROR: Either onLateAction and lateAfterTimeout both should be present or neither」
とエラーです。

ActivitiesにLate After Timeoutがありましたのでそこで10秒追加してみました。

次は「ERROR: ‘lateAfterTimeout’ can’t be less than 15 MINUTES」
と出ました。

15分以上が必要なようです。
Late After Timeoutを15分にしました。

無事保存できましたので、そのまま[Activate]をクリックしました。

AWS Data Pipelineの実行

処理が開始されました。

データを移行するEC2が起動しました。
m3.xlargeが2インスタンス起動しています。

S3に3つのオブジェクトができました。
ダウンロードして見てみます。

DynamoDBテーブルのアイテムが書き出されています。

SNSトピックによるメールも届いています。

Data PipelineのステータスもFINISHEDになりました。

EC2も終了されています。

ちなみにData Pipelineに設定したタグがEC2にも反映されていました。


最後までお読みいただきましてありがとうございました!
【PR】 「AWS認定試験対策 AWS クラウドプラクティショナー」という本を書きました。

 - AWS ,

ad

ad

  関連記事

EC2のAMIとRDSのスナップショットを他のAWSアカウントに共有してブログサイトをAWSアカウント間で引っ越す

当ブログで使用しているEC2とRDSを環境の整理のため、他のAWSアカウントへ引 …

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く未来~」に行ってきました

「X-Tech JAWS 【第2回】~9割のX-Techと1割の優しさで切り拓く …

Redmineの添付ファイルをS3に同期する

RedmineをAWS上で構築するデザインを考えていて、せっかくなので冗長化しよ …

Amazon LinuxにRedmine 環境構築(エラーと対応をそのまま記載版)

Amazon Linuxにgit + Redmineの環境を構築してみます。 自 …

AWS EC2 Amazon Linuxにmauticをインストールする(Sendgrid, Nginx, MySQL on RDS)

mauticをAmazon LinuxとNginx,MySQL on RDSにイ …

AWSのAmazon LinuxにGitマスターサーバをインストールしてRedmineリポジトリブラウザで見る

目次 Amazon LinuxにGitをインストールするリポジトリの作成Sour …

PyCharmにAWS Tool kitをインストールしてサンプルのLambda関数をデプロイして実行しました

この記事はJetBrainsIDE Advent Calendar 2018に参 …

Backlogの実績工数をAmazon QuickSightで可視化してわかったこと

今年に入ってから、Backlogで個人タスクを登録しだして、予定工数、実績工数を …

PyCharmにAWS CloudFormationプラグインをインストールして入力補完してみる

JetBrainsのPython統合開発環境(IDE)のPyCharmを1年ちょ …

AWS Step Functions まずはパラレルでLambdaを並列実行してみました

複数のlambdaの実行制御をLambdaでやってましたが、その部分をStep …